« Linux de H10 | メイン | orz... »

2005年8月29日

第1回 玉祭「ウタイメ」@札幌クラップスホール

Category: 音楽

昨日、玉光堂主催のライブイベントに行ってきました。大竹佑季、諫山実生、YuU、より子の4人(出演順)がそれぞれ30分程度ずつ歌う(途中休憩時間もはさんだので)合計2時間半強のイベントでした。各アーチストの持ち時間が30分というのは私の予想にぴったりでした。基本的には大竹佑季目当てで参加しました。YuU、より子に関しては予習全くなしで聴くことになりました。

まず大竹佑季さんから。持ち歌はミニアルバム「GREENSLEEVS」収録曲しかありませんので、その中から4曲と最後に9月発売の新曲「tell me how」を歌いました。イベント慣れしていないせいか黙々と歌って少ししゃべってという感じでした。彼女の生歌は初めてでしたが、とっても綺麗な声でした。新曲は本人も仰っていましたがアレンジが壮大で、歌い上げるような曲でした。聴いていてフルオーケストラで聴いてみたいなぁと感じた。ついでに言えば売れるのかなぁ…とも ^^; いや、いい曲だと思ったのですけどね。一般受けするのかなぁと。

次は諫山実生さんでした。このイベントに参加をするためだけに彼女の CD を買いましたので、予習はかなりさらっとという感じです。彼女はデビュー丸3年ということ、すでに「大人」なこともあってライブにも慣れた感じでした(しゃべりも)。

3番目が YuU さん。とにかくよくしゃべる子でした。基本的に歌い上げる曲が多かったせいもあって歌う時の表情はかなり険しいのですが、曲と曲の間ではとにかくしゃべりまくっていました。福岡出身ということでかなり宣伝をされていました。福岡…といえば kazami かぁ〜なんて思い、雰囲気も似ているなぁとも思いました。まぁ、福岡の女の子というくくりにするつもりはないですけどね。今回彼女を知ることが出来たことが一番の収穫かもしれません。歌い上げる曲は苦手なのですが、中には重たいリズムのおしゃれな曲もあって良かった。きちんとしたライブでもう一回聴きたいと感じました。

トリを飾ったのはより子さん。本人の言葉通り相当緊張していました。でも、しゃべりまくっていました。やはりラジオなどの経験がある人はしゃべりがうまいですね。この人も歌い上げる感じの曲が多かったです。そういう意味ではやはり全体的に苦手なタイプの曲を多く聴いたということになります。

その後はポスター抽選会が行われ全員(客も含む)で上を向いて歩こうを合唱で締められました。で、会場での CD 即売会でなんと本人たちがいるではありませんか!是非大竹さんと会話を!などとも思ったのですが、唯一出しているミニアルバムは持っているため、近づくことも出来ませんでした。アイテムが1枚ということもあって彼女は暇そうでした ^^; しかし間近で見ても目大きいしお人形さんみたいだ。

ということで大竹さんを諦め、YuU さんの CD を買おうかどうかを悩むことに。というのも CCCD であったこと、そして何よりもこれを買ってしまうと財布からお札がなくなってしまうため相当悩みました。まぁ、でも本人から手渡してもらうなんてもう2度とないだろうし…ということで買う決断をしたのですが、心が重く、ついリアルに財布を見てため息をついてしまった ^^; スタッフの人に「ため息をつかない!」と注意されてしまった。YuU さん、ごめんね。まぁ、特に話すこともないので手渡してもらって終了(握手も別にいらない…というかしそうな雰囲気なかったけど)。

今後も玉光堂はこのようなイベントをやるらしい。個人的にはもう少し楽器が入ってくれるとありがたいかなぁという気がした。ま、スタッフ一同を見る限り相当頑張っているなぁというのが見て取れた。なので、司会のおにいちゃんにお疲れ様と声をかけて会場を後にしました。

以上、ただの日記に近い内容のないレポでした。

投稿者 kato : 2005年8月29日 19:43

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://cachu.xrea.jp/MT/mt-tb-1328e30.cgi/502

コメント

コメントしてください




保存しますか?