« 2005年8月 | メイン | 2005年10月 »

2005年9月25日

久しぶりに POV-Ray を使ってみた

Category: 教育

POV-Ray

たぶん自己満足のような気がしますが空間図形を作るために久しぶりに POV-Ray を使ってみた。必要に迫られた時にしか使わないから、マニュアル等を見ないとまったく使い方が分からない…。

まぁ、この程度出来ればいいかな。作り始めと最後で作品のレベルが違う気がしますが、それはご愛敬(ここでは紹介しませんが)。

投稿者 kato : 23:52 | コメント (0) | トラックバック

三枝夕夏 IN db 「FILM COLLECTION VOL.2」

Category: CD/DVD

  1. 眠る君の横顔に微笑みを
  2. へこんだ気持ち 溶かすキミ
  3. 笑顔でいようよ
  4. いつも心に太陽を
  5. 飛び立てない私にあなたが翼をくれた
  6. ジューンブライド 〜あなたしか見えない〜
  7. Shocking Blue
  8. Because I love you, good-bye street
  9. 君の瞳の中はミステリー
  10. Hand to Hand
  11. 青春の空
  12. Seasons
  13. いつも心に太陽を
  14. 飛び立てない私にあなたが翼をくれた

三枝夕夏 IN db の PV 集第2弾で最新シングルまでの PV とアルバム販促用の PV、さらには撮り下ろしの PV が収録された DVD です。また、ボーナスとして「RINA AIUCHI VALENTINE LIVE 2005」からのライブ映像が3曲収録されています。

PV をフルで聴いたことがあるのは M-6 だけなのでとてもありがたい DVD です。新たに撮り下ろした M-11 は美瑛で撮影だそう。この前札幌にファンミーティングに来た時に撮影したのでしょう。美瑛は行ったことがあるので、作品を見ながら「あぁ、あそこかな」とか違った楽しみがありました。

ライブ映像で初めて聴くカバー曲 M-12 ですが、今までで一番英語の発音がひどかったような気がする ^^; やっぱり曲覚える時の歌詞カードがカタカナなのかなぁ。何度か歌えばこなれてくるのかなぁ。オリジナルの M-13,14 はキーが下がっていました。何故1年も経たないうちにキーを下げるのだろう。シングルの時には無理をしているのか、たくさん曲を歌う時に無理をさせないのか。はたまた演奏上の事情なのか分かりませんがイマイチ納得がいかない。

最後にジャケットの裏ですが、車谷さん顔がネクタイで隠れて可愛そう。ネタなのかもしれませんが。

投稿者 kato : 10:07 | コメント (0) | トラックバック

2005年9月23日

道頓堀川に飛び込むのなら

Category: 雑記

もうすぐ阪神の優勝が決まるので道頓堀川に飛び込む飛び込まないが問題となってきます。asahi.com に以下の記事がありました。

学生らの水質調査では、100ミリリットル当たり1万8000個以上の大腸菌が検出された。海水浴場の「不適」基準の18倍以上。菌をシャーレに増殖させた写真などをチラシにして配った。

「下水で泳ぐようなもの」 道頓堀川は大腸菌だらけ ー asahi.com

こういう記事を出しても結局は飛び込む人が出るでしょう。個人的に思うのですが、飛び込まないように呼びかけるよりもむしろ「飛び込める」よう道頓堀川浄化作戦などをしてはいかがでしょうか?飛び込み志願?の人達を集めて清掃作業を行うなどを定期的に行うようにして川自体を綺麗にするというのは無理かなぁ。まぁ、生活用水などが流れているでしょうから無理なのかもしれませんが、ポジティブに考えてみるのもよいのではないかなぁ。

投稿者 kato : 21:44 | コメント (2) | トラックバック

PC-MW70J de Linux #9

Category: Linux

新規に VineLinux 3.2 をインストールする場合

[-> 目次]

試してはいないので本当かどうかは分かりませんが、新規に Vine 3.2 をインストールする場合、インストールをするだけならば問題なく出来ると思います。ただし X で 1280x800 の表示、ハードディスクの DMA 転送、音に関してはやはり無理だと思いますので以下に解決方法を。

