« 2004年10月 | メイン | 2004年12月 »

2004年11月28日

ダウンロード CGI を作らねば…

Category: 設定

サーバの設定が変わったのか *.pl.gz なファイルへのリンクをクリックするとダウンロードのメニューではなくて実行しようとしてしまった。圧縮した CGI も実行できるような設定になっているのだろうか。それはさておき、意図しない動作なのでなんとかせねば。

やっぱりダウンロードをするための簡単な CGI を作るべきなんだろうなぁ。別にダウンロード統計なんかを取るような高機能なものじゃなくていいから作るか。

投稿者 kato : 21:52 | コメント (0) | トラックバック

「あさかぜ」、2月末で引退

Category: 雑記

元祖ブルトレ「あさかぜ」、2月末で引退 「さくら」も (asahi.com)

平均乗車率が3割を切っていて、繁忙期でも40%に満たないのであれば残念ですが仕方がないと言わざるを得ないか。日本人は急ぎすぎ!もっと余裕を持って寝台特急を使いましょうよ。といいつつ今となっては飛行機よりも高くなったりしてますからねぇ。

個人的に思うのですが、JR こそ現在航空会社が行っているマイルだとかバースデー割引のようなものを積極的にやるべきだったと思います。航空機会社間競争の結果、JR はおもいっきり負けた結果となりました。かつて強力な割引手段であった周遊券も改悪されてしまった今、魅力的なのは18切符くらいしかないような気がします。で、その18切符のために普通列車がうまく走っているかと言えば特急に乗れといわんばかりの時刻表になっている。さらには新幹線が出来るとそれまでの普通列車や特急列車がなくなってしまい、さらに不便になるというあまりいい方向に進んでいるとは思えません。

個人的には列車の旅は好きなのでなんとか便利なまま残って欲しいのですけどねぇ。世の中鉄な人はそれなりにいると思いますが、一般的には利用したいという人は少ないような気がします。長距離ならば飛行機だし、中距離だと車なようにね。

投稿者 kato : 17:19 | コメント (0) | トラックバック

Vine 3.x 用 RPM の更新

Category: Linux

1つだけ RPM を新規追加しました。

■ dcraw-20041122-0

dcraw とはデジカメの RAW 画像ファイルを読み込んで PPM 形式に変換するプログラムです。このパッケージには GIMP 用のプラグイン(rawphoto)も同梱しましたので、インストール後は GIMP から直接 RAW 画像を読み込むことが出来ます。

なお、Vine 2.6r4 以前な人で GIMP-1.x を利用している人はこのパッケージをリビルドしても利用できません。もし使いたい場合にはhttp://www.cybercom.net/~dcoffin/dcraw/より GIMP-1.2 用プラグインのソースをダウンロードして、src.rpm の rawphoto.c と置き換えてリビルドすれば利用できるようになると思います。

投稿者 kato : 17:09 | コメント (0) | トラックバック

ExifInfo.pl の RAW 画像ファイル対応開始

Category: joyfulexif

joyfulexif な話題ではありませんが、初めて RAW 画像が保存できるデジカメを手にいれました(DiMAGE 7i)。掃き出された RAW ファイルを眺めていたら Exif 情報は JPEG/TIFF に埋め込まれているのと全く同じ形式で記述されているっぽいので、それを読み出す機能を ExifInfo.pl に追加しました。

最新版の ExifInfo.pl は Perl スクリプト集からダウンロードできます。MakerNote プラグインですが、コニカミノルタの α-7 DIGITA に一部対応し、その他修正を加えたものを近日中に公開する予定です。

投稿者 kato : 17:02 | コメント (0) | トラックバック

2004年11月26日

タイタンとテテュス

Category: 科学

Saturn's moons show spectacular contrast (news@nature.com)

探査衛星からの映像で土星の衛星「タイタン」と「テテュス」は全く違う特徴を持っているということが分かったという報告らしい。

タイタンの方は基本的にスモッグのかかった状態ですが、中心付近は表面が見えるようなクリアな領域がある。その表面にはクレーターらしきものがないことから、まだ地殻変動が活発な若い星であることが推測される。タイタンのスモッグのパターンの変化の要因はまだ明らかにはなっていない。

一方、テテュスの方は氷の惑星で数多くのクレーターが見られた。大きさはタイタンの約1/5 だそうだ。

詳しい説明やそれぞれの衛星の画像はリンク先(英語)をどうぞ。いつまでリンクされているかは分かりませんが。

投稿者 kato : 00:58 | コメント (0) | トラックバック

吉田産業、魚眼コンバージョンレンズ発売

Category: カメラ

吉田産業、185度の全周魚眼コンバージョンレンズ『DCR−CF185PRO』を発売 (Ascii24)

魚眼レンズ…欲しいなぁ。製品情報のページのサンプルでパノラマ写真化の例を見て、こういう使い方もあるのかとちょっと勉強になった。個人的には全天の雲の様子を撮りたいかな。

主要なメーカーのアダプターはあるけど何故か Pentax がないような…

参考 URL:
http://raynox.co.jp/japanese/dcr/dcrcf185pro/index.htm

投稿者 kato : 00:50 | コメント (0) | トラックバック

2004年11月25日

本日の BGM

Category: BGM

THE ALFEE 「CATCH YOUR EARTH 2003」
(アルバム「GOING MY WAY」より)

かつてベスト盤に収録されていたこの曲がリメイクされてようやくオリジナルアルバムに収録されました。個人的にこの曲かなり好きです。でも、その昔友人に「え〜曲だなぁと思ったらアルフィーだった」と言われたけどそれはどういう意味やねん!

