« PC-MW70J de Linux #2 | メイン | 一応ひとこと »

2005年7月31日

PC-MW70J de Linux #3

Category: Linux

[-> 目次]

(2007/07/15)この記事を標的としたスパムコメントが多いのでコメント受付を停止します

昨日書きましたように VineSeed から Vine 3.1 の環境に戻しました。昨日の試行錯誤の時には音を出すことをあきらめたのですが、音が出るようになりました。

情報を集めていたときには RealTek からドライバが公開されている情報を知ったのでそこからファイル(linux_r32.zip)をダウンロードしてモジュールを作成したのですが、そのパッケージのサンプルの module.conf に書かれている snd-azalia モジュールが作成されないので、昨日の段階では無理と判断していました。

昨日の試行錯誤をしているとき、kernel 2.6.x のコンパイルも行ったのですが、その時に Intel High Definition Audio を選択可能になっていました。でも、やはり snd-azalia がなかったのですが、よくよく見てみるとどうやら snd-hda-intel にモジュール名が変わったようです。そのことに気づいた今日、よく見てみると最新の ALSA (1.0.9b) には snd-hda-intel はあるようです。

なので、 VineSeed より alsa-lib-1.0.9-0vl2 と alsa-utils-1.0.9a-0vl2 の SRPM をダウンロードしてリビルドしてインストール。alsa-utils のインストール時 alsa-driver がないよと怒られるのですが、なぜか VineSeed の alsa-driver は古かったので、とりあえず --nodeps で強制インストールしました(alsaconf を動かしたいだけですので)。

そして、せっかくダウンロードをしていたので RealTek のページよりダウンロードをした linux_r32.zip を展開してコンパイルしてモジュールをインストールしました。ちなみにlinux_r32.zip の中身は1.0.9rc4 相当のものでした(diff を取ったわけではないのでチューニングされているかもしれませんが…)。alsa-driver の最新が上がればそれを利用すればよいような気がします。

(2005/09/23 追記)
Alsa Driver 本家よりダウンロードできる alsa-driver (執筆時 1.0.9) でも音が出ることを確認しました。(追記ここまで)

そして snddevices を実行してデバイスファイルを作成後 alsaconf にて必要なドライバのチェックを行ったところ、きちんと Intel High Definition Audio を認識してくれました。その後のチェックも無事に通過しました。一応再起動をしてモジュールが組み込まれることを確認しました。

まずは CD が聴けるかということで CD を入れたときに立ち上がるプレーヤー(gnome-cd ?)では音が出ませんでした。あれ?では Grip では…やはり出ない。やっぱり音は出ないのかとがっかりをしていたのですが、ふと xmms ではどうだろうと思って確認をしてみたら音が出ました。ちゃんと MP3 も聴けます。どうやら ALSA で音を出す仕組みをもうちょっと知らないとだめなようです。まぁ、Grip では MP3 に変換するだけですので xmms で音が出ればよいのですけどね。あ、あとまだ入れてないですが mplayer や xine でも出て欲しいです。

あとはハードディスクの問題だな。これはなんとかなるのかなぁ。

余談ですが、 Intel から配布されている i915GM 用のグラフィックドライバを試してみました。Intel のサイトの説明を読みながら進めてみました。いろいろ試行錯誤をしながらもコンパイル、インストールが出来ました。置き換えの agpgart.o は ERROR とか書かれていましたが…

一応再起動後、 X を再起動したら…立ち上がりませんでした。なので、前の状態に戻しておきました。うまく行かない原因などはとりあえず放置します。もし分かりましたら報告をします。

投稿者 kato : 2005年7月31日 06:05

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://cachu.xrea.jp/MT/mt-tb-1328e30.cgi/480