■ X で 1280x800 表示

/etc/X11/xorg.conf を 対応した xorg.confに差し替えるだけです。

参考 URL(サイト内):
Vine 3.1 のインストール

■ ハードディスクの DMA 転送

Vine 3.2 でも残念ながらチップセットを認識しないために HDD の DMA 転送を行わないため、実用になりません。そこで チップセットを認識させるパッチをあててカーネルを再構築します。

参考 URL(サイト内):
HDD DMA 転送の設定(カーネルの書き換え)

■ 音の設定

(おそらく)alsa-driver 1.0.9 より Intel High Definition Audio に対応していますが、Vine 3.2 同梱されているものは 1.0.5 のため音が出ません。 VineSeedPlus に alsa-lib, alsa-utils の 1.0.9 はあるのですがなぜか alsa-driver は 1.0.5 のままです。なので、Alsa Project 本家より alsa-driver 1.0.9 をダウンロードして展開後

# ./configure # make # make install

でモジュールをインストール後

# snddevices # alsaconf

にて設定をすれば /etc/modules.conf に必要な設定が書かれると思います。ただし、alsaconf を実行するには alsa-utils パッケージをインストールしておく必要があります。

参考 URL(サイト内):
音の設定(ALSA の導入)

投稿者 kato : 17:56 | コメント (0) | トラックバック

PC-MW70J de Linux #8

Category: Linux

VineLinux 3.2 へのアップグレード

[-> 目次]

VineLinux が 3.2 になりました。 3.2 からは i915GM がサポートされるようになったので、X 周りの設定を苦労する必要はなくなります。ということで 3.1 からアップグレードしました。

X 周りの再設定をすることを想定して /etc/inittab を編集してランレベルを 3 に変更しました。次に apt の設定を 3.2 に変更をして

# apt-get update # apt-get dist-upgrade

としてアップグレード完了。ただし、カーネルは以前のままです。ここで一旦リブートをします。再起同時に kudzu が X を認識してくれますので X の設定をします。ただし、ここでは 1280x800 の設定は出来ないのでとりあえず 1024x768 にしておきました。結局 xorg.conf は以前紹介したものにそのまま差し替えました。起動後、

# apt-get update # apt-get upgrade

をすると今度はカーネルがインストールされます。 /etc/lilo.conf を書き換えて新しいカーネルで起動するように設定後、再び再起動しました。チップセットの認識もしてくれるのでは?と期待をしましたが残念ながら認識しませんでしたので、以前公開したパッチをあててカーネルを再構築しました。その後 alsa-driver を再インストールをして音も無事に出るようになりました。

参考 URL(いずれもサイト内):
Vine 3.1 のインストール
HDD DMA 転送の設定(カーネルの書き換え)

投稿者 kato : 17:20 | コメント (0) | トラックバック

柴田淳 「Single Collection」

Category: CD/DVD

  1. 僕の味方
  2. それでも来た道
  3. 月光浴
  4. 片思い
  5. 隣の部屋
  6. ため息
  7. あなたとの日々
  8. 未成年
  9. ちいさなぼくへ
  10. 白い世界

柴田淳の今までのシングルをすべて収録したベストアルバムと PV集の第2弾「しば漬け2」が同時発売されましたので購入しました(ついでに「しば漬け」も購入)。彼女のことは前から知っていたし、音楽番組で PV の一部を見たことがあるのですが作品は1枚も購入していませんでした。ベストが私にはよい機会でした。ただ、すでに彼女のファンな人にとって見ればまったくうまみのないものな気がします。

CD よりも先に全曲を DVD の方(しば漬け/しば漬け2)で聴きました。1曲1曲はよい曲だなぁと思うのですが、通して聴くと私にはちょっとつらいかな。そう感じるのはアップテンポな曲がなくてバラエティーさにかけるからかなと思います。しば漬けの特典映像のバックで流れていた曲は結構アップテンポだったので、そのような曲がシングルとして発表されればなぁと感じました。

某番組の MC を見る限り性格的には明るそうなので、変化をつけるという意味でもアップテンポな曲もありなのでは?と思います。おそらくアルバムにはそのような曲も収録されているのでしょうが、シングルにもそのようなものがあっても欲しい、そう思っている人は他にもいるのでは?