個人的には歌詞は昔の方がよかったなぁと思います。「地球が泣いている〜」は詩的に格好悪いと思ふ。

投稿者 kato : 23:59 | コメント (0) | トラックバック

定着している(た)のだから変えなくてもいいのでは?

Category: 雑記

「オレオレ詐欺」、実態に合う名称は? 警察庁長官悩む (asahi.com)

すでに「オレオレ」という人はいないので実体に合わないだそうだ。しかも

「最近は電話で『オレオレ』とは言わない。名称が独り歩きしている。『オレオレ』と言われなかったために信じ込んで被害に遭ったケースもある。実際と違うので誤解を与えている」

だそうだ。確かにそうかもしれないですが、それはあまりに応用がきかなすぎではないでしょうか。なんでしょう、計算問題は解けるけど、文章題になったらあっさりお手上げだと言っているかのようだ。ま、応用がきいていればそもそも最初から詐欺には会わないのか。

そうとう普遍的な呼称が浮かぶのならばその方がよいのでしょうけど、この種の詐欺の発端ということで別に「オレオレ詐欺」のままでいいような気がする。いくら、「オレオレ」と言わなかったとはいっても、そこに警察の責任はないと思う。でも、世間てきんはダメなのかなぁ。

投稿者 kato : 23:50 | コメント (0) | トラックバック

MakerNote プラグイン更新

Category: joyfulexif

joyfulexif で利用する MakerNote プラグインを更新した。変更点は

■ Pentax *istD におけるバグの修正
■ Nikon の情報 (thanks: AZM さん)
■ CASIO の情報

です。ダウンロードは joyfulexif のページにて。現在の maker_note フォルダと置き換えるだけです。現在のところまだ exiftag.info のエントリーは用意していませんの「全Exif情報の表示」でしか確認は出来ません。

このプラグインを同梱した joyfulexif は Ver.2.2 正式版として今月中に出すことを目標にしています。

なお、この MakerNote プラグインは ExifInfo.pl のそれと同じですので、ExifInfo.pl を利用している人は Perl スクリプト集よりダウンロードをどうぞ(実体は同じですが…)。

投稿者 kato : 01:39 | コメント (0) | トラックバック

岸本早未 「JUICY」

Category: CD/DVD

  1. ユメリアル
  2. 風に向かい歩くように
  3. 素敵な夢みようね
  4. for... You from... Me
  5. NEVER CHANGE
  6. Dessert Days
  7. Memory
  8. みえないストーリー
  9. NON-FICTION GAME
  10. 君だけの Love Song
  11. clear days
  12. 風に向かい歩くように 〜883 Trapped Mix〜

すみません、前作「迷宮」もこの「JUICY」も特典の DVD のためだけに買ってます(誰に謝っている?)。前作も結局あまり聴くことなく飾り物と化しているが、今回もそれに近いかもしれない。根本的に下手ピーさ加減がちょっと出すぎているような気がする。最新シングルである「ユメリアル」が一番好きかな。これは普通に聴ける。個人的にはこれの PV が一番見たかったのに DVD にはなかった。どうなんだろう、そのうち PV 集の DVD が出るのかなぁ。

今のままだと次回作を買うかどうか…かなり微妙です。

投稿者 kato : 01:30 | コメント (0) | トラックバック

moetan II

Category: 雑記

まさかの「もえたん」改訂版 (slashdot.jp)

改訂版というか続編が出るらしい。前作は比較的優しい語彙だけだったのが、次作は難関大学向けのものらしい。2分冊で発売されるらしい。売れたんだろうなぁ。恐るべし。どうしよう…これは買うのかなぁ

参考 URL:
http://www.moetan.jp/index.html

投稿者 kato : 00:02 | コメント (0) | トラックバック

2004年11月22日

本日の BGM

Category: BGM

Eric Clapton 「If I Had Possesion Over Judgement Day」
(アルバム「Me And Mr. Johnson」より)

エリッククラプトンがロバジョンの曲をカバーしたアルバムの中からの1曲。たぶん、オリジナルとクラプトンを比べて聴かせたら多くの人はクラプトンの方がいい!と言うでしょう。理由は単純にロバジョンは録音が古いし、ギター1本だということ。

いろんな人のロバジョンカバーを聴いてきましたが、1,2 を争うくらいアレンジに手を加えているというかパート数が多いというか。それがいいことなのか悪いことなのかはよく分からない。ただ、クラプトンの解釈で楽しそうに演っているのだからそれはそれでよいのだと思う。

ま、機会があればオリジナルを聴いてぶったまげてください。

# いや、多くの人は「何?この古い曲は」といって
# 2度聴かないような気もしますが…

投稿者 kato : 23:59 | コメント (0) | トラックバック

GPSで居場所が通知される携帯電話?

Category: 雑記

GPSで居場所が通知される携帯電話? (高木浩光@自宅の日記)

報道に関する検証等についてはリンク先に詳しいのでそちらを見て頂くとして、ふと思ったことを1つだけ(事件とは直接関係ありません)。

GPS 付携帯より写真のメールが送られたということで感じたことです。私は GPS 付携帯もカメラ付携帯も持っていないのでよく分からないのですが、GPS 機能は何か操作しないと働かないのでしょうか? というのも GPS付携帯で撮影した写真を送信した場合、その画像の Exif 情報に GPS の位置情報は書かれるような気がするのですが、それは違うのでしょうか? もし、特に操作をする必要なく GPS 位置情報が画像に付加されるならば、送られた画像の解析をするだけで位置が特定出来たような気がします。

