« 2006年5月 | メイン | 2006年7月 »

2006年6月30日

私は使ったことはないなぁ…

Category: コンピュータ

RPN電卓を使ってますか? (slashdot.jp)

RPN とは逆ポーランド式(Reverse Polish Notation)のことで、かつてはコンピュータプログラミングも含めてよく使われていました。例えば 2 * ( 3 + 4/5 ) を計算するとき、括弧の中から計算をしてその後 2 をかけます。これを RPN で書けば

2 3 4 5 / + * =

のように書きます。 コンピューター的には順番に処理をすればよいので非常にありがたい記述法です。ただ 人間にはそれほど優しくないので(毒されている人は除く)、次第に姿を消していきました。RPN の電卓は私も使ったことがないので便利なのかどうかはよく分かりません。ただ RPN 自体は PostScript で覚えました。

リンク先で RPN 電卓とは直接関係がないのですが、計算尺のお話も出てきました。ちょうど腕時計の電池がなくなったから計算尺付きの腕時計を買おうかなぁ…と少し考えてしまった。でもちょっと高いなぁ。

投稿者 kato : 01:47 | コメント (0) | トラックバック

ご当地?ソング

Category: ネタ

47都道府県ローカルソングの調べ

いくつかはすでに知っているものがありました。それにしても「なめくじ逃げ〜!逃げ〜!」の PV の女の子頑張ってるなぁ…

投稿者 kato : 01:45 | コメント (0) | トラックバック

何がそんなに気になるのだろう

Category: pya!

興味津々nya (その4) (pya!)

よっぽど気になるのねぇ

投稿者 kato : 01:43 | コメント (0) | トラックバック

2006年6月29日

CUPS-PDF

Category: Linux

LinuxでPDFファイルを作成するには (@IT)で CUPS-PDF というものがあることを知りました。これは PDF を生成するプリンタドライバのようなもので Windows でも似たようなソフトがいっぱいあります。CUPS-PDF は裏で GhostScript を利用しているのでこのようなソフトを入れなくてもコマンドラインで PDF を作成出来るのですが、印刷をするように使えるのが便利ということでインストールしました。

CUPS-PDF 一次配布先より SRPM をダウンロードして自分の環境で RPM を作り直しインストール(ま、実態はフィルタスクリプトなのでそのままバイナリパッケージを持ってきても問題がないと思う)。

インストール後 Firefox で動作確認を行った。印刷メニューでプリンタ名を「CUPS/Cups-PDF」を選択して印刷ボタンを押すと /var/spool/cups-pdf/ユーザー名 以下に作成された。作成先は /etc/cups/cups-pdf.conf の 「Out」 の項目を編集すれば変更できますが、ユーザー側でこのディレクトリにシンボリックリンクを貼ればいいだけな気がしたのでこのままにした。

作成された PDF をチェックすると日本語で検索がうまくいかない。 Vine 3.x にインストールされている GhostScript で PDF を作成する場合 -dNOKANJI オプションをつけるとこの問題が回避されます(もしくは ps2jpdf パッケージを利用する)。そこで /etc/cups/cups-pdf.conf の最後の方にある 「GSCall」 の部分を修正した。デフォルトではこの行がコメントアウトされているのでコメントを消します。続いて -q の後に -dNOKANJI を挿入しました。これでうまくいくと思ったのですが、PDF が生成されませんでした。で、いろいろ確認をしてみた結果 -sOutPutFile=\"%s\" となっている部分を -sOutPutFile="%s" のようにバックスラッシュ(\) を削除したら無事に PDF が生成されました(そして、日本語で検索も出来ました)。

まとめると /etc/cups/cups-pdf.conf の

■ GSCall のコメントをはずす
■ -q の後に -dNOKANJI を追加する
■ -sOutPutFile=\"%s\" を -sOutPutFile="%s" にする

で幸せになれました。

参考 URL:
CUPS-PDF
LinuxでPDFファイルを作成するには (@IT)

投稿者 kato : 00:18 | コメント (2) | トラックバック

2006年6月28日

しばらく耳に残りそうだ

Category: pya!

時の流れを忘れさせる時計 (pya!)

Linux では絵が見えなくて時計として機能してくれなかった…

投稿者 kato : 14:51 | コメント (0) | トラックバック

2006年6月27日

君らだれすぎ

Category: pya!

(wan) 殺人事件現場 (pya!)

