« PhotoXP 1.7.0 リリース! | メイン | MakerNote プラグイン更新 »

2005年7月 4日

MakerNote プラグイン仕様変更の覚え書き

Category: joyfulexif

次期更新予定の MakerNote プラグインは現在の仕様のまま、すなわち joyfulexif 利用の場合、単純の差し換えで最新版に更新出来るようにする予定です。しかしながら、最近は IFD 構造ではあるのですが、変数の型が undefined となって、そこに独自のフォーマットでデータを記述するタイプが多くなっているように感じます(昔はキヤノンくらいだったような気がするのに…)。

このような書式に対応するためには、現在のプラグインの仕様では行き詰りを感じつつありますので、思いきって変更をしようと思います。 ExifInfo.pl からの利用では特に問題はないのですが、joyfulexif からの利用では exiftag.info も変更する必要が出てくる予定です。仕様変更次第、 joyfulexif の方もバージョンを上げたいと思います。

具体的には、IFD タグで定義したデータが複数のデータを記述している場合、サブタグ ID として : の後にオフセット値を書くような拡張 ID で定義しようと思います。例えば IFD タグ番号 10 でその中の4バイト目のデータの場合 10:00003 のようにしようと思います。 : の後何桁にするかはまだ未定。

投稿者 kato : 2005年7月 4日 03:05

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://cachu.xrea.jp/MT/mt-tb-1328e30.cgi/464

コメント

コメントしてください




保存しますか?