« 2005年4月 | メイン | 2005年6月 »

2005年5月30日

本日の BGM

Category: BGM

Keb' Mo' 「Come On In My Kitchen」
(アルバム「マーティン・スコセッシのブルース」より)

本日購入した CD より。まだ全部聴いていないので感想は明日以降にします。この曲はロバジョンの曲です。ブルースムービープロジェクト及びライトニング・イン・ア・ボトルで映画を立て続けに見て、Keb' Mo' を知った(というかきちんと聴いた)。で、格好いいなぁということでとりあえず買ったものです。

あまりここで書くとアルバムレポートに書くことがなくなるのでここまでにしよっと。

投稿者 kato : 21:44 | コメント (0) | トラックバック

大竹佑季 「Greensleeves」

Category: CD/DVD

  1. Greensleeves 〜眠れぬ夜のために〜
  2. Last Waltz
  3. Etranger
  4. Awakening
  5. Match
  6. ベアトリーチェ(独唱)

最近どこかのお店でグリーンスリーブスがかかっているのを聴いて「懐かしいなぁ」と思いつつ誰が歌っているのだろう?と思っていたら彼女が歌っているということが判明したので購入してきました。どうやらファーストミニアルバムらしい。

例によってまだ1回しか聴いていません(今2回目)ので、文字通りファーストインプレッションを。まずは声が可愛い。こういう声質に私ははまりやすいんだよなぁ。歌い方も歌い上げるわけではないウィスパー系なのも私のつぼにはまっている。ということで結構好きになりそうだ。

個人的には M-3 のエトランゼが一番好き。タイトルだけ見た時、Changin' My Life のカバーかと思ってしまったが全然違った。ちなみにきっかけになった M-1 ですが、実はそれほど期待していなかったし、それを裏切ってはくれませんでした ^^; きっと声にひかれたのだと思います。でもグリーンスリーブスってイングランドの民謡なのですね。てっきり北欧あるいはロシアあたりだと思っていた。

心配なのはこのアルバムは企画ものっぽいので、彼女の今後があるのかは微妙です…

投稿者 kato : 21:29 | コメント (0) | トラックバック

2005年5月26日

飲茶楼のおまけフィギュア

Category: 雑記

今飲茶楼を買うとおまけで「銀河鉄道999」のフィギュアがついてきます。別にフィギュアは要らないのですが、飲むためにはもらう必要があります。

私が買った飲茶楼にはメーテルのフィギュアがついてきたのですが、顔をみるとどうみてもメーテルじゃない。なんだろ、メーテルのコスプレをした美少年というところか。

投稿者 kato : 19:02 | コメント (2) | トラックバック

2005年5月24日

高見沢俊彦 「Berin Calling」

Category: CD/DVD

  1. Berin Calling
  2. Berin Rain
  3. 天使の奇蹟
  4. Stand Up, Baby (Punk Mix)
  5. 壁の向こうの Freedom (Acoustic Version)
  6. BEAT7 (Berin Calling Mix)

「主義〜ism〜」以来(…なので14年振り!)となる高見沢俊彦のソロミニアルバムです。東西ドイツ統一15周年記念「ベルリンの至宝展」テーマソングの製作をきっかけに THE ALFEE のセルフカバーを追加してミニアルバムにしたという、ある意味企画もの CD です。

最初の2曲と最後の曲(これはボーナストラック)はインストゥルメンタルとなっています。出来はかなりよいです。ベルリンのイメージにあっているかどうかはイマイチよく分かりませんが、M-1 の徐々にハードになる感じも M-2 の泣きのギターも素晴らしい。M-3 は歌入りでは唯一のオリジナルですが、出だしの音程の怪しさは彼独自です ^^; でも曲トータルで考えれば結構好きな感じの曲です。

M-4 は文句なしに格好いい! 出だしはエディコクランの「カモンエブリバディ」か?とも思いましたが、もとからノリのいい Stand Up, Baby がさらにノリ良く仕上がっていました。THE ALFEE のライブもこのアレンジでいっぺんやって欲しいものだ。欲を言えばスネアの音がもうちょっと出てくれると嬉しかったかも。あと、この曲はロックンロールなアレンジでもいけそうだと感じた。

