« 2005年10月 | メイン | 2005年12月 »

2005年11月22日

「クアドロマニア」聴き終わりました

Category: CD/DVD

以前購入をしたクアドロマニア全12枚をようやく聴き終わりましたので簡単な感想を。曲数が圧倒的に多いためタイトルは省略します。

まぁ、有名人ばかりだしブルース歴の浅い私が批評しても的を射ない気がしますので、単純に感じたことを簡単に書きます。

■ Big Bill Broonzy 「The Southern Blues」
彼の歌は When The Sun Goes Down シリーズにも収録されているので、知っていたことは知っていたのですが特に印象はありませんでした。しかし、雑誌 Blues and soul records の付録 CD が彼の特集だった時にまとめて聴いてはまりました。

4枚通して聴くとさすがに飽きるかなとも思いましたが、ギターが格好良いこともあってほとんど飽きることもありませんでした。戦前のカントリーブルースは本当にギターがテクニカルで格好いい。ロバジョンやチャーリーパットン、ブラインドブレイクなどを最初聴いた時に感じた「すげぇ」という感覚をやはり彼にも感じた。ギター1本(だけではない曲もありますが…)でここまで自由に表現出来るなんて素晴らしいと思います。いつか1曲だけでもコピーしたいな。

■ Lee "Sonny Boy" Williamson 「Million Years Blues」
サニーボーイウィリアムソン I 世です。彼は When The Sun Goes Down シリーズでフィーチャーされていましたので、1枚彼だけのアルバムを持っています。II 世と比べると荒削り(←失礼な表現ですね)だと感じます。まぁ、それはきっと II 世の方は American Folk Blues Festival 等で映像も見ているし時代もそれなりに新しいからなのだと思います。しかしながら I 世の洗練されていない(←だから失礼だって)曲の数々は、それ故にすごく格好よく感じる。

彼に限ったことではないのですが、ハーピストってすごいですね。最も単純な楽器の一つであろうブルースハープを自在に操れるところに、ミュージシャンだから当たり前だろという突っ込みを承知ですが感動をしてしまいます。単純な楽器故に個々の技量が如実に表れるような気がします。

うちに C のブルースハープがありますが、ひけるようになる時はくるのでしょうか。

■ Muddy Waters 「I Can't Be Satisfied」
マディーウォーターズの戦前の作品は初めて聴いたような気がします。フーチークーチーマンのようなバンドでの演奏ばかりを聴いていましたので、戦前にも歌っていたということを恥ずかしながら想像していませんでした。よく考えてみれば60年代で大御所だったのだから活動していても不思議ではありませんね。

戦前の曲はいわゆるカントリーブルースな感じなのですが、後に電化された時の面影が感じられました。そういう意味ではあまり新しさを感じなかったし、バンドの方が純粋に格好良いなという気がしました。たぶん聴き込むに従って感想も変わるのでしょうけど。

投稿者 kato : 16:50 | コメント (0) | トラックバック

岩田さゆり 「Thank You For Everything」

Category: CD/DVD

  1. Thank You For Everything
  2. ホントの笑顔 ホントの気持ち
  3. Thank You For Everything -TV version-
  4. hank You For Everything -Instrumental-

4枚目のシングルです。特に買うつもりもなかったのですが、CD店のポイントがたまっていたことと、付録の DVD を目当てで買ってしまいました。もらったポスターどうしよう…

まだ数回しか聴いていないところでの印象を。良くも悪くも古き良きアイドル曲(歌謡曲)だなぁと感じました。以前も彼女のアルバムの感想で書いたような気がしますが、最近はそういう曲も少なくなっているのでこれはこれでありかもと思います。歌に関しても、だいぶ慣れたような気がします。まだ歌で活動をするのであればもうちょっとすればそれなりに売れるような歌も出来るのではないでしょうか(と少し来たい)。

12月にはアルバムが出るらしい。そこまで無理をしなくてもいいのに。まぁ、今が彼女の旬だということか。

投稿者 kato : 16:42 | コメント (0) | トラックバック

三枝夕夏 IN db 「君の愛に包まれて痛い」

Category: CD/DVD

  1. 君の愛に包まれて痛い
  2. CaNDY LiFe
  3. へこんだ気持ち溶かすキミ 〜U-ka's 名古屋弁 ver.〜
  4. 君の愛に包まれて痛い 〜Instrumental〜

