« 2004年5月 | メイン | 2004年7月 »

2004年6月28日

やっぱり1本前に乗るべきかな

Category: 雑記

JR とバスの乗り継ぎ時間が8分なのですが、JRが5分以上遅れたためバスに間に合わなかった。そのためタクシーで出勤することに。せっかくバスカードでプレミアムがついているというのにその分を1日で使ってしまった。3ヶ月で2度目だ。やっぱりもう1本はやい JR に乗ってゆるりと待つべきなのだろうか…朝はちょっとでも寝たいんだけどなぁ。

投稿者 kato : 20:44 | コメント (0) | トラックバック

2004年6月27日

CVS の置き換えになるか?

Category: コンピュータ

Subversionによるバージョン管理(日本語訳)

最近 CVS 関連のセキュリティーホールが続出していることもあって、別のバージョン管理システムはないかと探していたところ Subversion というものがあるらしい。ということで暇ができたら試してみよう。

投稿者 kato : 03:11 | コメント (0) | トラックバック

2004年6月26日

結局本を購入

Category: joyfulexif

JPEG の仕様をやっぱりきちんと調べる必要があるということで今日 CQ 出版社のトランジスタ技術 SPECIAL No.72 「パソコン周辺インターフェースのすべて III」(ISBN: 4-7898-3264-3)を購入。主要画像フォーマットの解説が詳しく書かれていて参考になりそう。

ただ、やっぱりきちんと作るのならば JIS ハンドブックとか買ってちゃんと読まなくてはいけないのだろうなぁともちょっと思った。高くて手が出ませんけど。

投稿者 kato : 21:45 | コメント (0) | トラックバック

自分でやればよかったかなぁ

Category: 雑記

昨日 @Freed の契約をしてきた。今までは Pp@c-10 で契約をしていたのですが、来月から OCN でモバイルプランが 800円で出ることを機に計算をしてみたら今までと差額が月当たり1000円以下だったので契約をすることを決意した。PHS は通話利用も一応しているので2回線をもつことに。

今までの端末は P-link station で、これはホームアンテナ機能もそなえているため、契約のついでにホームアンテナ登録をお願いした。快く引き受けてくれたのはいいのですが、1時間近くかかってようやく登録が完了したらしい。お店の人が非常に申し訳なさそうにしていた。きっと普段 PHS を扱わない上に P-link station にホームアンテナ登録なんてやったことがなくて悪戦苦闘したんだろうなぁ、とちょっと同情をしてやっぱり自分でやればよかったと反省。

で、昨日から @Freed を利用しているわけですが、つなぎっ放しに出来るという安心感がいいですね。あと P-link station のホームアンテナ機能を利用して接続しているときは OS モードで P-link station は使えないのですね。これってちょっと微妙だなぁ。必要なときだけホームアンテナモードにしろということかなぁ。

でも気づいたらうちには PHS の端末が5台あるなぁ。さすがに Pin-m@aster はもう利用しないけど一応残り4台は現役としてまだまだ利用していきますよ。PHS のサービスが続く限り…

投稿者 kato : 21:39 | コメント (0) | トラックバック

2004年6月25日

う〜ん、結構面倒だなぁ

Category: joyfulexif

JPEG マーカーの配置は特に決まっているわけではないのでまっとうに見るようにしたら処理が遅くなってしまった。ちょっと考えねば…

投稿者 kato : 21:20 | コメント (0) | トラックバック

とうとう出た!

Category: コンピュータ

LAKS MEMORY MUSIC

USBメモリ内蔵腕時計を出している LAKS がとうとうデジタルオーディオプレーヤー&ボイスレコーダー機能までつけてしまった!うぅっ欲しい。でもこれの前のバージョン持っているし、実際問題ネタにはいいけど使わないような気もするしなぁ。ただ、イヤホンはどうなっているんだろう?わざわざつけなくてはいけないのならちょっと面倒かなぁ…

投稿者 kato : 21:12 | コメント (0) | トラックバック

五味ちゃん CD 発売日決定

Category: CD/DVD

五味美保さんのニューアルバムの発売日が 7/28 に決まった模様です(オフィシャルの BBS より)。う、その日は矢井田瞳のベストも出るなぁ。

投稿者 kato : 00:44 | コメント (0) | トラックバック

2004年6月24日

殻付きDVD-RAM対応スーパーマルチドライブ

Category: コンピュータ

松下電器産業、同社初の5インチハーフハイトの“SuperMULTI”ドライブ『LF-M721JD』および『LF-M760JD』を発売

松下、カートリッジDVD-RAM対応のスーパーマルチドライブ 内蔵/外付2タイプ (MYCOM PC WEB)

ようやく DVD-RAM を殻付きで利用できるスーパーマルチドライブが出た。まぁ、普段 DVD-R/RAM しか使っていないので今持っているマルチドライブでいいんですけどね。でも、やっぱり RAM は殻がついてなんぼでしょう。

