« 2005年12月 | メイン | 2006年2月 »

2006年1月31日

DoCoMo PHS サービス終了

Category: 雑記

すでに新規を停止している DoCoMo の PHS ですが、とうとうサービス終了のアナウンスが発表になりました。来年の第3四半紀とのことですので2007年10月〜12月ということか。まぁ、覚悟をしていたとはいえいざ発表があるとやはり寂しいものですね。

私は現在2回線契約をしていて端末は 611S/642S/P-link/P-in m@ster/P in Free の5台所有しています。そのうち P in m@ster 以外は現在も利用しています。非常に便利なのになぁ。仕方がないといえば仕方ないのかなぁ。

@FreeD の契約が6月までなので、その時にどうするかが最初の悩みどころかな。まぁ、もう一つの回線は記念に?停波まで使う予定ですけどね。特に困らなければ焦って移行する必要もないですし。

参考 URL:
DoCoMo PHS の終焉 (本 blog 過去記事)
PHSサービスの終了に関するお知らせ (報道発表資料)
NTTドコモ、PHSサービスを2007年度第3四半期に終了 (CNET Japan)
NTTドコモ、2007年秋頃にPHSサービス終了へ (INTERNET Watch)
NTTドコモ、PHSサービスを来秋めどに終了予定 (slashdot.jp)

投稿者 kato : 18:25 | コメント (4) | トラックバック

Documentary on Japanese Sushi

Category: ネタ

ネタ

Documentary on Japanese Sushi (寿司に関するレポート?)

参考 URL:
finalvent の日記

投稿者 kato : 12:23 | コメント (0) | トラックバック

2006年1月30日

今度はソロアルバム

Category: 音楽

思い出したように Frente! 関連の情報を調べるのですが(調べるといってもアンジーハートのブログをみるだけですけど)、どうやら splendid! のラストアルバムを予定しているらしい。ただ、それよりも先にアンジーハートのソロアルバムの方がプライオリティが高いそうです。

Holidays On Ice としてもギグが精力的に行われているみたいで、彼女の活動は活発なのは大変有り難いのです。でもたまにしかチェックしていないせいもあって、この発散気味とも取れる彼女の行動がよく分からない。まぁ、でも今が一番楽しい時なのだろうなぁ。

参考 URL:
Angie Hart

投稿者 kato : 20:19 | コメント (0) | トラックバック

2006年1月29日

ようやく導入!

Category: Zaurus

EPWING 辞書閲覧ソフト ztenv を過去にインストールをして「スーパー統合辞書 2004」を利用しようとしたのですが、認識してくれませんでした。それ以来バージョンアップされるたびに試したり、辞書ファイルをああでもないこうでもないといじっていたのですがやはりダメということで半ば諦めていました。

今日決定的と思われるヒントを得て再び作業開始。そして無事に認識しました!答えは単純でした。 コンパクトフラッシュならば /mnt/cf/dict 以下に辞書を置くと書かれていましたので、そのようにおいたのですが実は複数の辞書を利用することを考えてもう一個ディレクトリを掘らなくてはいけなかったらしいのです。つまり /mnt/cf/dict/jisho 以下にいれなさいと(ディレクトリ名はなんでもいいっぽい)。考えてみればあたりまえですが、気づかなかったなぁ…

ということでようやく Zaurus が電子辞書としても役立つことが出来ます。リーダーズが入ったので論文読みに役立ちそうです。これで SL-C750 から C3x00 に移行する理由がなくなったな。あ、でもフォトストレージは捨てがたい…

投稿者 kato : 08:59 | コメント (0) | トラックバック

2006年1月27日

観ようと思えば…

Category: 気象

時計回りと逆回り、冬の空舞う「カルマン渦」 (asahi.com) の記事でカルマン渦を撮影したということで写真が載っているのですが正直なところよく分かりません。そもそも渦列を見るのだからもうちょっと大きなスケールで見ないとよく分からないような気がする

ちなみにきれいに見られたカルマン渦列の例は以下の通り。

いずれも衛星で見て渦列が明瞭に見られる。それと比較をして記事の写真では…どれが渦なのかがイマイチよく分からない。観ようと思えばの世界な気がする。

ところで、この記事において突っ込みどころを一つ。以下に引用文

条件が合うのは珍しく、きれいに見えるのは年に1回程度という。23日は、標高1950メートルのハルラ山がある済州島に、安定した強い北風が吹きつけた。高度1500メートル以上には雲がなく、その下の層状の雲が直径70キロ程度のカルマン渦の列をつくっていた。今季初で、その後は出ていない。