M-5 はキーが下がっていてびっくりした。高音部が出ないからキーを下げたというよりもアコースティックバージョンにしたときの全体の雰囲気を考えて下げたという印象。オリジナルよりも哀愁さがさらに増した感じがする。セピア色な写真というイメージ(原キーだとどちらかと言えば臨場感ただよう感じ)。でもライブではオリジナルキーでいいかな。

最後に、彼に羽根を生やす必要はないと思う…

投稿者 kato : 17:57 | コメント (0) | トラックバック

岩田さゆり 「風と空と」

Category: CD/DVD

  1. 空飛ぶあの白い雲のように
  2. 空色の猫
  3. あなたはあなた。
  4. たんぽぽ
  5. 深海の光
  6. 明日は今日より笑っていられますように
  7. 未来へと

岩田さゆりのミニアルバムをフライングゲットしてきてしまった…。なんだか GIZA の優良な客になってしまった気がする。もともと GARNET CROW を知ったのがきっかけで GIZA 製作の音楽番組を見るようになってから三枝夕夏 IN db, 北原愛子, 岸本早未を買って、そして今度は彼女です。いや、本当は彼女は買う気はなかったのですが、ミニフォトアルバムがつくなどと書かれたら...

さて、シングルを2枚立て続けに出した後のファーストミニアルバムとなります。シングル自体もテレビでの PV でしか聴いたことがありませんでしたので、実質全曲初めて聴くことになります。シングル曲は M-1, M-3 なのですが、全部を通して聴くとやはりこの2曲の出来がよい。どちらかといえば歌自体はちょっと難しいものの、よりアップテンポな M-3 の方が好きかも。M-1 は出来ればもう少しエコーでもかけて浮遊感を出してくれるともっと心地好く聴けたかなぁ。

全体を通して、古き良きアイドルっぽい曲だなぁと感じました。これはある意味誉めてます。最近こういう感じの曲をアイドルに歌わせることって少なくなったと思います。歌のうまさを議論するのは無粋ですので :-p しません(かつて、持田真樹とか井上麻美とかのシングルを聴いたことがありますが、それよりはうまいと言っておきましょう)。

議論をしないとかいいながら書かざるを得ないのですが、歌い慣れていないせいか音をはずさないように歌うことで精一杯という感じ。それにもかかわらず、スロー〜ミディアムテンポな曲が多いので粗が余計に目立った。もう少しアップテンポな曲を入れてもよかったのではないかなぁと感じました。

ま、何にせよ一回だけ聴いた感想ですので今後また変わってくるかも。

投稿者 kato : 17:33 | コメント (0) | トラックバック

Web ブラウザの歴史 #2

Category: コンピュータ

分かる範囲で簡単な年表の絵を作ってみた。もっと詳細にしようと思えば出来るのですが、あまり複雑すぎると受けが悪いのでこの程度で(しかも急いで作ったのであまり統一感がなかったりイマイチだ…2版を作るときがくれば直します)。気が向いたら詳細版とか HTML 版とかを作るか…

# ついでにいえばもっといろんなブラウザの詳細をまとめて年表にすると
# 面白いかな…誰かやってくれないかなぁ

投稿者 kato : 15:56 | コメント (0) | トラックバック

万博いかなくても手に入れられる!

Category: 音楽

愛知万博の “手塚治虫のCOSMO ZONE THEATER” のエンディングで五味美保さんの「ガラスの地球」が流れているそうで、会場にて CD も限定販売しているのだそう。さすがに暇もお金もないということで、万博に行く身近な人を探していたのですが、久しぶりに彼女の Web サイトを訪れたら通販をやってくれるらしい。

よかったよかった。早速注文しなくちゃ。

--
(追記)
五味ちゃんって、 poplar に移籍したと思うのですが、販売は Watermoon で、いまだに彼女の Web サイトも Watermoon ドメイン。どうなっているのだろうなぁ…

投稿者 kato : 01:44 | コメント (0) | トラックバック

Web ブラウザの歴史

Category: コンピュータ

主要な Web ブラウザの歴史を年表化しようと思い立ち調べ出したのですが、さすがに Netscape や Internet Explorer は簡単にさがせたのですが、Opera が分からない。本家に ChangeLog はあるのですが、何が変わったかは書いてあってもいつバージョンアップされたかが意外に書かれていない。

どこかにまとまっているサイトはないものか…

投稿者 kato : 01:41 | コメント (0) | トラックバック

やっちまった #2 orz...