投稿者 kato : 22:22 | コメント (0) | トラックバック

ToDo

Category: joyfulexif

菅さんとこの画像形式変換プログラムが GIF 対応になったのでそれにあわせて ImgResize.pm も直さなきゃ。

投稿者 kato : 18:19 | コメント (0) | トラックバック

2004年6月23日

なかなかテストが進まない…

Category: joyfulexif

Photoshop CS の RAW 現像モードの対応のフラッシュに関する処理がまだデータ不足で未完のまま。それ以外はほぼ調整は完了。やっぱりこの段階で公開してテストをしてもらってフィードバックを集った方がいいのかしら。開発版に書いてくれる人少ないしなぁ。

投稿者 kato : 22:09 | コメント (0) | トラックバック

すごく今更ですが

Category: 雑記

最近の VISA の CM で新幹線の切符を買うのに VISA を当たり前のように使えるネタで作られているのを見て「あれ?使えたっけ」という疑問があった。で、最近気づいたのですが JR 東海でも今年の 4/1 から使えるようになったときちんとテロップが出ているのですね。これを見てこの CM
は VISA のコマーシャルなのではなくて実は JR 東海のコマーシャルなのでは?と最近思っている。

投稿者 kato : 21:56 | コメント (0) | トラックバック

やっぱりナンバーディスプレーかなぁ

Category: 雑記

昨日夜の10時過ぎに先物取引しませんかという勧誘の電話がかかってきた。経験上こういう電話は「学生です」といえば相手は切ってくれるのですが、昨日はそうはいかなかった。まぁ、相手はどこからか手にいれた名簿をもとに電話をしているので歳が分かっているのであろう。でも実際問題研究生なんだから学生に限りなく近いんだけどなぁ…

で、相手の言うことに対して「興味がない」とお断りしていたのですがさすがにしつこい。性格上ブチ切りは出来ないので遊びがてらかまってあげた(その方が性格悪い?)。どうも相手が出す例がおかしいのでそれを冷静に指摘をしてあげていたらだんだん向うが逆切れモードになってきた。そして途中からは何が素晴らしいのかを語るというよりも「お金は大事だよ〜」ということだけを切れ切れ口調で捲し立ててきた。で、最後は弾が切れたのか掃き捨てるように「失礼しました」と電話を切ってくれた。たぶんあのあと向うで怒り爆発の愚痴りモードだったのだろうなぁ…

で、そのあとどうしたらあっさり撃退出来るか考えた結果「内容は信用できるかもしれませんが、名簿を不正に入手して電話をかけるようなところを信用出来ません」というのがベストかな。かなり相手は切れるでしょうけど。もしくは「依頼に基づかない先物取引の紹介は違法行為ですよ」と指摘することか。いずれにせよ相手は不愉快になるでしょうね。

そういう意味ではやっぱり電話を取らないのが一番。そう考えるとナンバーディスプレーかなぁ。

投稿者 kato : 21:52 | コメント (0) | トラックバック

2004年6月16日

1曲に8,000円かぁ

Category: CD/DVD

8月の終わりに THE ALFEE のベストが出るらしい。「メリーアン」から今…だから「希望の橋」かな、までのシングルを網羅したベストらしい。基本的に全部持っているからいらないなぁ、と思っていたのですがボーナストラックとして「Last Stage」が入るらしい。この曲はすごく好きなので欲しい。でもそのために8,000円も出すのはどうだろう…悩みどころ。でもきっと買ってしまうのだろうなぁ。

投稿者 kato : 15:01 | コメント (0) | トラックバック

写真を撮りたかったけどなぁ…

Category: 雑記

昨日のことですが、札幌は午前中ずっと太陽に日傘がかかっていた。しかもしばらくは2重になっていた。すごく珍しい現象なので写真に撮りたかったのですが、あいにくカメラを持参しておらず(ま、あったとしても時間に余裕がなかったですが)撮ることができませんでした。うぅ、残念。

投稿者 kato : 14:56 | コメント (0) | トラックバック

2004年6月14日

開発のぼやきをここで…

Category: joyfulexif

書くことにしよう。とりあえず今は Photoshop CS 対策。RAW 現像をすると APP1 マーカーを作りそこになんとテキストでといいますか XML で情報が記述されていることに気づいたのでそれを読むようにすれば対応できるだろうと踏んで処理を開始。以前某掲示板にて RAW プラグインの 2.0 だと情報を表示しないで最新?の2.2 にバージョンを上げたら表示されるようになった理由もこの処理を始めて分かったような気がする。前者では独自の XML データだけを埋め込んでいたのに対し後者は別の APP1 マーカー内で通常の Exif 仕様にそった記述を埋め込んでいるようだ。従って、Exif の仕様に沿って読むプログラムでは 2.0 のデータは表示されないというわけでした。ちなみに Photoshop 7 だと独自の Exif タグを定義して埋め込んでいるようです。Adobe社のこのポリシーのなさは一体何なんだ。