「きれいに見える」と定義しているので年1回というのは許すとして、最後の「その後は出ていない」という言葉でいかにも珍しい現象を撮影したという雰囲気を出しているのですが、記事は27日なので4日しか経っていません。そりゃあ出ないでしょう ^^;

では、撮影した時刻に宇宙から見たら?ということで15時の衛星画像(高知大)を見てみた。まぁ画像が小さいですが確かにそれらしきものが見えているようですね。これが「年に1回」規模のきれいなものかどうかはよく分かりませんが…

投稿者 kato : 22:30 | コメント (0) | トラックバック

2006年1月26日

CATV de DHCP

Category: コンピュータ

うちにはケーブルテレビがひかれている状況ですので契約をすればケーブルテレビやケーブルインターネットが利用できます。テレビはほとんど見ることはないので、インターネット接続サービスだけをと最初思っていたのですが、現在同時申し込みだと初期工事費がただ、かつ3ヶ月間無料のキャンペーン中でした。だとすれば少なくとも半年以上は両方申し込んだ方がお得と言うことで両方申し込んだ。

おかげでますます家の配線はすさまじいものになっています。それはさておき、ネットワークは DHCP 接続ですのでノート PC につないでみたところ問題なくインターネットに接続した。今までは PHS の 64kbps でしたので一気に 8Mbps に上がってかなり快適になりました。で、デスクトップの方でも試してみようと言うことでケーブルをデスクトップの方に付け替えて PC を起動…するもうまくネットワークに接続をしてくれない。

最初デバイスの問題かなと思ったのですがどうやら正常に動いているっぽい。Linux, Windows 両方から試したり、この PC は NIC 2枚差ししているので両方で試してみてもやっぱりつながらない。万策尽きた…と感じたのですが、ダメもとでモデムの電源を一度切ってからつないでみたら無事につながった!そしたら今度はノート PC の方がつながらなくなった ^^;

モデムで管理をしているのかどうかはよく分かりませんが、モデムの電源を入れて最初につないだ PC の Mac アドレスの情報を覚えているかなにかで、別の PC が接続をしようとするとその情報を解放してくれないのかうまく接続できない状態に陥るようです。

もともとデスクトップとノートの2台からと思っていたのでルータが必要なのは分かっていたのですが、早急に用意しないと不便だということを認識しました。それに割り振られる IP はグローバルだし。

デスクトップで Linux を立ち上げれば DHCP サーバーが立ち上がってルーターにすることが出来る状態にはすでになっているのですが、直接利用をしないときにも起動しているのも電気代がもったいないので、安いものでいいからルーターを買ってこねば。

投稿者 kato : 21:43 | コメント (2) | トラックバック

Buddy Guy 「Bring 'Em In」

Category: CD/DVD

  1. Now You're Gone
  2. Ninety Nine And One Half
  3. What Kind Of Woman Is This
  4. Somebody's Sleeping In My Bed
  5. I Put A Spell On You ( featuring Carlos Santana )
  6. On A Saturday Night
  7. Ain't No Sunshine ( featuring Tracy Chapman )
  8. I've Got Dream To Remember ( featuring John Mayer )
  9. Lay Lady Lay ( featuring Anthony Hamilton )
  10. Cheaper To Keep Her / Blues In The Night
  11. Cut You Loose
  12. The Price You've Gotta Pay ( featuring Keith Richards )
  13. Do Your Thing

昨年発表されたバディガイの新作をようやく購入した。彼も今年で70歳になるようなおじいちゃんなのにこの精力的な活動・プレイはどうだ。凄すぎる。もちろん今でも元気だということは昨年見た映画「ライトニング・イン・ア・ボトル」でのパフォーマンスや来日記事を見れば分かるのですけどね。CD で聴いてその凄さを改めて実感したというところです。