投稿者 kato : 15:08 | コメント (0) | トラックバック

2005年9月22日

Holidays on Ice 「PLAYING BOYFRIENDS AND GIRLFRIENDS」

Category: CD/DVD

  1. HOLIDAYS
  2. SAILOR GIRL
  3. GET UP AND FALL DOWN
  4. SPELL HAPPINESS
  5. GUANA BANANA
  6. LOVE IS FASHION
  7. GOOD DAY
  8. FINGERS CROSSED
  9. DIAMOND IN THE MINE
  10. HERE COMES YOUR RIDE
  11. SLEIGH

Frente! のボーカルアンジーハートが参加しているユニット「Holidays on Ice」の CD がようやく届きました。9/5 に注文をしたので20日弱か。最も発送になったのは 9/16 のようですので、約1週間かかったということか。値段は送料込みで 32オーストラリアドル(日本円では約2750円)でした。

ということで早速1回通して聴いた感想を。曲の雰囲気が Frente! や Splendid のそれとは結構違っていました。静かなめの曲が多いという点では共通なのかもしれませんが、アコースティックな感じがそれほどなくふんわりとした感じの曲が多かったように思われます。これにはまるかどうかはちょっと微妙なところ。正直に言えばアンジーハートが参加していなければ、買うことはなかったでしょう。

CD には歌詞カードがない…と思ったら1ページ分にすべての曲の歌詞が凝縮されていて少しびっくり。問題はその歌詞が読みづらいところか。まぁ、あまり歌詞を見る気はないのでよいのですけどね。ちなみにアンジー以外の人は

がメンバーのようです(Web サイトによれば。でも、CD には Tracy Ellis (knievel)の名前もある…)。彼等の音楽性などがミックスされているために Frente! 色が弱いものになっているのでしょうねって他の人達の作品はまったく知りませんが。

ジャケットの絵と Web サイトがとっても可愛いです。

参考 URL:
Holidays on Ice

投稿者 kato : 17:00 | コメント (0) | トラックバック

2005年9月21日

GMT 矢羽根パッチ備忘録

Category: 科学

別サイト(こちらからリンクをはる気なし)で公開をしているのでここで書くことではないのですが、備忘録として残しておきます。

本日フランスの方(…だと思う)から矢羽根パッチの修正をしたというメールを頂いた。どうやら南半球で矢羽根の方向を変えるようにしたらしい。ということで、この修正を有り難く取り込む予定。とりあえず GMT-4.0 と GMT-3.4.5 にだけ対応することにしよう。

あと、英語ページにも GMT-4.0 へのパッチを公開せねば。というかフランスの方、よく日本語ページからパッチを持っていったな ^^; まぁ、ファイル名で想像つくか。

参考 URL:
THE GENERAL MAPPING TOOLS

投稿者 kato : 00:08 | コメント (0) | トラックバック

2005年9月19日

ExifInfo.pl 開発覚え書き

Category: Perl

Adobe 社が提唱する統一 RAW フォーマット(DNG) がリコーの GR DIGITAL に採用されるので、ようやく?調べたところその仕様が PDF でダウンロードできるようです(残念ながら英語のみですが)。ということで、早速ダウンロードしました。

ざっと見てみたところ TIFF 形式の拡張のようです。なので、現在の ExifInfo.pl でもデータ自体は読めました。ただ DNG で定義されているタグに関するデータベースがありませんので、その部分を追加する必要がありそうです。暇を見つけてやるとしよう。

翻訳作業が難航しそうだなぁ。やっぱり PhotoShop Elements を買うべきかなぁ。誰か買ってくれないかなぁ…

参考 URL:
Digital Negative (DNG)

投稿者 kato : 22:57 | コメント (5) | トラックバック

植田まさし風 似顔絵ジェネレーター

Category: 雑記

作者をただただ尊敬致します。

参考 URL:
植田まさし風 似顔絵ジェネレーターVer2.0 (■裂斬ブログ■)