Category: 設定

気づいたらこのブログ右段下でこっそりと動作しているカウンタがクリアされている… orz...

投稿者 kato : 01:38 | コメント (0) | トラックバック

2005年5月22日

やっちまった orz...

Category: joyfulexif

よりによってサポート掲示板のログを吹っ飛ばしてしまった。結構いろいろ重要な情報が残されていたのですが…
やはり、定期的なバックアップは必要ですね。

投稿者 kato : 22:06 | コメント (0) | トラックバック

2005年5月21日

谷村有美 「feel mie 1991-1992」

Category: CD/DVD

  1. おやすみなさい
  2. SMILE IS COMING TO TOWN
  3. ラッシュ・アワーのアダムとイヴ
  4. ボンネットに太陽
  5. 幸せ探して
  6. 明日の恋に投げ KISS
  7. サンタを迎えにいく夜
  8. ほんとの私
  9. FEEL ME
  10. 今が好き
  11. 生まれたての朝 〜Brand-New Sunshine〜
  12. The Christmas Song
  13. BLUE じゃいられない
  14. ときめきを Believe

Feel Mie DVD 化シリーズの第3弾です。タイトルからも分かりますように1991年〜92年のライブ活動を収録した LD を DVD 化したものです。1992年は docile が発売になった年ということで、docile 収録曲も含まれています。

第2弾までと比較して少し大人しくなった感じがします。収録曲が大人しめの曲が多かったのか、それともライブ自体も落ち着いてきた頃なのかはこの当時のライブには参加したことがないので分かりません。

前にも書いたような気がしますが、改めて聴くと80年代後半から90年代前半のアレンジだなぁと感じる。ギターの音やサックスの使い方あたりにその感じがよく表れている。もちろんこれはけなしているわけではなく正直な感想。事実、今でも好きな曲多いし。

あ、あとどうでもよいことかも知れませんが、今の谷村さんと比べるとすっかり顔変わっちゃったなぁ…まぁ、私は顔で入った人ではないので構わないのですが。

投稿者 kato : 03:41 | コメント (0) | トラックバック

2005年5月20日

北原愛子ミニパネル展&クイズラリー

Category: 音楽

北原愛子 2nd アルバム「Message」の販促として秋葉原の石丸電気にてミニパネル展&クイズラリーが行われていた。基本的に北海道な私には関係がないと思っていたのですが、ちょうど学会と重なりましたので暇を見つけて行ってきました。

石丸電気にてアルバムを買えばクイズラリーに参加できるのですが、さすがに2枚も買う気はないので、展示してあるパネルを一通り見てきました。パネルは基本的にはアルバム同時封入のフォトアルバムからでした。クイズラリーのクイズは各店舗1問づつ合計3問でした。2問は北原愛子ファンならば即答できる問題でしたが、残り1問は一度彼女の Web サイトを見ないと回答できないようなものでした。

同時にプロモーションビデオも流れていましたので、一応一回りするまで鑑賞してきました。やはり彼女は PV集の DVD を出すべきだと思いますよ。

# せっかくですので以前トラックバックを頂いたところに「返歌」として
# トラックバック返しをしておきます

参考 URL:
- 北原愛子オフィシャルサイト
- 北原愛子「Message」(本 blog でのレビュー記事)

投稿者 kato : 18:25 | コメント (0) | トラックバック

2005年5月13日

トラックバックスパム

Category: 設定

今日はずっとトラックバックスパムがやってきているようだ。やはり対策をそろそろ考えないといけないかなぁ。

MT-Blacklist を入れるとなると Movable Type のバージョンを上げなくてはならないからなぁ…単純にそれが面倒で対策をしていないわけですが…

--
(追記)
とりあえず逃げの?設定として LQ ライブラリを導入してみた。

投稿者 kato : 22:27 | コメント (2) | トラックバック

2005年5月10日

本日の BGM

Category: BGM

Keb' Mo' 「Love In Vain」
(アルバム「Lightning In a Bottle: Original Sound Track」より)