新作はほとんどありませんが、彼等くらいの大御所になればもうそういうものはどうてもよいような気がする(むしろそういうものに縛られて欲しくない)。曲的にはハードな物ばかりというわけではなく、またどっぷりとブルースというわけでもないのでブルースにはまっていない人でも聴きやすいような気がします。新録のブルースを聴くとやはりブルースの進化系の一つがファンクなのだなぁと感じます。このアルバムでもファンクっぽいなぁという印象を随所に感じました。

いずれにせよ、彼もあと何作出せるのか、日本に後何回来られるのか分かりませんが、出来るだけ長生きしてもらいたいものです。

投稿者 kato : 18:08 | コメント (0) | トラックバック

USER 「USER」

Category: CD/DVD

  1. Hide
  2. Do You
  3. If Only I Could
  4. You Belong
  5. To Feel
  6. Counting
  7. You Want Love
  8. Fabulous
  9. Like That
  10. Right Words
  11. Youth
  12. Inside

スウェーデンのハードポップバンド USER のおそらく1枚目の作品。どこだったかで紹介されていたのを見て試聴をすることもなく購入。曲調も考えることもなく購入をしたのは久しぶりなので聴くまではちょっとドキドキでした。

冒頭にも書きましたが、ハードポップで一般受けする感じでした。ハードポップとロックは何が違うの?と聞かれたらうまく答えられませんが私には彼女たちの曲にはポップを感じました(正確に言えばロックを感じませんでした。これはあくまでも私の定義です)。

曲自体の感想ですが、10年前の私ならば泣いて喜びそうな感じでした。いや、それでは誰も分からないですね。いわゆる正統的な北欧系のポップという感じです。昔はそういう系統の音楽を好んで聴いていたので、なんだか懐かしい感じがしました。そういう意味では悪くないのですが、ヘビーローテーションにはならないかな。

あくまでも私個人の好みの問題です。客観的に言えば結構良い楽曲だと思います。キャッチーだし。

投稿者 kato : 17:17 | コメント (0) | トラックバック

スローインの科学

Category: 科学

Nature に How to throw a soccer ball (サッカーボールの投げ方) という記事がありました。

物理学的に解釈すれば物をより遠くに飛ばすためには 45度の角度で投げればよいが、実際はそれより低い角度らしい。例えばやり投げや円盤投げでは30〜35度あたりで投げるとよいらしい。ではサッカーでは?ということでスローインのスペシャリストが実際に投げ入れる様子をビデオ解析した結果、20〜35度が最適な角度ということが確認されたそうです。最もすでにスローインのスペシャリストがいることからも分かるように選手達は理論ではなく実際の試行錯誤でその角度を見つけ、科学はただそれに追いついただけなのですが(…と本文にも書いてある)。

また、サッカーの場合遠くに投げるだけではなくより早く目標まで到達する必要があります。それには数度角度を下げることが有効だそうです。数度下げただけではそれほど到達距離は変わりませんが、到達時間はかなり短くなるのだそうです。

では、なぜ古典物理学の理論値45度とこんなにずれているのか。もちろんボールの回転や空気抵抗、そしてそれらに影響する摩擦や密度などを考慮すると自然に角度は下がるのでしょうけど、面白い表現があったので以下に引用します。

"The human body has a built-in bias to low release-angles,"
(人間の体には低い角度で投げ入れるバイアスが備わっている)

物理的要素だけではなく、骨格や筋肉のような生体学(というのかな?)についても無視できないということだそうです。人間の体は低い角度の方がよりボールに力を伝えることが出来るのだそうです。従って、単純な物理学では45度なのかもしれませんが、実際に人間が投げる場合は30度で投げるだけの力を発揮できないので結果として低い角度の方が遠くに投げられるのだそうです。このことが引用した表現の意味となります。

ということで科学的にスローインを上達させるためには、まずは自分のバイアスを知ること(どの角度が最も力を伝えやすいかを知ること)、そしてその角度よりも若干低い角度で投げ入れるよう練習することになるでしょうか。

まぁ、科学的にどうのという以前にプロは試行錯誤で習得しているので意味がないと言われればそうかもしれません。しかしながら物理学と生体学がスポーツを結びついているということを挙げることは子供達に物理学へ興味を持たせることが出来、この研究はそれに役に立つだろうと締めくくっています。