投稿者 kato : 22:17 | コメント (0) | トラックバック

本日購入した紅茶

Category: 紅茶

正確には先週の金曜日に購入したのですが…

購入店:ルピシア
■ 1207 GOOMTEE 05-DJ48 FTGFOP1
■ 1210 THURBO 05-DJ194 FTGFOP1

今年のダージリン 2nd フラッシュはこれで打ち止めかな。

投稿者 kato : 02:04 | コメント (0) | トラックバック

2005年9月16日

びっくり

Category: 雑記

本日某飲み会に参加。最初にビールの注文をした時に店員のおばちゃんに

「(年齢的に)お酒大丈夫なのですか?」

と聞かれた。基本的には若く見られるのですが、そこまで若く見られたのにはかなりびっくり。というか平均年齢が高い飲みだったので、相対的な問題な気がします。

投稿者 kato : 22:49 | コメント (0) | トラックバック

2005年9月15日

M氏を召還できるか?

Category: 雑記

M坂の日記にいちごミルク味の魚肉ソーセージを食した感想が紹介されています。

で、質問です。それはジンギスカンキャラメルとどちらが許せるの?

投稿者 kato : 18:15 | コメント (2) | トラックバック

2005年9月13日

GR DIGITAL 発表

Category: カメラ

本日リコーの渾身作?のデジカメ GR DIGITAL が発表されました。

デジタルカメラの新製品として、有効813万画素CCDに加え、新開発の高性能レンズや画像処理アルゴリズムなどにより、周辺部までの優れた解像力、低ノイズ、低色収差などを実現したプロフェッショナル向け高画質コンパクトデジタルカメラ「GR DIGITAL(ジーアール・デジタル)」を開発し、新発売いたします。

(ニュースリリースより)

もう少し詳しい仕様はこちら。

有効記録画素数は813万画素で撮像素子には1/1.8型原色CCDを採用。35ミリ換算の焦点距離が28ミリ・F2.4の明るい単焦点レンズを搭載した。レンズの絞り羽根は7枚。周辺部まで均一な写りを実現できるよう、レンズ群の光軸を1台づつミクロン単位で調整したという。

(IT PLUS)

引用ではないすべての仕様に関してはリコーのページを参考にして下さい。

いくつかのニュースサイトではサンプル画像も上がっています(本家ではまだですが)。それを見る限りでは悪くない印象。参考 URL にもありますが、将来 CCD の交換サービスをするかもしれないという見越した仕様にしてあるのは非常に興味深いです。まぁ、世の中の流れが速すぎて結局仕様だけで実現しないという可能性が大いにありますが。

現在コンパクトデジカメを持っていないこともあって欲しいなぁと思うのですが躊躇をするのは光学ファインダーがついていなくてオプションだということです。私は電池の持ちの方を気にする人ですので液晶はほとんど使いません。考えが古い人なのかもしれませんが、ファインダーをのぞかないと落ち着きません。そもそも液晶を見ながらの撮影は手ぶれを起こしやすい気もしているので、液晶よりもファインダーの方が個人的には重要。一応オプションとしてつけられるのですが、定価 23,000円は高すぎかと。

まだ情報が出だしたばかりですし、もの自体β機のようですので今後様々なサンプルが見られるようになると思います。まだ低感度の画像ばかりですので高感度ではどうなのか、とか RAW 画像はどうなのかとかを見て本当に買いたい!と思えるかどうかを考えることになると思います。ま、いずれにせよ発売日に買えるほど財力はないのであれこれ悩む必要はないのですけどね ^^;

参考 URL:
ニュースリリース
製品情報
GR ブログのリリース情報
リコー、28mm F2.4レンズを搭載した薄型高級コンパクト機「GR DIGITAL」 (デジカメ Watch)
【1st Shot】リコー GR DIGITAL(β機)実写画像 (デジカメ Watch)
リコー、高級コンパクトカメラ「GR」をデジタルで復活 (IT PLUS)
リコー、デジカメの撮像素子を交換できるサービスを検討 (IT PLUS)

投稿者 kato : 18:27 | コメント (2) | トラックバック

2005年9月12日

集まる会延期

Category: 音楽

五味美保さんの誕生日を祝うイベント「集まる会」が延期になるそうだ。今年は万博内で行うことを予定していたのですが、一定数を確保できずに開催が出来なくなったとのこと ^^; いったい何人が申し込んだのだろう。そして、何人が最低必要だったのだろう。