ロバジョンのカバー曲。とはいえこれがロバジョンのオリジナルなのかはよく分からない。同じメロディーで「When The Sun Goes Down」という曲もあるし。ま、いずれにせよカントリーブルースのスタンダード曲であり名曲。

映画を見て Keb' Mo' が若いんだということを初めて知りました。

投稿者 kato : 23:59 | コメント (0) | トラックバック

北原愛子「Message」

Category: CD/DVD

  1. 思い出にスクワレテモ -album mix-
  2. DA DA DA
  3. Message
  4. 冬うらら
  5. いつも
  6. 運命だとか奇跡だとか信じたい気分
  7. 戻れないあの日
  8. Break Down
  9. Love is blind?!
  10. 君の笑顔が好きだから
  11. あの頃の君でいて
  12. Hands up!!

北原愛子の2枚目のアルバムが発売になりましたのでフライングゲットしてきました。彼女のシングルは一切買っていませんので、基本的にすべて初めて聴く曲です。まぁ、シングル曲のさびはテレビ等で聴いてはいますが。

1枚目のアルバムは特典のポスター目当てに、2枚目のアルバムは特典のフォトアルバムを目当てに買いました。はは、すっかり戦略にはまってます。まぁ、何曲かいいなぁと思った曲が1枚目にもあったから買ったというのもあるのですけどね。

1回だけ通して聴いただけですが感想を。最初の方にシングル曲が固まっているわけですが、やはり完成度が高いなぁという印象を受けた。M-1 はテレビでちょろっと聴いたときにはもっとダメダメだと感じていたのですが、結構聴けた。M-2 は軽快で好き。彼女はラテン云々よりもアップテンポな曲があってると思う。そういう意味で M-6 は気に入りました。また、アルバム最後が比較的アップテンポな曲で終わっていたのにも好印象でした。

全体の出来として、ローテーションの中に入れておいてもよいかなと思える出来でした。良い、悪いは個人差があると思いますが、比較的無難な作品なのではないでしょうか。ジャケ買いをしたとしてもそれほどがっかりはしないと思いますので、彼女を知らない人も是非ジャケ買いして下さい :-)

投稿者 kato : 15:55 | コメント (0) | トラックバック

ただの時計に降格

Category: 雑記

私が普段している腕時計は LAKS の USB メモリー付のものなのですが、最近どうも PC に指しても認識をしてくれない。どうやらケーブルの接触不良っぽい。

とりあえず自分でなんとかなるものなのかと分解作業をしてみましたが、基盤と USB ケーブルの部分は大丈夫でしたので、問題があるとするとケーブル内のどこかということか。だとするとちょっと私には修理が出来なさそうだ。

う〜ん、素直にあきらめて USB メモリを買ってくるかな。ついでに言えばただの時計になりさがってしまったので、別の普通の時計を買うかなぁ。

ちなみに、分解をしたらカバーの裏に電池交換の仕方が英語で書いてありました。自分でも電池交換出来そうだ。でも、街中の時計屋さんに頼んだらやってくれるのかなぁ。いや、別に難しくないのだけど、開けたら普段と違う光景に「出来ません」というところもありそうだ…ないか。

投稿者 kato : 14:51 | コメント (4) | トラックバック

2005年5月 9日

本日の BGM

Category: BGM

Leadbelly 「TB Blues」
(アルバム「When The Sun Goes Down Vol.5: Take This Hammer」 より)

決して「トラックバックブルース」ではありません(実はそれが書きたかっただけ)。

投稿者 kato : 23:59 | コメント (0) | トラックバック

デジカメメーカーにRAWファイル形式の公開を要求

Category: カメラ

カメラマンの団体がデジカメメーカーにRAWファイル形式の公開を要求 (デジタル ARENA より)