投稿者 kato : 14:40 | コメント (0) | トラックバック

2006年1月24日

別に反論をするつもりはないのですが…

Category: カメラ

デジタル一眼レフ購入希望者が約4割、一番人気はキヤノン (nikkeibp.jp)の記事を読んで。現在のデジタル一眼レフの所有率が 7.5% だが購入希望は約4割と高いそうです。

個人的な突っ込みどころなのですが、以下の部分

しかし、「購入したいカメラ」では、デジタル一眼レフは38.4%となり他に比べてかなり多かった。とくに「キヤノン」(68.3%)と「ニコン」(43.0%)の人気が高く、3位の「オリンパス」(21.4%)を大きく引き離していた。

です。確かにキヤノンとオリンパスに開きがあるのは分かります。でも、ニコンとキヤノンとの差は 25.3%、一方オリンパスとニコンの差は 21.6% とほぼ等間隔です。なので「キヤノンとニコン」が「オリンパス」を大きく引き離していたという表現はおかしいと思います。

いや、だからどうだというわけではないのですけどね。ただここにコニカミノルタやペンタックスが出てこないあたりが現状なのでしょうね…

投稿者 kato : 19:17 | コメント (0) | トラックバック

2006年1月20日

USEN440

Category: 音楽

うちは有線放送が入るので CD や DVD よりも家では有線を聴くことの方が多くなっています。個人的に良く聴いているのが

■ B-4 アイドル
■ B-12 80'S Hits
■ B-18 BLUES

の3チャンネルです(すごい選択だ ^^;)。これをずっと流していると「あぁ、これいい曲だなぁ」と思うものが当然出てきます。USEN440 のページにてリアルタイムで曲名が分かるので、ますます CD を買うのに拍車がかかりそうだ…。

T-model Ford 買うかなぁ。

投稿者 kato : 20:03 | コメント (0) | トラックバック

2006年1月19日

コニカミノルタがカメラ・写真分野から完全撤退…

Category: カメラ

スラドの記事コニカミノルタ、カメラ・写真分野から完全撤退より。かなりショック。今使っているデジカメは譲り受けた DiMAGE 7i だし、一番最初に使い始めたカメラはミノルタのマニュアル機 SRT101 でした。まぁ、だからといって今欲しいデジ一眼は E-500 か D70S あたりなのですけどね。

これからますますカメラ業界の統廃合が進んでいくのだろうか。ちょっと寂しい

参考 URL:
カメラ事業、フォト事業の終了と今後の計画について (プレスリリース)

投稿者 kato : 21:12 | コメント (0) | トラックバック

2006年1月18日

こわれていた…

Category: Zaurus

どうも最近スタイラスがぽろぽろ落ちると思ったらスタイラスを入れる部分が割れていたことに気づいた。よくある故障?らしいですが…

そういえば SD カードがおなくなりになってから環境の再構築をしていないなぁ。暇を見つけてと思いつつ暇がなひ。

投稿者 kato : 17:46 | コメント (0) | トラックバック

2006年1月17日

HP OfficeJet 7210 All-in-One

Category: Linux

M坂氏に対抗してというわけではないのですが、HP の複合機 OfficeJet 7210 を購入しました。OfficeJet 7210 は市販されていた Photosmart 2610 をビジネス仕様にカスタマイズしたモデルで、FAX 機能や ADF機能、自動両面印刷対応でありながらかなり安い製品です(HP ダイレクトでのみ販売)。

ということで電話番号が分かる人は FAX お待ちしております。当たり前のことですが電源を入れないと FAX は受け取れないのですね。個人使用でプリンタの電源を24時間付けっぱなしというのもどうか…

Windows での設定は付属の CD-ROM よりセットアップすれば余裕…と思ったのですが、何度かインストールの途中でエラーで先に進まなかった。結局直接的な原因は分からないのですがとりあえず Image Zone Express のインストールをして(それでも一部エラーが出た→これは放置しても最後までいけた)、その後フルインストールをし直すという2度手間でなんとかインストール完了。一通り動作しているのできっと大丈夫でしょう。