これだけでは寂しいので、よいニュースも。オリジナル DVD が10月に出るらしい。予約が出来るようなので頼まねば。でも2000円ということは何分収録なんだろう。ついでに?ではないですが、彼女の PV をまとめた DVD が発売されて欲しいなぁ。

参考 URL:
五味美保 HP

投稿者 kato : 18:08 | コメント (0) | トラックバック

2005年9月11日

Vine 3.x 用 RPM の更新

Category: Linux

Vine 用 RPM パッケージの更新をしました

更新:
■ easyh10

1.0b6 からパッチの当たっていない libid3tag でも大丈夫だそうですが、安全?のため前回と同様パッチの当たったもので作成をしています。

投稿者 kato : 05:34 | コメント (0) | トラックバック

2005年9月 8日

筋肉痛

Category: 雑記

昨日相当久しぶりにバスケットボールをした。したといっても30分程度でしかもかなり遊び程度だったのですが、数時間後には筋肉痛に襲われた。やはり相当体がなまっているらしい。それでもすぐに筋肉痛になっただけよいのかな?

ま、打つシュートがことごとくショートしたということで筋力も落ちていることを実感してしまった…あとジャンプ力も、、、

投稿者 kato : 17:59 | コメント (0) | トラックバック

来る時はなぜか連続する

Category: 雑記

数日前私が公開しているスクリプト ExifInfo.pl に関する英語による問い合わせが来たのですが、昨日も easyH10 の RPM パッケージに関する英語による問い合わせが来た。以前もそうだったのですが、海外から問い合わせ(や要望)のメールを頂く時はなぜか短期間に集中してやってくる。ちなみに両者は .ch (スイス)ドメインと .cz (チェコ)ドメインなので、たぶん別人(いや、もちろん From 行の名前も全然違っていますが)。分散するよりも集中してくれた方が返事をする立場としては楽だからいいのですが、とにかく不思議だ。

ExifInfo.pl に関しては返事に対するお礼のメールが来たのですがなぜかそのメールがフィルタ機能にてスパム判定されてしまっていました。ん?ということは、スパム判定されて気づかない重要なメールもあるのかなぁ…。注意はしているのですが、気をつけねば。特に英語のメールだと気づく率が低そうなので…

投稿者 kato : 07:26 | コメント (0) | トラックバック

2005年9月 6日

PXC300

Category: 音楽

ノイズキャンセラー機能付きヘッドホン PXC300 (SENNHEISER製)を店頭で見かけました。試してみたらいい感じでしたので思わず購入してしまいました(痛い出費だ)。以前からチェックをしていた製品なのですが、耳を完全に覆うわタイプではないのでノイズキャンセルの効果が不安で確かめてからでないと買う気が起きませんでした。

同社の前作 PXC250 と比べてノイズキャンセル効果が向上したという謳い文句通り、ノイズキャンセル機能を有効にするとすっと静かになります。MDR-NC11A ではうるさいくらいだったホワイトノイズも気にならない大きさでした。JR とバスでどのくらい有効かを確認するために、iriver 社のポータブルオーディオプレーヤー H10 のボリュームを 10 にして利用してみました。駅のホームではつけない時と比べると圧倒的に静かなのですが、音楽を聴くにはつらいかも。低音部はほとんど聞こえず、高音部も不安定な音がします。まぁ、それでもメロディーが認識できるのは立派か。電車内になるとかなり聴けるようになる。もう少しボリュームを上げたくはなりますけどね。電車環境に関しては耳栓タイプの MDR-NC11A の方が音楽を聴けるというのが正直な感想です。耳栓タイプおそるべし。最後にバスではかなり快適に聴けます。車内の空調の音は消えます。

音についてですが、ノイズキャンセル機能を有効にしない時には中域が弱い感じでお世辞にも良い音とはいえなかったのですが、ノイズキャンセル機能を有効にした際はその部分が増幅?されまとまりのよい音になりました。多少はイマイチ感が残るものの MDR-NC11A と比べると格段によい音ですし、今まで利用していた安いヘッドホンと比較しても全然よい音ですのでかなり満足です。