まぁ分からんでもないが…

投稿者 kato : 23:34 | コメント (0) | トラックバック

2006年6月23日

うまくはいかなかった

Category: スポーツ

水戸と札幌が 2 - 1 で勝ったので日本もブラジル相手に 2 - 1 で勝つのでは?と根拠もない予想のもと見ていましたが残念ながら敗退してしまいました。

ま、これが現在の日本とブラジルの差というところでしょうか。もちろん引き分けあるいは 1-0 で勝てばよいということであればそういう戦術になるのでもっといい試合が出来たと思います。しかしながら格上を相手に2点差で勝たなければいけないという状態でしたので積極的に頑張った結果前半でエンジンが切れたという感じでしょうか。やはりロスタイムで点を取られたのが痛かったですね。

後半はいろんな意味で切れてしまった感じがします。ボールを取りに行っても回されて時間だけが過ぎて、その結果運動量だけが増えてへろへろになったところを攻められて次々と点を取られてしまったという印象でした。

W杯を通して言えば初戦のオーストラリア戦を落としたことがすべてだったのでしょう。その結果後手後手になってしまったと。プレーヤーの経験はないので技術的なことや戦術的なことをここで書く気はありませんし、誰が戦犯だといういうつもりもございません。サッカー日本代表は J リーグ発足以降成績が右肩上がりによくなっていたので、ここがスランプ時期というか挫折の時期で強豪国となるための試練なのだと思います。特にブラジル戦を戦った選手達はそのことを痛感したと思いますのでこれを各クラブに持ち帰ってさらなるレベルアップをしてもらいたいものです。

W杯自体はこれからが本番で、いい試合が続くでしょうから楽しみです。

話をまとめるとコンサ明日勝って4連勝を目指せ!ということです。

投稿者 kato : 20:02 | コメント (0) | トラックバック

2006年6月22日

ミラクルな故障

Category: 雑記

ノイズキャンセリングヘッドホン PXC-300 が素晴らしい故障の仕方をした。それはボーカルだけ聞こえなくなるというものです。演奏自体は問題なく聞こえるのですが、肝心のボーカルがまったく聞こえないカラオケ状態になってしまいました。まぁ当然と言えば当然かもしれませんがどのようなアーチストであっても声「だけ」消えます。

ある意味感動的な機能の?ヘッドホンに仕上がったわけですが、カラオケをしたいわけではないので修理に出さねば…

投稿者 kato : 21:23 | コメント (0) | トラックバック

2006年6月21日

見つけた人えらい!

Category: スポーツ

こんなことに気づく人がいるなんてえらいなぁ。まぁ、水戸サポなら分かるのかな。

6/2 水戸 1 - 0 横浜FC ←→ 6/4 日本 1 - 0 マルタ
6/11 水戸 1 - 3 神戸 ←→ 6/12 日本 1 - 3 オーストラリア
6/17 水戸 0 - 0 ←→ 6/18 日本 0 - 0 クロアチア
6/21 水戸 VS 草津

6/10 横浜FC 1 - 0 草津 ←→ 6/13 ブラジル 1 - 0 クロアチア
6/17 横浜FC 2 - 0 湘南 ←→ 6/18 ブラジル 2 - 0 オーストラリア
6/21 横浜FC VS 札幌

すごい!完璧だ。ということは今日水戸と札幌が 3-0 で勝てばいいんだな。頑張れコンサ!

今日ってどれくらいお客さん入るのかなぁ。コアサポ以外は J2 開催していることすら知らないような。

--
(6/22 追記)
J2 の結果は

水戸 2 - 1 草津
横浜 FC 1 - 2 札幌

でした。ということは 日本 2 - 1 ブラジルということか。

投稿者 kato : 05:13 | コメント (0) | トラックバック

やっちまった

Category: 紅茶

水出し紅茶をしかけたのはよいのですが、そのままにして家を出てしまった。20時間以上抽出かぁ。飲めるのかな。

投稿者 kato : 01:22 | コメント (0) | トラックバック

2006年6月20日

リンクメモ (2006/06/20)

Category: リンク

データ圧縮、画像フォーマットの解説が詳しい:
各種解説コーナー

投稿者 kato : 19:18 | コメント (0) | トラックバック

いろいろな公約

Category: 雑記

ブラジル戦勝利したら実行する公約一覧(判明分のみ)

