« PC-MW70J de Linux #8 | メイン | 道頓堀川に飛び込むのなら »

2005年9月23日

PC-MW70J de Linux #9

Category: Linux

新規に VineLinux 3.2 をインストールする場合

[-> 目次]

試してはいないので本当かどうかは分かりませんが、新規に Vine 3.2 をインストールする場合、インストールをするだけならば問題なく出来ると思います。ただし X で 1280x800 の表示、ハードディスクの DMA 転送、音に関してはやはり無理だと思いますので以下に解決方法を。

■ X で 1280x800 表示

/etc/X11/xorg.conf を 対応した xorg.confに差し替えるだけです。

参考 URL(サイト内):
Vine 3.1 のインストール

■ ハードディスクの DMA 転送

Vine 3.2 でも残念ながらチップセットを認識しないために HDD の DMA 転送を行わないため、実用になりません。そこで チップセットを認識させるパッチをあててカーネルを再構築します。

参考 URL(サイト内):
HDD DMA 転送の設定(カーネルの書き換え)

■ 音の設定

(おそらく)alsa-driver 1.0.9 より Intel High Definition Audio に対応していますが、Vine 3.2 同梱されているものは 1.0.5 のため音が出ません。 VineSeedPlus に alsa-lib, alsa-utils の 1.0.9 はあるのですがなぜか alsa-driver は 1.0.5 のままです。なので、Alsa Project 本家より alsa-driver 1.0.9 をダウンロードして展開後

# ./configure # make # make install

でモジュールをインストール後

# snddevices # alsaconf

にて設定をすれば /etc/modules.conf に必要な設定が書かれると思います。ただし、alsaconf を実行するには alsa-utils パッケージをインストールしておく必要があります。

参考 URL(サイト内):
音の設定(ALSA の導入)

投稿者 kato : 2005年9月23日 17:56

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://cachu.xrea.jp/MT/mt-tb-1328e30.cgi/533

このリストは、次のエントリーを参照しています: PC-MW70J de Linux #9:

» VineLinux3.2とICH7RでP-ATA HDD from PowerEdgeセットアップ日記
先日、HDD2台を増設したがなぜか遅い・・・転送速度を調べると5M/Sec 即、DMAが効いていないと判断しhdparm -t -d1を実行 ---------... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年10月 3日 09:08

コメント

コメントしてください




保存しますか?