一応フォローをしておきますとデジタルカメラで撮影した JPEG 画像や TIFF 画像には Exif 情報と呼ばれる撮影条件などが書かれた情報が付加されています。その Exif 形式には GPS に関する書式も定義されていまして、GPS 付デジカメや携帯ので撮影された画像にはその情報が付加されているはずです。

ただ、GPS 機能を利用するためには何か操作が必要だとすれば通常の画像には付加されていないということになると思いますが…

(追記) よく考えてみると写真は GPS 付携帯で撮影したものとは限らないのか…。

投稿者 kato : 02:07 | コメント (4) | トラックバック

「ドラえもん」の声優交代

Category: 雑記

「ドラえもん」の声優交代へ 大山のぶ代さんら5人 (asahi.com)
「ドラえもん」の声優が一気に交代へ (slashdot.jp)

とうとう来るべき時が来たということでしょうか。でも、あまりにも大山さんのドラえもんが定着しているので人選は難しいだろうなぁ。似た声質の人でもいいけどここは思いきって変えるのもありかなとも思います。最初子供はないちゃうかもしれませんけど ^^;

まだ終わりではありませんが、「お疲れ様でした」

投稿者 kato : 00:55 | コメント (0) | トラックバック

2004年11月20日

本日の BGM

Category: BGM

Arthur "Big Boy" Crudup 「Black Pony Blues」
(アルバム「When The Sun Goes Down Vol.8」より)

ロックンロールやロカビリーの先駆けのミュージシャンの一人である彼を特集したアルバムからの1曲。このアルバムの1曲目はエルビスプレスリーのデビュー曲である「That's All Right」です。

さすがに先駆けであるだけにかなり粗削りな音なのですが、そのおかげもあってかすごく格好いい。1940年代にこのような音楽を聴いたら、きっとぶったまげて興奮をしたことでしょう。もしくは、何この騒音…かな ^^;

投稿者 kato : 23:59 | コメント (0) | トラックバック

谷村有美 「Feel Mie 1988-1991」

Category: CD/DVD

  1. ひとつぶの涙
  2. BLUE じゃいられない
  3. Not For Sale
  4. piano solo 谷村有美演奏映像
  5. HELP
  6. HALF MOON
  7. ようこそ愛する気持ち
  8. 友達
  9. 明日の恋に投げ kiss
  10. パレード・パレード
  11. FEEL ME
  12. 今が好き
  13. 星に願いを 〜 TONIGHT

谷村有美の初期のライブ映像を集めたビデオの DVD化されたものです。このあとも定期的に出てました(当時は VHS と LD ですが)。はっきりと言って「今さら…」と言うくらい DVD 化が遅いと思います。もっと早い段階でやっておけば今より売れるだろうに。私も買うのを少し悩みましたが、当時 LD プレーヤーを買わなかったせいもあって映像作品は見ていませんでしたので買ってきました。

声が若い!そして可愛い!! 彼女のライブは、彼女のキャリアの最後の数年だけしか行けていませんので、ここまではじけた姿を見るのは初めてかも。個人的に「PRISM」がすごく好きで、その中でも「ようこそ愛する気持ち」が歌詞も含めてすごく好き。それが映像付きで聴けてちょっと幸せになった。音の作り的には80年代を象徴しているなぁという感じがした。悪く言えばちょっと古いかな。ただサイクル的にはもうちょっとしたらまたこういうアレンジがよくなるかもですけどね。

今では珍しくないものの、当時としてはライブ映像集を発表するのは比較的珍しかったようです。MD の時もそうですが、谷村さんは常に Sony の広告塔だったのかな。どこまで貢献していたのかは分かりませんが。

パッケージには「第1弾」と書いてあったのでこの Feel Mie シリーズが全部 DVD で復刻しそうだ。楽しみ楽しみ。

投稿者 kato : 00:26 | コメント (0) | トラックバック

2004年11月18日

本日の BGM

Category: BGM

三枝夕夏 IN db 「吹きすさぶ風の中で」
(アルバム「U-ka saegusa IN db II」より)

同じレコード会社所属の WAG というバンドに詩を提供した曲のセルフカバー曲。オリジナルの方はテレビでサビくらいしか聴いたことがないので、どちらがいいかという比較はあまりできないですが、敢えてサビだけで判断するとオリジナルの方が好きかな。男性ボーカルによるシャウト系の方があっているような気がする。

投稿者 kato : 23:59 | コメント (0) | トラックバック

効果はないような…

Category: コンピュータ

マイクロソフト,迷惑メール対策として無料メールのアドレスを「hotmail.co.jp」に変更

hotmail.com を利用しているユーザーに大量の spam が届くから hotmail.co.jp を新たに設立しようとのこと。どちらかといえば逆に悩まされているような、というのはさておきあまり意味がないような気がする。結局時間が経てば今と全く同じ状況になるだけだと思う。それよりも

今後は,同じアカウント名でも「hotmail.com」と「hotmail.co.jp」で違うユーザーが利用していることがありうる。Hotmail のユーザーにメールを送信する場合や,Hotmailのユーザーからメールを受信する場合は,「hotmail.com」か「hotmail.co.jp」かを注意してほしい。

これはしばらく混乱しそうだ。これに伴う間違いメールで新たな出会いが!?