三枝夕夏 IN db 13枚目のシングルです。もうこんなに出しているのか。フライングゲットをして、その日に MP3 化をしたのですが全然聴いていませんでした。ようやく聴いたので感想を。

タイトル曲は格好良いリフが特徴的なハードナンバーです。メロディーも格好良いと思います。残念なのはボーカルの線が弱いところか。ライブで弾けた調子で歌えば大丈夫な気もしますが、 CD で聴く限り演奏に声が負けているような気がします。無理にこのようなハードな曲をやらなくてもよいような気がしてしまいます。

3曲目は彼等の人気ナンバーの一つを名古屋弁にして遊んだものですが、ちょっと無理があった気がする ^^; どうせ遊ぶならばもっと歌詞を変えてしまえばよかったのとも思います。しかし、この曲は異常に声が可愛いというか高い。違和感を非常に感じた。今のところはライブでも原キーで歌っているようですが、そのうち下がりそうだな...

こう見ると批判ばかりをしていますが、結構いいシングルではないかなと思っています。フォローになっていない気もしますが。

投稿者 kato : 16:32 | コメント (0) | トラックバック

復活!

Category: 音楽

なんと DIATONE ブランドが復活するらしいです。何年前かは忘れましたが撤退をして、その時はブランドは残すけど庶民には小売りをしないという状態だったような気がします。その後どうなったのかはよく分かりませんが、今年の12月よりインターネットによる受注のみですが復活をしました。高級機のみだそうですが、ちょっと楽しみ。いや、買えるだけのお金と生かせるだけの環境はないのですけどね。

高級オーディオメーカーの撤退ばかりが聞かれる中で復活というのは非常に嬉しいニュースです。山水も復活しないかなぁって無理か。

参考 URL:
プレスリリース
三菱電機エンジニアリング、“DIATONE”ブランドの単品スピーカーを開発――インターネットで販売 (ASCII24)

投稿者 kato : 16:22 | コメント (0) | トラックバック

2005年11月18日

あたった

Category: 雑記

昨日のことですが、DyDo の自販機でミルクセーキが売られているのを発見した。懐かしいなぁと思わず買ってしまった。おつりを取ろうとしていたらなにやら様子がおかしい。自販機から「30秒以内にもう1本を押して下さい」という声?が。そうです、当たり付き自販機だったらしく、見事当たったのです。

ということで、慌ててココアを押しました。そこで我に返ったのですが、温かい飲み物を2本手に入れても困るだけと言うことに気づきました。そのまま飲まずに持ち帰ってもよかったのですが、しばらく自販機の前で人がやってくるのを待ちました。

高校生らしき人が現れたので、声をかけて見た。すごく恐縮しつつも無事に受け取ってくれた。私にお金を渡そうとしてくれた。いい人だ。私にお金を渡したら単に選択の余地のない押し売りになってしまうことに気がつかなかったのだろうか。もちろん私はお金を受け取らなかったので両者円満だったと思う。

ただ不安なのは、ココアでよかったのかな?ということか。

投稿者 kato : 23:28 | コメント (2) | トラックバック

Vine 3.x 用 RPM の更新

Category: Linux

Vine 用 RPM パッケージを更新しました。

更新:
■ easyh10

EasyH10 の本家に SPEC ファイルを送りましたところ、採用して下さいました。ただ、作者様が RPM 作成の環境ではないということで、私の方で作成をしました。今後はどうなるかは分かりませんが…

投稿者 kato : 23:17 | コメント (0) | トラックバック

2005年11月 8日

クアドロマニア

Category: CD/DVD

ドイツのレーベル「Membran Music」より「クアドロマニア」という4枚組の CD が出ています。ブルースやジャズの有名なアーチストの曲を4枚のCD にまとめたベスト盤のようなものという感じでしょうか。書き方が下手なので誤解を与えそうなので丁寧に書きますが、各アーチストにつき4枚です。

今週の日曜日にタワーレコードで見つけてマディーウォーターズ、ビッグビルブルンジー、サニーボーイウィリアムソンを買ってきました。4枚x3人なので12枚 CD を買ってきたことになります。なぜこんなに買えるか?それは4枚組で 1,460円という破格の値段だったからです。本当はバディーガイの新作とライトニンホプキンスの CD を買う予定だったのですが、見つけてしまったものは仕方がない ^^; ということで彼等は後回しにしました。