副作用というわけではないのですが、PXC300 を利用するようになって MDR-NC11A のノイズキャンセル効果があるのかどうかがよく分からなくなってしまいました。そのくらい PXC300 がすごいのか MDR-NC11A がしょぼいのかはよく分かりませんが。PXC300 でこういう感想を持つのならば Quiet Comfort2 を装着した時にはいったいどのような感想をもつのやら。

PXC300 は研究の際の集中のお供として利用する予定で、MDR-NC11A の方は移動時にまだまだりようする予定です。あ、でも飛行機を利用する場合は PXC300 の方を利用するかな。

投稿者 kato : 22:07 | コメント (0) | トラックバック

じゅ〜じゃん

Category: 雑記

orz... orz... orz...

投稿者 kato : 22:05 | コメント (0) | トラックバック

ExifInfo.pl

Category: Perl

本来の目的とは若干違ってきているのですが、ExifInfo.pl で RAW データも読めるようにする作業を細々と行っています(忙しいのでほとんど何もしていませんが…)。現在のバージョンでも TIFF 形式で書かれている RAW データは読むことが出来ます。具体的には

■ OLYMPUS (.orf)
■ KONICA-MINOLTA (.mrw)
■ NIKON (.nef)
■ CANON (.cr2)
■ PENTAX (.pef)

については現在公開されている ExifInfo.pl で読むことが可能です(括弧内は拡張子)。ただし、 α-sweet D の RAW には対応していません。

次回更新の ExifInfo.pl では新たに

■ FUJIFILM (.raf)
■ KONICA-MINOLTA α-sweet D

のデータを読めるようになります。また今後のことも考えて、RAW データを読む部分もメーカーノート同様プラグイン化することを検討しています。

まったく関係がないのですが、本日海外の方から ExifInfo.pl に関するメールを頂いた。ExifInfo.pl の説明のページは日本語すら放置状態なのですが、英語も書いた方がいいんだろうなぁ…と感じました。そんな余裕…あるのかしら。

投稿者 kato : 21:30 | コメント (0) | トラックバック

宣伝トラックバック

Category: 雑記

トラックバックは人のサイトに自分のサイト(に書いてた記事)へのリンクを貼ることであるので、使い方によっては宣伝目的に使うことも可能になる。宣伝目的とはトラックバック先のサイトの記事はどうでもよくて、自分の記事を読ませるためにトラックバックだけを送るというものです。そのため、トラックバック先へ行ってもどうしてトラックバックを送ってくれたのか不明なものがあります。

こちらからリンクなどはしませんが 9/5 に宣伝目的のトラックバックがやってきました。はっきりいってこういうのは不快になります。「ドラえもん」というキーワードだけでトラックバックをして、宣伝をしようという魂胆がまるわかりです。

ちなみに、トラックバック送信元の記事にあるドラえもんのラジコンを知ったのはどこかのテレビ番組です。確かにすごいなぁと思ったのですが、それよりも感じたのはやはりタケコプターの大きさで飛ばすことは不可能だということの再認識でした。夢がないと言えばそれまでですが…

参考 URL (トラックバックを送ってくれたところではありません!):
ドラえもんが空を飛ぶ R/C空とぶドラえもん

--
【9/8追記】
あえてトラックバックを消さないと書きましたが、やはりトップにリンクが貼られていることにあまり気持ちよさを覚えませんので削除致しました。

投稿者 kato : 17:59 | コメント (0) | トラックバック

2005年9月 5日

また新たなユニットが…

Category: 音楽

Frente! のボーカル、アンジーハートによる新しいユニットが出来ているみたいだ。ユニット名は「Holidays On Ice」でアルバムも出したっぽい。来年くらいに Frente! 名義でアルバムが出るというのはどうなったのだろう。