投稿者 kato : 21:13 | コメント (0) | トラックバック

三枝夕夏 IN db 「U-ka saegusa IN db II」

Category: CD/DVD

  1. いつも心に太陽を
  2. 眠る君の横顔に微笑みを
  3. ココロが止まらない
  4. 胸いっぱいのこの愛を 誰より君に
  5. 青春の空
  6. へこんだ気持ち 溶かすキミ
  7. 笑顔でいようよ
  8. 最後のキスは氷のように冷たかった
  9. 吹きすさぶ風の中で
  10. 私を許さないで
  11. Hand to Hand
  12. 君のハートに胸キュン2

三枝夕夏 IN db の 2nd アルバム(ミニアルバムを合わせれば3枚目)。収録曲は12曲ですが、シングルとしてすでに発表されている曲が5曲、別アーチストに作詞提供したもののセルフカバー3曲と実質アルバム用のオリジナルは4曲とちょっと物足りない内容。ま、別アーチストの曲は聴いていなかったので私自身は7曲が新曲かな。でも、構成的にはどう考えてもオリジナルアルバムと言うよりも 2004年のベストという感じが否めない。それがアルバムタイトルにも現れているのかもしれない。

そんななので、もうちょっと不満を持って聴くのかと思ったのですが、意外とすんなりと聴けた。それなりによい出来かも。個人的にはミディアムバラードが彼女には合っているのだなぁと再確認。お世辞にも上手いとは言えないのですが、一番歌いこなせているテンポなのだと思う。単純に私が求める三枝夕夏がそうなだけなのかもしれませんが。そういう意味では「眠る君の横顔に微笑みを」とか改めて聴いていいなぁと感じた。

少し難点を言えばアレンジがちょっと古いなぁというか、「あれ?なんか懐かしいなぁ」という感じをうけるようなものが多いこと。これが狙いなのかそうではないのかはイマイチよく分かりませんが。今のバンド形態になってから特にそんな感じがする。あと、db の中の人が映っていなさすぎ ^^;

投稿者 kato : 00:41 | コメント (0) | トラックバック

2004年11月15日

本日の BGM

Category: BGM

Gene Autry 「Do Right Daddy Blues」
(アルバム「When The Sun Goes Down Vol.10」より)

先日買った When The Sun Goes Down シリーズ Vol.10 からの1曲。1931年録音のものらしい。カントリーにヨーデルの要素を採り入れた曲という感じか。こんな感じの曲を何曲か聴いたことがあるということは、当時そのような感じの曲がはやっていたのかな。

しかしながら慣れとはおそろしいもので当初は1枚通して聴くのがつらかったこのアルバムも全然聴けるようになってきたし「えぇな〜」と思う曲も増えてきた。恐るべし。

投稿者 kato : 23:59 | コメント (0) | トラックバック

線上のメリークリスマスIV

Category: コンピュータ

イーレッツ、毎年恒例のUSB接続のクリスマスツリー『線上のメリークリスマスIV』を発売──今年は2000台! (Ascii24)

USB クリスマスツリーってどういう時に使うのかはよく分からない…って単純に鑑賞用か。でも、II の時 500台、III で 1000台、そして今回は 2000台とまさに倍々ゲームになっている。何げに人気なのね。

投稿者 kato : 22:51 | コメント (0) | トラックバック

2004年11月13日

とても「癒し」とは…

Category: 雑記

「ひざまくら」新発売 (デイリーポータルZ)

スラドの記事で知った。
写真でもひいてしまったが、実物はもっとすごいんだろうなぁ。怖いもの見たさに一度だけ見た生きもするけど欲しくはないなぁ。制作者曰く「やらしい」じゃなくて「癒し」だそうだが、う〜ん。

つーかネタにはかなりいいけど実際に使ったらむなしくならないのかなぁ…

(2004/11/18 追記:) うでまくらなんてのも出ているらしい。

投稿者 kato : 02:58 | コメント (0) | トラックバック

「天然ダム」の表現、控えます

Category: 雑記

「天然ダム」の表現、控えます 国交省が地元訴えに配慮 (asahi.com)

地元から「『天然』という言葉には『美しい貴重なもの』というプラスイメージがあり、被災のひどさが伝わらず、違和感がある」との声が上がっていた。

そのため呼び方を「河道閉塞」に変えようとのこと。専門用語的には河道閉塞よりも天然ダムの方が状況はひどいらしい。でも、一般人?のイメージ的には天然という言葉にはマイナスな感じを浮かべられないということか。ま、無理に押し付ける必要はないので素直に呼称を変えようというのは良いことだと思う。

逆の言い方をすれば、天然だとか自然だとかいう言葉を使えばマイナス的なものもプラスイメージにうまくだませるということか。天然調味料とかね。

投稿者 kato : 00:01 | トラックバック

2004年11月12日

Vine 用 RPM の更新 (+こそっと追加してました…)

Category: Linux

Vine Linux 用 RPM パッケージを更新/追加しました。

更新:
■ qalculate (旧: qalculate-gtk)

新規:
■ hpoj
■ xsane
■ gtklp

新規部分は HP プリンタの設定をした際(そして文章を作成する際)に用意した RPM を公開していたのをここで紹介していませんでした。

qalculate は以前 qalculate-gtk というパッケージで作成していたのですが、本家の方が qalculate としたようですので、合わせてパッケージ名も qalculate に変えました(一応 spec ファイルにて Obsoletes をつけておきました)。以前のバージョンを利用していた人は一度アンインストールしてからインストールしてください。

投稿者 kato : 23:44 | コメント (0) | トラックバック

おみおつけ

Category: 雑記

おみおつけは漢字で書くと「御御御付」と書くのを今知った。3重敬語らしい。恐るべし。

投稿者 kato : 23:24 | コメント (0) | トラックバック

2004年11月11日

本日の BGM

Category: BGM

THE ALFEE 「GATE OF HEAVEN」
(アルバム「THE RENAISSANCE」より)

私が初めて買おうとしたレコード(CDじゃない!)です。ただその頃は小さかったためにレコード屋さんらしきところにいってものを見たのですが何やらおかしい…で、結局買いませんでした。後から気づいたのですがそこはレンタルレコード屋でした ^^;