まだ聴いていません。ようやく MP3 化が終了したところで、じっさいに聴くのはこれからです。12枚もあるので聴き終わるのはいつになるのやら。一応感想はここに書こうと思います。

サニーボーイウィリアムソンの1枚目の8曲目に「Susie-Q」という曲がありますが、これは関係あるのですか? > SusieQ さん。いや、あまりに個人的なので答えて下さらなくて結構ですが(ついでに言えばこの部分消して!と言われれば削除いたします)。

投稿者 kato : 18:16 | コメント (0) | トラックバック

2005年11月 3日

Vine 3.x 用 RPM の更新

Category: Linux

Vine 用 RPM パッケージの更新をしました

更新:
■ easyh10
■ libqalculate, qalculate-gtk

新規:
■ qalculate-bases, qalculate-currency, qalculate-units

easyh10 は最新のファームウェア(2.51)に対応した 1.2 に更新しました。

Qalculate! はバージョンが 0.8.2 に上がっていましたので更新をしました。0.8.2 よりいくつかのサブプログラムが公開されたようですので、それぞれを新規にパッケージ化しました。サブプログラムはすべて Gtk を利用しているようですので、qalculate-gtk のパッケージにまとめてしまった方がスマートのような気がしますが、今後の動きが読めないということと、単純にそのような SPEC ファイルを書くのが面倒だという理由で今回はバラバラになっています。

どなたかまとめて下さると嬉しいなぁ…なんて。ついでにいえば qalculate-kde もどなたか作ってくれないかなぁ。もっと言えばどなたかメンテナになって Vine 本家にプットしてくれないかなぁ。さらに言えば誰か翻訳してくれないかなぁ。

投稿者 kato : 23:07 | コメント (0) | トラックバック

横着するものではないな #2

Category: 紅茶

紅茶とはほとんど関係ないのですが…

ノート PC を移動させようとした時、ティーポットとマグカップ上空を通過することを分かっていたのにも関わらずよけることをしませんでした。そうしたら、コードがひっかかってポット、カップの両方とも机から落ちてしまいました。

その結果、紅茶はこぼれてしまうだけでなくティーポットが割れてしまいました(マグカップは無事)。まぁもう1個あるし、こぼしたのも紅茶なのでほぼ水と同じと思えば良いといえば良いのですが、横着をしたらダメですね。

投稿者 kato : 21:01 | コメント (0) | トラックバック

2005年11月 2日

冥王星に新たに2つの衛星が見つかる?

Category: 科学

黍若日記: 冥王星に2つの新衛星か?の記事にコメントをしようとしたのですが、出来ませんでしたのでトラックバックを利用してコメントを。といいつつ話題になった時に記事にしようと思って放置をしていたのですが…

黍若日記さんが引用されている Yahoo! 記事は微妙に正しくないような気がする。私が最初にこの話題を目にしたのは Nature からなのですが、これによれば2つの衛星(の候補 ー P1, P2)の冥王星からの距離はP2 が約49,000km(約25.5日で冥王星を1周)、P1 が約65,000km(約38日で1周)で、Yahoo! 記事の「それぞれ約44,000km」はどこからの引用なのだろう。

また、大きさも Nature によれば P1 が 55〜160km、P2 が20%程小さい 45〜130km 程度と推測されているようです。まぁ、大きさの方はまだ曖昧そうなのは確かですが。
もう少し詳しい情報が Background Information Regarding Our Two Newly Discovered Satellites of Pluto にて見られます。このページの下の方にある冥王星と衛星カロンとアメリカ大陸の大きさの比較が興味深い。そして、今回見つかった衛星の候補はその絵の P と同程度の大きさだそう。ハッブル望遠鏡が優秀とはいえ、こんな小さい?ものが分かるのかと驚いてしまう。

参考 URL (両方とも英語記事):
Two extra moons for Pluto Hubble spies tiny satellites around icy planet. (Nature)
Background Information Regarding Our Two Newly Discovered Satellites of Pluto

投稿者 kato : 21:55 | コメント (0) | トラックバック