OpenRAW Working Groupがデジカメメーカーに RAW ファイルの仕様公開を要求する目的で設立されたそうだ。RAW ファイルにせよ Exif 内のメーカーノートにせよ、メーカーの独自情報を他に見られたくないという思いも分かるし、仕様自体が変化をする可能性があるから公開をしたくないという思いも分からないでもない。

ただそのために利用可能なソフトが限定されるとか、ソフトそのものが高くなってしまうとか、仕様変更にともない過去のデータが読めなくなるとかという問題がおきてしまう。これはユーザーにとってもソフトを製作する側にとっても単純に迷惑なだけである。 Adobe が提唱しているような RAW 形式の統一が無理ならばせめて仕様は公開して欲しいと思う。

ついでに言えば、 RAW にしても Exif にしても、その中のメーカーノートにしても同じメーカーでも機種によって仕様が変わるのはなんとかならないものか。最初に仕様を決める時に先を見通せる能力がなかったのか、予測が出来なかったのか、はたまた単なる嫌がらせか…

投稿者 kato : 14:33 | コメント (0) | トラックバック

ひっかかった…

Category: 雑記

「最近の TrackBack」 を見て頂ければ分かりますが、私の blog は面白くないし ^^; 不定期なのでほとんどトラックバックはありません。でも1ヶ月に1個程度の間隔ではトラックバックは来ています。

で、先ほど久しぶりにトラックバックが来たということでチェックしないでトラックバック送信元に行ったところ良く分からないところでした。「ん?」ということでよくよく確認してみるとトラックバックスパムでした…。

きちんと確認をしないとダメですね…

投稿者 kato : 04:06 | コメント (0) | トラックバック

ライトニング・イン・ア・ボトル

Category: 音楽

ブルース 100周年を記念した映画プロジェクト「THE BLUES Movie Project」の集大成として 2003年2月7日にニューヨークで開催されたライブイベントの模様を収録した映画「ライトニング・イン・ア・ボトル」を見てきました。

B.B. キング を始めとしてブルースの生ける伝説達が一同に介した最初で最後であろうイベントだけあってみんな楽しそう。出来れば10年前に開催することが出来たらジョンリーフッカーなども参加が出来ただろうか。逆に10年後だとここまで豪華な顔触れは難しくなっていたかもしれない。そう考えるとまさにぎりぎりの開催であり、参加したミュージシャンもそれを理解しているのであろう、楽しませるというよりも楽しもうという感じが良く出ていてよかった。

全部で何曲流れたのかは数えていないので分かりませんが、大半は知っている曲だったというあたり私も結構ブルースのスタンダードは抑えたのかなと少しうぬぼれてしまった。

言わずとしれた大御所な B.B. キングとバディガイがかなり格好よかった。特に B.B. キングはもうすぐ80になろうとしているのにあの声量はすごすぎです。まぁ、あのテンションを何曲保たせられるかは分かりませんけどね ^^; あと、最初に歌った ANGELIQUE KIDJO (アンジェリックキッドジョーと読むのかしら)がすごく印象に残りました。ブルースのルーツと言われる西アフリカからの参加で、ブルースとはちょっと違った感じな曲でしたがとても格好よかったし、それを歌う彼女はとても綺麗でした。

基本的には不満のない構成ですが、個人的にはチャック D はいらなかったかな…というか浮いていたかなという印象。この例えもどうかと思いますがウッドストックでの SHA NA NA のような感じがした。あと、先の映画の時も感じたのですがロバート Jr ロックウッドに焦点があたることがなかったことに疑問を感じました。彼も生ける伝説と思うのですが。参加はしているようでしたのですこしほっとしつつも何故表に出てこないのだろうと個人的にはすごく残念でした。

この映画は当然のようにサントラの CD も出ていまして同じ日に購入をしてきましたが、やはり動く姿の方がありがたいです。当然 DVD 化されるでしょうからそれが楽しみです。願わくば映画 DVD というよりもライブ DVD みたいな形でノーカットで出てくれるとすごく嬉しいなぁ…って無理か。