この曲は8分を越える大作で彼等としては(おそらく)初めての組曲です。当時これを作ったのはいいのですが、ライブで実現するのに相当プレッシャーがかかったそう。それくらい(当時としては)テクニカルな構成でした。そして、これである程度自信を得た彼等は以降組曲的な作品を数多く生み出してます。

でも、この曲のあとが「鋼鉄の巨人」というあたりすごく構成を考えたアルバムだよなぁという気がします。

投稿者 kato : 23:59 | コメント (0) | トラックバック

When The Sun Goes Down Vol.10/11

Category: CD/DVD

VOL. 10: EAST VIRGINIA BLUES
VOL. 11: SACRED ROOTS OF THE BLUES

(曲名は省略)

6月に出ていたらしいのですが、気が付きませんでした。で、先月ようやく気が付いて Amazon.co.jp にて購入したのが本日届きました。When The Sun Goes Down シリーズの最新作は白人ブルースのルーツ(Vol.10)とゴスペルのルーツ(Vol.11)という感じです。

Vol.10 の方はブルーグラスというかカントリーというかな曲がほとんどで、それを象徴するように使われている楽器はバンジョーとかフィードルとかドブロとかそんなんでした。それに対して Vol.11 の方は4声のアカペラとか説教とかそのようなものが多かったです。

かつてはカントリーだとかゴスペルだとかソウルだとかそれほど好きではないというか興味すらなかったのですが、ブルースにはまるにつれてこれらの音楽を聴く機会が増えてきたような気がする。ま、When The Sun Goes Down シリーズのおかげ(せい?)というのもあるのですけどね。そしてこれらの音楽を聴いていると実は根っこはかなり似ているんだなぁという気がした。まぁ、出所はアフリカとか違う場所かもしれませんが、(音楽が)育った場所がアメリカということで一致していることが似ていると感じるところなのかもしれませんね。

でも、何よりも驚いたのは今回の最も古い音源は 1902年のようです。100年以上前だ。よくそんな音源残っているよなぁ。それと同時に今のリマスタリングの技術にも驚きます。こんな古い音源がちゃんと聴けますから。

投稿者 kato : 23:06 | コメント (0) | トラックバック

そんな高感度いるのかなぁ…

Category: カメラ

日付が入る「写ルンです」にISO感度1000の新製品 (nikkeibp.jp)

レンズを明るくするのには限界があるのでフィルムの方で対応して暗い場所でも撮影を可能にと言うのは分かるのですが、粒子の粗さが気にならないのかなぁ。そもそも 400 が主流になってきたあたりから個人的には疑問だったのですが。

やっぱり風景にしてもポートレートにしても撮るなら明るいレンズで ISO 100 よりも小さいので撮りたいなぁ。

投稿者 kato : 23:00 | コメント (0) | トラックバック

Firefox 1.0

Category: Linux

ようやく Firefox が 1.0 になったのでインストールをした。今までは Netscape 7.1 を使っていたのですが、日本語版の 7.2 は全然出る気配はないので本格的に乗り換えようと思います。まだ入れたばかりなのでプラグインが入れきってはいないですけど。

mplayer のプラグインをどう入れようか迷いました。 RedHat 用の RPM を持ってきてそれを使えるかなと思ったのですが、インストール先が Firefox の場所と違うのでとりあえず強制的にインストールをして必要なファイルを Firefox のプラグインをおく場所に移して RPM の方はアンインストール。とりあえず無事に動いた。

とりあえずざっとしか使っていませんが、Sage も入れたので RSS リーダとしても使えるしかなり快適な気がする。ま、Netscape と比較してですけどね。

投稿者 kato : 22:54 | コメント (0) | トラックバック

2004年11月 8日

joyfulexif Ver.2.2pre3 公開

Category: joyfulexif

サムネイル作成時に Exif 情報より判断して画像を回転する機能を削除しました。誰も使わないような気がしましたので。しかしながら Ver.2.2pre2 で実装した投稿時に回転方向を選択する機能は残してあります。

ダウンロードは joyfulexif のページよりどうぞ。

投稿者 kato : 19:54 | コメント (0) | トラックバック

どう守る? クリエイターの著作権

Category: 雑記

どう守る? クリエイターの著作権

著作権に関するシンポジウムが開かれてその中で牧野二郎弁護士は

「著作者の権利を弱め、著作物をもっと自由に流通させるべきだ」と主張した。

と仰有っている。まぁ、ある意味正しいかもしれない。おそらく多くの業界にとって、本当の意味でのクリエーターは著作権に守られているとは言えない状況だと思う。そして、著作権を守れ!と訴えているのはむしろそのクリエーターを管理している人達で、現在著作権が守っているのは著作者というよりもむしろ著作隣接者であったりする。

では、クリエーターが力をもつにはどうすればよいか。クリエーター自信の著作権を強化するか、著作隣接権を弱め相対的に力を高めるかのどちらかになるであろう。で、前者が無理ならば後者もありえるかと。そうすることにより、ある程度自由度が増すので、結果としてクリエーターにはプラスになると思う。

ま、何にせよこの辺のところは根本的に我々の意識を変えないことにはいけない。そういう意味ではこのシンポジウムに高校の先生も参加していたというのは素晴らしいと感じた。

投稿者 kato : 19:38 | コメント (0) | トラックバック

2004年11月 5日

本日の BGM

Category: BGM

五味美保 「夕陽の咲く樹」
(アルバム「LA-GOON」より)