とりあえずアンジーハートの Web サイトより注文できるようなので、注文をしましたがどのような曲なのかは届いてみないと分からない。

参考 URL:
Angie Hart

投稿者 kato : 19:16 | コメント (0) | トラックバック

本日購入した紅茶

Category: 紅茶

レピシエと緑碧茶園がくっついてルピシアになってから初めて購入。そもそもなんで分ける必要があったのだろう…

購入店:ルピシア
■ 4300 DIKSAM FTGFOP1

ディクサムはアッサムの普段飲む紅茶の定番です。

投稿者 kato : 19:11 | コメント (0) | トラックバック

2005年9月 3日

YuU 「Time with YuU」

Category: CD/DVD

  1. with U 〜Interlude I
  2. love is...
  3. 風の詩 〜Windy Tales〜
  4. Honey Bee
  5. Poughkeepsie
  6. ふたりの街で
  7. Not Alone
  8. 4U 〜Interlude II
  9. Waiting for your kiss
  10. Delicious day
  11. 琥珀月

彼女が参加したライブイベントで初めて知りました。最初は歌い上げる感じの歌だったこともあってあまり好みではなかったのですが、間の MC での生き生きした表情にひかれました。また M-9 がすごくダンサブルな曲でそれに絡むギターが格好良くて、アルバムを通して聴いてみたいと感じるようになりました。ま、本当の理由はイベントの後に本人自ら手売りしていたからなのですけどね ^^;

一通り聴いてみて、良くも悪くもライブ時の印象とあまり変わりませんでした。一番気に入ったのはやはり M-9 ですし。やはり歌い上げるのは個人的にいくら上手くても苦手ですのでヘビーローテーションになることはないような気がしますが、ライブがあったら必ず行くと思います。

投稿者 kato : 02:17 | コメント (0) | トラックバック

谷村有美 「FEEL MIE SPECIAL 1993 愛する人へ 〜A MON COER〜」

Category: CD/DVD

  1. この夜に
  2. SOMEBODY LOVES YOU
  3. 走れ!パンプス
  4. SECOND LOVE 〜二番手の恋〜
  5. 分かれても友達
  6. 一緒に暮らそう
  7. 好きこそものの上手なれ
  8. 最後の KISS
  9. それでもあなたを愛してる
  10. あなたと生きてく
  11. いちばん大好きだった
  12. ときめきを Believe

Feel Mie の DVD 化シリーズの第4弾です。調べたわけではないので憶測ですが、彼女の全盛期の頃だと思います。また、曲調の転換期でもあるような気がします。この後の作品(CDのお話)はだんだん詩の内容が重たくなっていくと同時になんとなく行き詰まっているなぁという感じが見えてくるようになってきました。

DVD の印象ですが「おぉ!髪切った!!」。いや、髪をばっさりと切ったことは当然知っているのですが、映像で見たせいもあってかなんとなく新鮮でした。それ以外は…ごめんなさい、まだ1回しか見ていない上に映像はほとんど見ていませんでした(なら書くなよ)。

投稿者 kato : 02:07 | コメント (0) | トラックバック

Earl Hooker 「BLUE GUITAR」

Category: CD/DVD

  1. Will My Man Be Home Tonight
  2. Oh Mama
  3. Calling All Blues
  4. Swear To Tell The Truth
  5. Galloping Horses A Lazy Mule
  6. Blues In D Natural
  7. Universal Rock
  8. Apache War Dance
  9. Rockin' With Kid
  10. Rockin' Wild
  11. This Little Voice
  12. I Wanna Be Free
  13. That Ain't Right
  14. Blue Guitar
  15. How Long Can This Go On
  16. Nothing But Good
  17. These Cotton Pickin' Blues
  18. Off The Hook
  19. That Man
  20. The Bright Sound
  21. Win The Dance
  22. You'd Better Be Sure
  23. Crying Blues
  24. I Stay Mad
  25. Lotta Lovin'
  26. The Leading Brand
  27. Want You To Rock Me
  28. Little Be Little
  29. Don't You Ever Forget It

偉大なるブルースギタリストの一人、アールフッカーの1960-1963録音のベスト盤のような作品です。ジャケットのダブルネックギターを持って微笑む顔はとってもお茶目なおじさんという印象。まぁ、お茶目という印象は単に American Folk Blues Festival (AFBF)の DVD での映像を見てのものだと思いますが。 アールフッカーのアルバムとなっていますが、彼は基本的にはギタリストなので歌入りの曲のボーカルは別の人となっています。