これを何とか exifinfo.pl で吸収しようと処理を考えたところ、最後の方の行にタグの対応表を定義していますが、その2段目がタグの 16進表示にしていたのですが、そこは使っていなかったので、ここに略称を定義するように仕様変更。これでうまく XML データを読んでそこに書かれている略称と Exif タグの対応を取れるようにした。また、Photoshop CS 独自情報に関しては 3000000 番台のタグを独自定義するようにした。いずれメーカーノート情報も独自タグに変換する必要あるかな。

怪我の巧妙か、この仕様変更の結果略称とExif タグにハッシュテーブルを定義することになるので、ユーザーがこのサブルーチンを利用する場合分かりやすいスクリプトが書けるようになるかもしれない。

投稿者 kato : 19:05 | コメント (0) | トラックバック

optional 属性

Category: Fortran

いまさら気づいたのだが、サブルーチンの引数に対する optional 属性は外部サブルーチンの場合正しく動作しない場合があるのですね。昨日それでずっとはまってしまった。それを回避するには

  1. モジュール文の内部サブルーチンにする
  2. interface 文を用いてきちんと定義する

のどちらかをとる必要があるようだ。汎用性のあるというかより安全性の高いプログラムをつくるのならばどのような外部プログラムに対してもインターフェース文を用意しておくといいんだろうなぁ。

投稿者 kato : 18:48 | コメント (0) | トラックバック

2004年6月11日

PDFが組み込みLinuxに対応

Category: Linux

アドビのPDFが組み込みLinuxに対応--まずはカーナビで - CNET Japan

非常に素晴らしいと思うのですが、個人的には Acrobat の Linux 版が出て欲しい(もちろん組み込み用じゃなくて通常の Linux のお話)。そういう人結構多いのではないかな。

投稿者 kato : 21:27 | コメント (0) | トラックバック

国内3例目の膵島移植手術

Category: 雑記

京都大病院、糖尿病患者に国内3例目の膵島移植を実施 - asahi.com : サイエンス

糖尿病も1型と2型があることを知っている人、そしてその2つの原因は全く違うということを知っている人はどのくらいいるのだろう。まだ例が少ないが、日本でも確実に成果が上がりつつあるようで1型糖尿病に苦しんでいる人には良いニュースなのかな。

投稿者 kato : 21:24 | コメント (0) | トラックバック

やはりテレビ好きが多いということか

Category: 雑記

「テレビ機能搭載ノートPCの販売台数、1年で約4倍に」、BCN総研まとめ - nikkeibp.jp - 注目のニュース

テレビが見られるパソコンって結構周期的にブームになっているような気がする。ただし、現在はパソコンの能力が上がったのでユーザが満足する状態に近くなってきたのでそろそろ標準機能になっていくのかもしれない。でも、アンテナに画期的なものが出来ない限り外での利用は無理か。

でも、そうなるとテレビを持っていなくてもパソコンを持っているというだけで NHK の受信料を払わなければならない時が来るのかしら。やっぱりそろそろ受信料の仕組みを変えるべきだよなぁ。

投稿者 kato : 21:20 | コメント (2) | トラックバック

綿毛の季節

Category: 雑記

今年もポプラの綿毛が飛び回る季節がやってきた。初めて北海道に来たときはタンポポの綿毛や季節外れの雪などと勘違いもしました。ポプラは成長がとても早く、そのせいか寿命も短い。だから子孫を残すには種をばらまく必要があるのでしょう。でも実際問題としてどのくらいの割合で立派にポプラの木になるのかなぁ。札幌がポプラだらけではないことからもかなり低いんだろうなぁ。頑張れ!綿毛!!

投稿者 kato : 20:55 | コメント (2) | トラックバック

三枝夕夏 IN db 新曲発売決定

Category: CD/DVD

三枝夕夏 IN db の新曲が 7/28 に発売される。タイトルは「へこんだ気持ち 溶かすキミ」だそうだ。なんだろう、もうちょっといいタイトルに出来なかったのかしら。「溶かす」という表現というか漢字になんとなく違和感を感じてしまう。ちなみにカップリングは「君のハートに胸キュン」だそうだ。むむむ、もうどうにでもして。まぁ DVD 付きだし買いますけどね。

投稿者 kato : 20:36 | コメント (0) | トラックバック

リマスタリングされないかなぁ

Category: CD/DVD

今、THE ALFEE のデビューアルバムの CD (をMP3 にしたもの)を聴いていますが、声が若い!ってそんなことが書きたいのではなくて、当時はレコーディングに利用する楽器も少ないせいもあってか意外と音がきれいに聞こえる。アコースティックギターの息使いが伝わってくる。でも、もしリマスタリングされたものが出たらもっと感動した音になるだろうなぁ。今「TIME AND TIDE」を聴くとさすがに楽曲自体のクオリティーは粗削り感が否めないですが、質そのものは非常に高いと思う。かなりアルバムの製作に力を注いでいるかが良く分かるような気がする。…まぁだからといって売れなかったのは不当かと言えば正当な気もしますけどね ^^;

投稿者 kato : 14:22 | コメント (0) | トラックバック

2004年6月10日

HHK Lite2 のかな無刻印モデル登場!