インディーズレーベルの WaterMoon に移籍して最初のアルバムの1曲目。それまでの弾けるポップ路線から一転、「オリエンタルポップ」を目指した作品で、曲調も前作の「後悔という愛し方」とはかなり違ったが、結果的には正解だったと思う。

最近後輩に彼女の CD をいくつか貸したら、それなりにはまってくれたっぽい。いい曲が多いのでみんな聴いてね(はぁと)。

投稿者 kato : 23:59 | コメント (0) | トラックバック

joyfulexif Ver.1.x にサムネイル回転機能を実装

Category: joyfulexif

joyfulexif Ver.1.x ではサムネイル回転機能を実装する予定はないのですが、手動で実装する方法をここで紹介します。

1. 分かる人向け

Ver.1.4c からの差分ファイル を用意しましたので、このファイルをもとにパッチをあてるか参考に joyful.cgi を編集してください。

2. 一般の人向け

編集するファイルは joyful.cgi のみです。

2.1 サブルーチン upload の修正

sub upload{ で始まる部分を編集します。まず $rotate という変数を定義します。具体的には以下の通り。

my ( $pic_format, $thumbfile, $rotate );

少し下の方にある 「# サムネイルの作成」以下を修正します。

# サムネイルの作成 : return ($tail,$W,$H);

の部分を

で置き換えてください。

2.1 サブルーチン form の修正

sub form{ で始まる部分を編集します。その中の「# 添付フォーム」という部分にある

print "<td><input type=file name=upfile size=40></td></tr>\n";

という行を

print "<td><input type=file name=upfile size=40>\n"; print " 回転: <select name=\"rotate\">"; print "<option value=\"0\">なし</option>\n"; print "<option value=\"1\">右90度</option>\n"; print "<option value=\"2\">上下逆</option>\n"; print "<option value=\"3\">左90度</option>\n"; print "</select></td></tr>\n";

に置き換えてください。

以上で画像投稿時に回転を選択することが出来るようになります。ただし、回転はサムネイルのみでもと画像はそのままだということに注意してください。

投稿者 kato : 17:25 | コメント (0) | トラックバック

joyfulexif Ver.2.2pre2 公開

Category: joyfulexif

やっぱり回転は投稿者にまかせた方がいいような気がしましたのでそのようにしたバージョンを公開しました。また、今まで追加するのを忘れていた Cannon EOS シリーズのメーカーノート情報のエントリーも exiftag.info に追加しました。

ダウンロードは joyfulexif のページよりどうぞ

投稿者 kato : 17:22 | コメント (0) | トラックバック

アドビ、デスクトップLinux市場を視野に

Category: Linux

アドビ、デスクトップLinux市場を視野に (CNET Japan)

アドビも Linux にそれなりに力を注いでくれるようで嬉しい。当面は AcrobatReader の最新版のようですが、個人的には Acrobat が出てくれると嬉しい。Acrobat の全機能とまではいかなくても Distiller 部分が欲しいなぁ。あと、いいドローソフトがないので Illustrator が欲しいけど

同社は主力グラフィックスソフトのPhotoshopやIllustratorに関して、現時点ではLinux版発売に踏み切るだけの顧客がいない、と考えているという。

とのことなので、しばらくは期待できないようだ。そういう意味では CorelDraw には期待していたのですがポシャってしまったのでアドビには期待しています。

投稿者 kato : 14:31 | コメント (0) | トラックバック

3段重ね

Category: 写真

友人の家にて撮影

投稿者 kato : 03:33 | コメント (0) | トラックバック

joyfulexif Ver.2.2pre1 公開

Category: joyfulexif

Ver.2.2 候補版を公開しました。ダウンロードは joyfulexif のページよりどうぞ。このバージョンより

■ サムネイル自動回転機能

を実装しました。Exif 情報の「画像方向」を参照して、サムネイル作成時に必要に応じて90度回転させるようにしました。問題点は、すでに画像処理ソフトで回転させた場合にさらに90度回転させてしまう可能性があることです。そういう意味ではユーザに回転するかどうかを確認させた方が良いのかもしれません。ま、おまけ程度の機能ということで。

joyfulexif とは直接関係ないのですが、MakerNote 解析のための CGI が7割がた完成した。あとは管理機能とコメント機能が実装されれば一般に公開出来そうです。なんとか今年中には公開できるようにはしたいと思っていますが、そんな暇があるのだろうか…。暇を見つけてといいますか、逃避したくなったら作りたいと思います。

投稿者 kato : 03:13 | コメント (2) | トラックバック

2004年11月 4日

本日の BGM

Category: BGM

THE ALFEE 「幻夜祭」
(アルバム「無幻の果てに」より)

1995年のアルバムからの1曲。ここから彼等のプログレ路線が始まったといってもいいと思う。初めてこの曲を聴いたとき、単純に「すげぇ」と思った。変拍子の嵐でどうリズムをとっていいのか分からない。でも格好いい。最近はまたシンプルになりつつあるからこういう超テクニカルな曲がなくなってきたのはちょっと残念。また作って欲しい。

歌詞もまたすごい(いいかどうかは別として)。60年代後半から70年代前半の激動の日本をイメージする言葉をこれでもかと羅列している。やっぱり彼等にはこういう曲をテレビでやって欲しいなぁ。絶対「いつもの」THE ALFEE しか知らない人はぶったまげると思う(…でもやっぱり受け入れられないかな ^^;)。