投稿者 kato : 03:29 | コメント (0) | トラックバック

2005年5月 5日

直リン

Category: 雑記

アクセス解析をしていると、良く分からないサイトからのリンクが目立つようになってきた。とりあえずそのサイトに行ってみて私のサイトの何をリンクしているのかと思ったら、サムネイル作成スクリプトのサンプルに載せてある猫の写真に直リンをしていることが分かりました。

どこから広がったのか良く分かりませんが、数ヵ所からやはり直リンされている。しかも直リン先で私のサイトの説明は一切ない。別にあれやこれやと主張をするつもりはありませんが、最低限のマナーとか権利関係は守って欲しいものです。

…とここで書いても直リンしているサイトは英語圏の人達ですので意味がないのよね ^^;

--
(追記)
もいっこ直リンしている画像は過去の記事のものでした。"gook" の意味を知らないでつけたのだろうと笑っています。http://www.engrish.com/ネタということか。

投稿者 kato : 15:39 | コメント (0) | トラックバック

2005年5月 4日

PerlMagick 覚え書き

Category: Perl

ImageMagick の convert コマンドでフレームを作成するには

convert -frame 10x10+5+5 -mattecolor 'brown' in.jpg out.jpg

のようにするが、これと同じことを Perl モジュールでやるには

$image->Frame( geometry=>"10x10+5+5", fill=>"brown" );

とするらしい。

投稿者 kato : 00:02 | コメント (0) | トラックバック

2005年5月 3日

八十八夜

Category: 紅茶

たぶん昨日が八十八夜でした。立春から数えて八十八日の日を指します。「夏も近づく…」にもあるように新茶の季節がやってきました。といいつつあまり緑茶は飲まないのですけどね。

紅茶も季節の物が出回り出します。早いところでは先月中頃からダージリンのファーストフラッシュが出ているし、ヌワラエリアあたりもお店で見られるようになってきました。これから秋までが紅茶を楽しめる季節でとても嬉しい(ま、その分お金もかかるわけですが…)。

投稿者 kato : 23:19 | コメント (0) | トラックバック

2005年5月 1日

Ver.2.3d 公開

Category: joyfulexif

毎度こちらでの報告が遅れますが Ver.2.3d を 4/29 に公開しました。Ver.2.3c からの変更点は以下の通り

■ スレッド一覧に TITLE 属性の追加
■ ページの移動のリンクに関するバグの修正
■ ページの移動のリンクを選択性にした
■ exifinfo.pl が無限ループに陥る可能性の回避
■ ユーザーID のログの最大数を設定可能にした
■ 重複するユーザーID に対し最新のもののみをログに残すようにした
■ SIGMA SD10 のメーカーノートに対応
■ 画像一覧におけるリンクのバグ修正

[修正したファイル]
- joyful.cgi
- exifinfo.pl
- exiftag.info

基本的にはバグの修正です。

現在手元では Ver.2.4 に向けた準備を行っています。なんとか GW 中にスナップショット版が出せればと思います。予定している新機能は

■ デジカメ RAW 画像のサポート
■ 掲示板の設定を Web 上で出来るようにする

です。そのほかにも Ver.2.3 では未サポートになっていた機能も正式にサポートしたいと思います。最初のスナップショット版ではまだ Web による掲示板の設定には対応しない(出来ない…)予定です。

投稿者 kato : 17:57 | コメント (0) | トラックバック

Photoshop Elements 3.0 の Exif 情報

Category: joyfulexif

joyfulexif のサンプル掲示板の投稿を見てメーカーノート情報と出ているのに表示されていない(OLYMPUS は多少表示されるはず)。ソフトウェア名を見たら Photoshop Elements 3.0 になっていたので、よけいに疑問を感じて調べてみた。

そもそも Photoshop で処理をするとメーカーノート情報は削除されてしまう。なのでメーカーノート情報は出ないことが正しい結果のはずである。Photoshop の Exif 情報はくせがあって、最初の APP1 マーカーに通常の Exif 仕様のデータが埋め込まれる。2番目の APP1 をさらに定義をしてそこには XML 形式で Exif データを埋め込んでいる。このため、Photoshop で処理をした画像は同じことを2度埋め込むため(特に後半はテキスト)サイズが大きくなる。