Category: コンピュータ

Happy Hacking Keyboard Lite2 日本語配列 <かな無刻印モデル> 新発売

|Happy Hacking Keyboard Lite2 にかな無刻印モデルが出たらしい。すごく欲しい。

投稿者 kato : 18:55 | コメント (6) | トラックバック

2004年6月 6日

全然ちゃうやん

Category: 雑記

今日本屋に行って高樹千佳子さんの写真集があるかを見てきた。DVD も付くということで買おうかなぁと思って手に取るまではいったのですが、買わなかった。その代わりと言っては何ですが買ったものは「カントリーブルースギター」の教則本。どこをどう間違えばこうなるんだろう…。

投稿者 kato : 19:22 | コメント (0) | トラックバック

2004年6月 4日

日本ではどうなる?

Category: 音楽

米国で音楽CDの価格下落が加速、原因はファイル交換だけではない?

アメリカでは価格競争のもとどんどん CD の値段が下がっているようだ。たしか、輸入権が通ったら CD の値段を下げるよう努力すると日本の業界も言っていたが、価格競争が実質的にない日本では本当に下がるのかしらん。

投稿者 kato : 17:39 | コメント (0) | トラックバック

ペンタックスも普及型デジタル一眼レフ!

Category: 雑記

ITmediaニュース:ペンタックスも普及型DSLRを秋に発売へ

ペンタックスからもとうとう出るらしい。可能ならもうちょっと価格競争をして10万を切ってもらいたい…

投稿者 kato : 00:29 | コメント (1) | トラックバック

予想の範囲内で問題はこれからなのかな

Category: 音楽

ITmedia ライフスタイル:著作権法改正案、“修正”ならず――文部科学委員会で原案通り可決

参議院が全会一致で可決している時点で引っくり返る可能性はほとんどなかったわけですが、いろんな人がたくさん行動をして、それなりの人が危機をもってくれたと思う。メディアはほとんど扱ってくれなかったけど。いずれにせよこれが施行されて実際にはどうなるか、本当に輸入版がいままで通り入ってくるのかが問題であろう。

ところで、記事中の

また、「最初に日本でプレスされたCDに限る」という趣旨の一文を法案に盛り込むことによって、邦楽CDの還流を防ぐという趣旨に沿った法案になるのではないかという提案も川内博史代議士からなされたが、「提言としては受け止めるが、最終的には政策判断とした」(河村文部科学大臣)との答弁に留まった。

ですが、実に素晴らしいアイディアを川内氏は出したと思いますが、将来日本発売の邦楽を海外プレスになる可能性を否定できないわけで、そうなるとこの文章を素直に読めば日本にまったく CD が入らないことになる。ということで、採用されなかったのでしょうね。すべては向うの思惑通りというところか。

投稿者 kato : 00:27 | コメント (0) | トラックバック

もはやこっちの流れは止められないのか

Category: 音楽

ITmedia ライフスタイル:米で新たなCDコピー防止技術導入の動き――消費者の不満を解消できるか

やはりどうやっても CCCD な流れはとめることは出来ないのだろうか。将来は権利でがちがちで音楽を楽しむためには相当お金をかけなければいけない時代になるのかなぁ。最近、どこまでそういうシナリオになるかを考えたりしている。まとまったら数回に分けて書こうと思う。

しかしながら、記事の以下の部分

これまで米国のレコードレーベル各社は、消費者のこのような懸念に敏感で、特にゲーム機やカーステレオなど、従来のCDプレイヤー以外での再生に問題があった初期のコピー防止技術については不安を抱えていた。各社とも国外市場ではコピー防止機能付きのCDを多数リリースしているが、しかし最も大きな抵抗が予想された米国や英国では、ほんのわずかな数のタイトルしかリリースしていない。

を読むとどう考えても守りたいのは著作権ではなくレコード会社の利益だということが非常に明確でかなり憂鬱になる。それだというのに、抵抗のために CD の不買をしたとしても、レコード会社以上に困るのが買わなかったアーチストという著作権者はある意味2重の被害者となってしまっている。

結局のところ誰も幸せになれないと思うのだけどなぁ…

投稿者 kato : 00:01 | コメント (0) | トラックバック