投稿者 kato : 23:59 | コメント (0) | トラックバック

過保護〜♪

Category: 教育

(I'm 過保護ジェネレーション♪)←って東京少年の歌ですが知っている人いないか…

生徒の血液使い理科授業 和歌山・橋本の男性教諭 (deblog)で知ったのですが、中学2年の授業で生徒の手を針で指させて出た血を授業に使ったらしい。で、それが問題になったらしい。もとねたは生徒の血液使い理科授業 和歌山・橋本の男性教諭 (Yahoo!)よりどうぞ。

deblog さんの言葉は悪いですが(すみません)、意見は賛成です。だいたい泣き出すというのもどうかと思います。じゃあ血液検査はどうするの?ということになってしまう。学校とは関係ないけど市の文化祭みたいなもので血液型判定とかで耳に針を刺して調べるコーナーあったなぁ。今だと訴えられるのかしら…。

昔のやり方がよかったかどうかは別として過保護すぎるのもどうかと思う。骨がのどにひっかかるといけないからと、給食の魚は骨を(中国の方の)人海戦術により取り除いたものを出されたりしている。別にひっかかってもいいじゃない?と思うのですが。やっぱり子供は自ら体験をして経験値を積むべきだと思う。そういう意味でも今回の血の件はどこが問題かいまいちよく分からない。

で、そういうことに対して教育委員会は謝まらず毅然とするべきなんだと思う。あえて謝るとすれば「配慮が足りなかった。今後は保健の先生同伴のもと安全を確保して行うよう指導していきたい。」かな。ん?そうじゃないって?

投稿者 kato : 23:37 | コメント (0) | トラックバック

矢野マイケル音楽活動に専念

Category: スポーツ

元Jリーガーの矢野マイケル、格闘家の道を断念 (BOUT REVIEW)

いやぁ、矢野マイケルが格闘家を目指していたなんて全然知らなかったし、断念して音楽活動に専念するというのを知って2重の驚きだ。プロ野球選手よりも実働時間が少ない Jリーグの選手は第2の人生をきちんと考えないといけないですね。野球よりも給料も圧倒的に少ないので実働時間で生涯分稼げる人はほとんどいないでしょうし。

特に彼のような J2 (だった)選手だと、チームによってはバイトをしないと生活が出来ないほど。そうなってくるとサッカー選手は相当情熱と覚悟がいると思う。

ところで、彼はどんな音楽をやるんだろう…というか売れるのか ^^;

投稿者 kato : 18:45 | コメント (0) | トラックバック

田臥君 NBA デビュー!

Category: スポーツ

田臥開幕戦でNBAデビュー、堂々7得点 (日刊スポーツ)
田臥、NBA鮮烈デビュー!サンズの開幕戦で7得点 (SANSPO)

「楽天かライブドアか」の決定が下されたのとほぼ時を同じにして田臥君の NBA 開幕ベンチ入りが決まった。個人的にはほぼ結果が見えていた前者よりも、ある程度予想はされたものの歴史的に価値の大きい後者の方に興味を持っていた。

で、開幕戦で出場を果たしてそれなりの結果を出した。過大な期待は禁物ですが NBA に定着できる程度の活躍はして欲しいし彼なら出来ると信じています。

日刊スポーツの Web サイトではかなりのフィーバーぶりをみせているのですが、世間一般的にどうなんでしょ?野茂がメジャーリーグ入りをしたときよりも快挙度は全然違うと思うのですが。やっぱり大きく扱ってくれているのかなぁ(テレビを見ていないので分からない)。とりあえず今日の深夜 BS でサンズの試合やるけど…見られないなぁ。

田臥君を通してバスケットボールに興味を持った方は是非日本のスーパーリーグに足を運んであげてください(現在開催中)。ま、NBA のようなショー的ではないですが面白いですよ。

参考 URL:
http://www.jbl.or.jp/ (男子リーグ)
http://www.wjbl.org/ (女子リーグ)

投稿者 kato : 16:06 | コメント (0) | トラックバック

そりゃ怒るでしょ

Category: スポーツ

FIFA制作の誤審DVDに韓国が遺憾 (日刊スポーツ)

10大誤審に前回の W杯の韓国の試合が4つもランクインされているのに抗議しているらしい。いくら最近の方が記憶に残っているからといってもちょっとねぇ…。確かに誤審だったかもしれませんが、1大会1つとまではいかなくてもせめて1試合1つにするべきだったと思いますよ。

つーか、誤審 DVD って何のために作ったの?

投稿者 kato : 06:59 | コメント (0) | トラックバック

2004年11月 3日

本日の BGM

Category: BGM

Robert Johnson 「Kind Hearted Woman Blues」
(アルバム「The Complete Recordings」より)

ブルースファンやロックファンには説明する必要もないロバジョンの全曲集からの1曲目。クラプトンがカバーした影響か CD 店にこの CD を見かけることが以前よりも多くなった気がする。まぁ、でもいきなりこれを聴いて感動する人がいたら友達になりたいかな ^^; 何人かに聴かせたことがありますが、音の古さにひいてしまう人が多かった…

投稿者 kato : 19:44 | コメント (0) | トラックバック

全シングル曲収録って売りなの?