続いて Linux の設定。詳しくは後日まとめたいと思います。ここではその備忘録として。HP の複合機を利用するためのドライバは hpoj というものが開発されていました。最近はプロジェクトが hplip というものに変わったらしい。残念ながら Vine は hplip のパッケージはまだ存在しないため自分で RPM を作る必要があった。

hplip の動作条件として

だそうです(readme より)。問題は PyQt だけでした。PyQt は VineSeed にパッケージがあるので、これをインストール…と思ったら同時に qscintilla, sip パッケージも VineSeed よりインストールする必要ありでした。そしていざ PyQt を!と思ったら Python のバージョンの問題でインストールできませんでした。ということで SPEC ファイルを書き換えて PyQt を作り直してインストール。これで hplip 作成の準備が整いました。

Vine 3.2 + PyQt(VineSeed より) の環境で無事に hplip がコンパイルできることを確認した上でとりあえず的な RPM を作成しました。hplip には hpijs も含んでいるため hpijs パッケージを競合パッケージとして登録しました。その結果、gimp-print に関するパッケージが hpijs に依存しているため削除を余儀なくされました(対処は後日考えます)。

いくつか問題がありましたが hplip をパッケージ化しインストール完了。/etc/init.d に hplip というサービスが新たに追加されますので

# /etc/init.d/hplip start # /etc/init.d/cups restart

として hplip サービス開始、その後 cups サービスを再起動しました。プリンタの設定は通常の CUPS の設定で行います。その際、デバイスに

hp:/usb/Officejet_7200_series?serial=xxxxxxxxxxx

というものが現れましたのでそれを選択しました(serial= の後はそれぞれ異なる…はず)。PPD は OfficeJet 7200 を選びました。これで無事に印刷出来るようになりました。スキャナ機能に関しては /etc/sane.d/dll.conf に

hpaio

を追加すれば xsane を用いて利用できました(当然 Gimp からも OK でした)。gimp-print パッケージを削除してしまったので Gimp から印刷が出来なくなってしまったものの、画像ファイルも gtklp で印刷してみたところ無事に印刷できました。

ToDo ですが、gimp-print を共存させる方法と hplip のきちんとした使い方?を知ること、そして RPM を公開できるようにすることでしょうか。

投稿者 kato : 02:02 | コメント (0) | トラックバック

2006年1月 9日

I-O データ 「TVBOXes」

Category: Linux

今まで研究室に置いていたデスクトップを家に置くことにしたので、PC 用のモニタでテレビを…と考えて TVBOXes を購入。ソフマップに中古がありましたので、ビックカメラでの新品との差額をみてソフマップに戻ったところ…ない。ということで新品を購入。

一通りの接続が完了してテレビを無事に見られることが確認できた。その後 PinP 機能を利用して Linux の作業中にテレビを同時に映そうとしたところテレビしか映らない。あれこれ悩んだところ、表示の際の周波数が Linux では 75Hz でテレビの方は 60Hz とあっていないのが原因かなという結論にたどりついた。ということで Linux 側の方を 60Hz に変更をしてみたところ無事に PinP 機能を使って Linux の画面とテレビが両方映るようになった。便利だ。

17インチと普通にテレビを見るには小さいけれどもモニターを家に2台も置くと狭いのでテレビの方は廃棄するかなぁ。どうせもうリモコンすら効かなくなったぼろぼろのものだし。

投稿者 kato : 16:05 | コメント (0) | トラックバック

2006年1月 7日

日本物理学会「ニセ科学」シンポジウム

Category: 科学

もともとは asahi.com の記事だったのですが、スラドでも話題になったので(日本物理学会「ニセ科学」シンポジウム (slashdot.jp))ここでも記事にしてみました。3月の日本物理学会にて「ニセ科学」に関するシンポジウムを行うらしい。マイナスイオンなど巷にあふれているニセ科学に対してどのように対処すべきかを考えるそうです。

そもそも学会でこのような内容を扱うこと自体ナンセンスなのですが(実際に今までは放置をしていたようですので)、無視をすることがもはや困難な状況になってきたということでしょうか。スラドで話題になっていた「水に優しい言葉を かけると美しい結晶ができる」というとんでもな説が真剣に小学校の授業で行われている所があるというのには驚きです。これが特殊例ならばまだよいのですが、教材例として公開されていてそれなりに広がっている事実があるということにかなりショックをうけた。

そもそも結晶の生成に言葉(感情?)の要素が絡んでくるとするならば、雲は大変なことになる。天気予報で利用される数値予報モデルにも感情パラメータを導入しなければならないのか。あり得ない。というかあったら気象学は根本的に考え直す必要がある気がします。まぁ、それ以前に「水は日本語を理解できるのか?」や「水と人間の感情は同期するものなのか」などという素朴な疑問にはどう答えるのだろう?