解析をしてみると、最初の APP1 マーカーにはメーカーノート情報はない。これは従来の Photoshop と同じなので問題ない。次に2番目の APP1 マーカーを見てみた。すると MakerNote の記述がある。しかもその記述が

<exif:MakerNote>79 76 89 77 80 0 2 0 26 0 0 2 4 0 3 0 0 0 48 4 0 0 1 2 ...</exif:MakerNote>

となっていた。これ記述する意味まったくないと思うのだが。値の数値化はまぁいいとして「...」で省略をするのは何を考えているのだろう。これならば従来通りに完全に削除をしてしまった方がいいと思う。

そもそも XML で Exif 情報を埋め込む必要性が分からないんだよなぁ。RAW プラグインの古いバージョンでは1番目の APP1 でほとんどデータを記述せず2番目の XML に詳細な情報を埋め込んでいたので、大半の Exif を読むソフトではうまく読み込めなかったこともあるし(最新版では解決済)。この辺は Exif が策定される前の頃のデータとの互換性とかなのかなぁ…

投稿者 kato : 17:38 | コメント (0) | トラックバック

iriver H10 プレイリストの作成

Category: 音楽

HDD MP3 プレーヤー iriver H10 はマスストレージに対応しているため、Linux でもマウントをしてコピーするだけでデータの転送は完了する。ただし、そのままではミュージックモードでは使えないため、iriver plus にてデータベースを作成する必要がある。この作業だけは Windows でやる必要があるのが少し不便だ(さすがにこれを解析する気力はない)。プレイリストも基本的には iriver plus にて作成することになるが、これは比較的単純だったので Linux で作成するためのスクリプトを作ってみた。ここではその覚え書きを。

まず気づいたのは偶数バイト目には 0x00 があることです。日本語ファイルは試していないので確実ではないのですが、一文字書いたらそのあとに 0x00 を埋める必要があるようです。

ヘッダにバージョン情報が入ります。現在のところは「PLP VERSION 1.20」が入っているようです。その後にリストを列挙していくことになります。例えば "Media\Music\01_graduation.mp3" を記述する場合、「HDD, Media\Music\01_graduation.mp3」 というように最初におまじないとして "HDD," をつけます。

以上をまとめたサンプルスクリプトが以下になります。プレイリストを作成してもデータベースを作成しないと H10 では正常にプレイリストを扱えないことに注意して下さい(つまり残念ながら一度は Windows で処理する必要あり)。繰り返しますが、日本語ファイル名がある場合にはどうなるかは確認していません。また Windows の Perl でも動くでしょうが確認はしていません。

#!/usr/bin/perl $SPACE = pack( "C", 0x20 ); $RETURN = pack( "CCCC", 0x0d, 0x00, 0x0a, 0x00 ); $head = &AddNull( "PLP PLAYLIST" ); $version = &AddNull( "VERSION 1.20" ); $HDD = &AddNull( "HDD, Media\\Music\\" ); # データは Media\Music\A001_secret_and_lies 以下 $dirtop = "A001_secret_and_lies"; @data = ( '01_graduation.mp3', '02_its_for_you.mp3', '03_secret__lies.mp3', '04_tears_go_by.mp3', '05_whenever_i_think_of_you.mp3', '06_happy_birthday_to_you.mp3', '07_stay_my_dream.mp3', '08_whenever_i_think_of_you_tv_version.mp3' ); # ヘッダの作成 print $head; print $RETURN; print $version; print $RETURN; print $RETURN; # プレイリストの作成 for( $i = 0 ; $i < ${@data} ; $i++ ){ if( $dirtop ){ $file = &AddNull( "$dirtop\\$data[$i]" ); }else{ $file = &AddNull( $data[$i] ); } print $HDD; print $file; print $RETURN; } # 0x00 を埋めるサブルーチン sub AddNull{ my $word = shift @_; my $NULL = pack( "C", 0x00 ); $word =~ s/(.)/$1$NULL/g; return $word; }

投稿者 kato : 06:29 | コメント (0) | トラックバック