Category: CD/DVD

年末にかけて買いたいアルバムがいくつかありますが、その多くは前作より発表されたシングル曲をすべて収録している。そして、「全シングルを網羅!」みたいなことが売りのように書かれていたりする。でも、それって本当に売りなのかなぁといつも思ってしまう。

個人的なことですが、CD を買う場合に以下のランク付けに基づいて買っている。

かつてはアルバムに収録されていないシングルがあったりする場合が結構あったので、1番目と2番目のような状態でもシングルを購入していた。でも最近は冒頭に書いたように全シングルが収録される率が高い。しかもカップリングまで収録されていたりする。もうこうなるとシングルを買う意味をあまり見いだせない。

シングル曲はそれなりに毎回コンセプトが違うはずで、アルバムに納めようとした場合、それぞれが主張をして1つのコンセプトとしてまとまりが悪くなるような気がする。事実シングル曲を多く含むアルバムを聴くと、ベストアルバムっぽいというのもありますが、どうもアルバムの流れ的にどうかというものが少なからずあります。せっかくアルバムをだすのならばそれなりにコンセプトを持ってきちんと作り込んで欲しいなぁと思う。もうちょっと言えばせっかくアルバムを買うんだから知らない曲がたくさん入っていて欲しいと思う。

ま、そんな理由で今年からシングルを買うことをやめてアーチストが1人(組?)、そして次から買うのをやめようか検討中のアーチストが1人(組?)です。売り上げ低下に一役買ってしまうかな?ま、アルバムの方は買う予定ですけどね。

投稿者 kato : 19:19 | コメント (0) | トラックバック

もうちょっと詳細なアナウンスが出た

Category: 音楽

著作権法施行令の改正に関するパブリックコメント(意見提出手続)の結果について (文化庁)

先日の報道機関向け FAX よりも内容が詳細になったコメントが文化庁より出されています。文章の内容もきちんとパブリックコメントを考慮しました(けど意見は変えません)よという感じ。

詳しい分析や突っ込みに関しては万来堂日記さんの記事が詳しいのでそちらをご覧下さい。

また、個人的にはOTO-NETAさんの

例えばね、宇多田ヒカルのアルバムが発売後6年経っても音楽業界を支えてるんだったら、一般に適用する輸入禁止の上限は「初動期間」の1年とか6ヶ月とかにして、そっから先に延ばしたいときはその商品だけ更新料でも取って延長するようにしたらいいんじゃないのかなぁ?税関で輸入止めるのだってコストかかるんだろうし。特例のために全体を底上げするなんて事されたんじゃ、産業も文化も硬直化するぜ。

に賛成。やはり導入するならば、再販期間とリンクさせないと筋が通らないような気がします。

投稿者 kato : 19:07 | コメント (0) | トラックバック

2004年11月 1日

本日の BGM

Category: BGM

Miz 「CONFUSION」
(アルバム「Say It's Forever」より)

彼女のデビューアルバムからの曲。最初にこのアルバムを聴いたときにはいい!とは思いつつもどこかちょっとひっかかるところがありました。それが何なのかは説明出来ませんが。最近それもとれてきて、ヘビーローテーションになっています。その中でもこの曲は大好きな曲の一つです。

投稿者 kato : 20:37 | コメント (0) | トラックバック

「生物」は「なまもの」、「地物」は「じもの」

Category: 雑記

眞鍋かをりのここだけの話: 無理やり元気出します

ちょっと科学的な話題だったので思わず反応。番組の際、プラナリアの搬送に「生物」の注意書で届けてもらったら「なまもの」と勘違いされてクール便となり、その結果プラナリアが全滅してしまったとのこと。

この話でふと思い出したのは、私の出身学部である「地球物理学科」は省略して「地物(ちぶつ)」。でも、知らない人は「じもの」と読んで何か新鮮な野菜でも作っているの?とでも勘違いされそうであった(いや、実際にそのような勘違いさんに出会ったことはないのですが)。

投稿者 kato : 20:02 | コメント (0) | トラックバック

牛さん復活

Category: コンピュータ

ゲートウェイ、12月に新機種で日本市場へ再参入 - CNET Japan

すでに eMachines ブランドとして日本に再上陸を果たしている Gateway ですが、本家の Gateway ブランドが年末にとうとう復活するらしい。タイトルに書いてしまったけどまだ牛さんなのか?だとすれば一足早いアメリカ牛解禁ということで :-)

投稿者 kato : 19:55 | コメント (0) | トラックバック

今は色覚検査ってしないのね

Category: 教育

小学校の色覚検査、一部で実施続く 名古屋市教委調査 (asahi.com)

全然知らなかったのですが、色覚検査って今やってないのね(正確には任意か)。

「進学や就職での差別を助長するとして文部科学省が昨年度から義務化を廃止した」とありますが、それは学校側、企業側の問題であって義務化を廃止する理由にはなるのかなぁ。もし、それが問題ならば検査結果を進学、就職時に記入する義務をはずせばいいだけのような。というよりも色覚異常が普段の生活にまったく問題がない(場合がほとんどだ)ということをきちんと広めた方がよいような気がする。

そもそも、このような検査をすることは本人にとっては「自分を知る」ことになるし、周りにとってみればそのことを知ることが出来る。特に先生にとってみれば、その情報は必要だと思う。もちろんそれによる「かるいいじめ」みたいなものが発生してしまうのかもしれませんが、それはきちんと知識を与えてあげれば解決するような気がする。

中学時代、美術の時間に友人が絵の具の茶色はどれ?と聞いてきた。当時彼が色弱だとは知らなかったので「何故聞くのだろう?」と素朴な疑問を持ったが、特にその理由を問うこともなく教えてあげていた。で、出来上がった絵を見ると見事に肌の色を上手に再現している。色弱など感じさせないほどに(ま、だからこそ余計に何故聞くのか疑問だったのですが…その当時は知識がなかったもので)。

ちょっと脱線してしまいましたが私の結論として、「自分の状態を知る」意味でも検査はした方がいいと思う(生活に影響がある/ないは関係ないと思う)。そして、きちんと色弱に対する知識を教えてあげた方がいいと思う。それが分かってこそ「アクセシビリティ」という話も現実味が湧くわけだし。

参考 URL:
http://www.kknews.co.jp/kenko/020427_a.html

投稿者 kato : 19:10 | コメント (0) | トラックバック