確かに「水に優しい言葉をかける」→「人間の半分以上は水分」→「人には優しくしよう」という流れはある意味美しい。でもこれは美しいだけでまったく根拠が存在しません。最初にこれを考えた人にも問題ありですが、これがある程度広がってしまうという現実の方がもっと深刻か。学会でわざわざシンポジウムを開かざるを得ないのはこういう状況を踏まえてのことでしょう。

いずれにせよ我々ももっと科学に興味を持つべきでしょうし、教える(もしくは伝える)側ももっと注意を払うべきでしょう。血液型による性格判断などを放映している場合ではありませんよ!

投稿者 kato : 20:07 | コメント (0) | トラックバック

2006年1月 6日

北原愛子「Visual Collection」

Category: CD/DVD

  1. Opening
  2. grand blue
  3. Aiko's Photo Part 1
  4. Sun rise train
  5. 向日葵のように
  6. 虹色にひかる海
  7. special Days!!
  8. Aiko's Photo Part 2
  9. 思い出にスクワレテモ
  10. DA DA DA
  11. 冬うらら
  12. テ・ケロ テ・アモ 〜夏の夏の恋〜
  13. Message (VIDEO CLIP + Aiko's Photo Part 3)
  14. grand blue -Spanish Ver. - (2003.6.26)
  15. サヨナラを告げた日が近すぎて (2004.4.1)
  16. grand blue (2005.4.7)

北原愛子さんの待望の DVD が 1/1 に発売になりました。店頭には 12/29 から売られていましたので、29日に買いましたが引越作業などで見られる環境になかったため、ようやく今日通して見終わりました。

後半の3曲はライブ映像でそれ以外はビデオクリップなのですが、フルコーラスで作っていないからなのかけちったのかは分かりませんが、残念ながらいくつかの曲は途中で切れてしまっています。それでもテレビで見たことがある映像は一部だけでしたのでそれらをきちんと見られるだけでも満足です。こうやって見るとやはり可愛い。

ライブ映像の最初スペイン語バージョンの grand blue はお世辞にもうまいとはいえない。なぜこれを収録したのだろう。もっと他にいい映像があると思うのですが…。残り2曲は普通に聴けますが、最初はちょっとつらい。三枝夕夏 IN db のライブ映像を見ていても感じるのですが、観客のノリがアイドルのライブのノリに近いものを感じるのは私だけでしょうか?一度はライブを見てみたいとは思うのですが、あの中に身を置きたくないという思いもあります。どうにかならないかなぁ…。というか部類的にアイドルになるのだろうか、やっぱり…

投稿者 kato : 00:19 | コメント (0) | トラックバック

2006年1月 5日

名古屋

Category: 雑記

本 blog を読んで下さっている方々、あけましておめでとうございます。昨年末はかなり忙しかったため更新作業が滞りがちになってしまいました。まだ落ち着くまではしばらくかかりますが、新しい生活に慣れたらぼちぼち更新できるのでは?と思います(公開しているソフトウェアも含めて)。

昨年末に札幌から名古屋に引っ越しました。最終的には友人2人が手伝ってくれたこともあって無事に終了しました。10年以上住んでいたので敷金が返ってくることなど期待もしていなかったのですが、1/4 ほど返ってきてとてもびっくりしました。その後行きたかったところのお店巡りをして、店員さんと顔なじみのところは挨拶をしてきました(餞別もいただいちゃった :-)。

飛行機は高いという理由でもう一生やることはないであろう JR での 札幌→名古屋の移動にしました。送別会の時に頂いた花を頑張ってドライフラワーにしたものがあったので、それがぼろぼろにならないように注意するのが大変でした。長時間移動にドライフラワーを持ち歩くことはよくないということをいやというほど思い知らされました。

ということで、新しい土地名古屋にやってきました。まだ家の中は段ボールの山ですがそれを整理する時間はそれほどとれませんので、1月いっぱいくらいかけてゆっくりとやりたいと思います。余裕も出来たら周りの写真も撮りたいなと。でも、その前にドライフラワーの写真でも撮るかな。

投稿者 kato : 12:36 | コメント (4) | トラックバック