AFBF でも感じたのですが、ブルースというよりはロックなものがかなり多い。まぁ、ブルースとロックに境界を設ける必要などないのですが、いわゆるロック好きが聴いても単純に格好いいと感じてくれるのではないかと思います。

解説を読むとスライドギターのテクニックがすごいということが語られていますが、たぶんこのあたりのところは実際にプレイをしている人でないとそのすごさは実感できないような気がする。私の音楽を聴く技量がないだけなのかもしれませんが。多少はギターをかじってはいるのである程度は分かるのですが、ボトルネックを利用して演奏をしたことはないので、その難しさやすごさがいまいち理解できていません。将来、ボトルネックを使うようなことがあったら彼のすごさをあらためて認識するかことになるのかも。

最近になってようやくジョンリーフッカーとアールフッカーは従兄弟の関係と知った。まだまだだな > 私

投稿者 kato : 01:37 | コメント (0) | トラックバック

THE ALFEE 「100億の Love Story」

Category: CD/DVD

  1. 100億の Love Story
  2. ZeRo になれ!
  3. 悲しみが消える時'05
  4. 100億の Love Story (Original Instrumental)

初回版には M-3 がない代わりに PV の DVD がつき、通常版には M-3 が着くという2枚買わせる戦略をとった THE ALFEE の新作は無事にオリコン初登場 4位と記録がとぎれなかったみたいです。私は通常版だけを…と思ったのですが発売日にどこを探しても通常版が見つからずやむなく初回版を購入、後日通常版を店頭で見かけるようになってから買い直しました。ということで策略に見事はまった人です。

久しぶりに高見沢さんのバラードがシングルとして出たわけですが、まぁいい曲だなとは思いつつもあまり聴いていないことが個人的な評価のすべてのような気がします。どちらかといえば M-2 の方が好きです。ハードだし適度にテクニカルで格好いいし(マラソンに合うかどうかは別として ^^;)。

個人的に一番よかったと思うのは M-3 です。20年近く前の曲がスリーフィンガーで蘇るなんて思ってもいなかったので、イントロでいきなりやられました。スリーフィンガーがすごく心地よくて、買った日は何度もリプレイをしていました。

投稿者 kato : 01:24 | コメント (0) | トラックバック

Doll's Vox 「夢見るオモチャ箱〜恋する Dancing Doll」

Category: CD/DVD

  1. 夢見るオモチャ箱〜恋する Dancing Doll
  2. 夢見るオモチャ箱〜恋する Dancing Doll (instrumental)

テレビのプロジェクトということは知っていたのですが、その番組自体を見たことがないし、すでに終了していることも知りませんでした。単純に高見沢氏プロデュースということで、なんとなく気になって買ってしまいました。1曲しか入っていないのに 1,890円と高いのは CD というよりも DVD の値段ということか。

DVD の方には曲の PV(というか収録の様子?)とメンバー全員のメッセージが収められていて、約20分の内容になっています。さすがに番組を見ていないし、誰も知らないので流し見をしていたら人数が人数なので「あれ〜まだいるのかぁ」と感じてしまった ^^; ところで、メッセージでは「これからもよろしく」みたいなことを口々に言っていましたが、彼女たちに今後はあるのでしょうか?

曲の方ですが、アップテンポかつノリのいい曲で気に入りました(やはり歌唱力のない人達にはアップテンポに限りますよね…というのはナイショ)。メロディー的にはサビの部分でギターが重なってくる部分がとても格好いいと思う。ああいうアレンジが出来るのはギターな人だからなのでしょう。

投稿者 kato : 01:13 | コメント (0) | トラックバック

無事復活!

Category: 雑記

修理依頼をしたイヤホンですが、新品との交換で帰ってきました。ということは断線ではなかったということか。新品…と思ったけど取説が入っていない気が…ということは商品とは若干違うのかな。まぁ、なんにせよ復活をしたのはよかった。

まぁ、ここで書くことではないと思うし店の名誉のために店名は伏せますが、修理依頼を出した時の店員さんの態度悪かったなぁ〜。「どうせ扱いが悪くて断線したんでしょ」という雰囲気が漂っていた。クレーマーに見えたのかなぁ。

投稿者 kato : 01:04 | コメント (0) | トラックバック