■ 平原綾香「ブラジルに勝ったらスクール水着でJupiter歌う」
■ 眞鍋かをり「ブラジルに勝ったらビキニ着る!」
■ 小倉優子「日本がブラジルに勝ったら手作り弁当をリスナーのおうちに届けます」
■ 松任谷由実「サンバの衣装で商店街を練り歩く!」
■ 宇多田ヒカル「家で前転する!」
■ ゆず「番組をリスナーの自宅で収録します」
■ いしだ壱成「ブラジル代表の選手と同じ髪形にする」
■ バブル青田「六本木でボディコンを着て踊ります」

…みなさん勝つ気無し。勝つとしたら 1-0 な気がするのだが、そうだとすると予選敗退となるけど彼等どうするんだろう。

参考 URL:
もしブラジルに勝ったら○○します宣言!!(TOKYO FM) (たぶん期間限定ページ)

投稿者 kato : 14:21 | コメント (0) | トラックバック

2006年6月19日

意味が分からない

Category: 雑記

Amazon にいったらトップにターボサーキュレーターが紹介されていた。夏や冬に空調を利用する場合、暖かい空気は上に冷たい空気は下に溜まりやすくなるのでうまく循環させてやることが効率を考えると重要です。扇風機を使えばよいのですが、循環させるのに特化したものとしてターボサーキュレーターというものが存在するようです。少し高いなぁと思いつつそれでも便利そうだなと商品紹介のページを見ていたら次のような説明文が

竜巻(トルネード)のようにまっすぐ遠くまで届くパワフルな風が一番の特徴。

説明図などを見れば言いたいことは伝わってくるのですが、この説明文はまったく意味不明。

投稿者 kato : 20:31 | コメント (2) | トラックバック

愛内里菜&三枝夕夏 「100もの扉」

Category: CD/DVD

  1. 100もの扉
  2. 謎 〜rearrange version〜
  3. Still for your love 〜rearrange version〜
  4. 100もの扉 (TV version)
  5. 100もの扉 (Instrumental)

アニメ「名探偵コナン」の10周年記念オープニングテーマソングだそうです。 愛内と三枝のツインボーカルにスパークリング☆ポイントがコーラスという Giza を結集した?作品です。M-2, M-3 もオリジナルは別の歌手ですがかつてのコナンのテーマソングのリアレンジバージョンが収録されています。初回版には PV とライブバージョンが収録された DVD がついています。

曲はアップテンポで疾走感があり、それゆえ非常にノリがよい感じに仕上がっています。すべてがサビとはいいませんが、そう錯覚させるほど同じようなテンポで最後まで続いて行くのでちょっと失敗すれば飽きてしまいそうなのですが、最後までなんとか?ついて行くことが出来ます。このように書くと褒めていないような気がしますが、個人的にはいい曲だなと思っています。M-2, M-3 に関してはオリジナルを知らないので比較をすることが出来ないのが残念です。M-2 が非常に格好いい。リズム体が Giza には珍しく?重たくて結構ハードな感じがよい。M-3 は同じくハードなのですが、M-2 ほどのインパクトはなかったなという感想。

DVD でライブ映像を見たのですが、そのスパークリング☆ポイントのコーラスに加えてさらにコーラスがいる!いや、いらんでしょう。そもそもスパークリング☆ポイントのコーラスすらいる必要があるのか疑問なのに…

投稿者 kato : 20:01 | コメント (0) | トラックバック

2006年6月14日

いったいどのくらいの人が買うのだろう

Category: 雑記

「おにいちゃん」と呼んでくれ。 (slashdot.jp)

たのみこむで100種類のシチュエーションで「おにいちゃん」と呼びかけるだけの CD の予約が始まっているそうです。いったいどのくらいの人が買うのだろう。ネタとして聞いてみたい気もするけど所有したいとは思わないなぁ。

たのみこむよ、それよりも「こどもほしいね」の DVD 化の実現をはやくたのむ。

参考 URL:
おにいちゃんCD (たのみこむ)

投稿者 kato : 23:31 | コメント (0) | トラックバック

本当にカラーに見える!

Category: pya!

錯覚(その6) (pya!)

最初の画像の残像により色の補完をするのかなぁ。本当にカラーに見えるからすごい!

投稿者 kato : 21:00 | コメント (0) | トラックバック

本当に覚えられるのだろうか

Category: コンピュータ

全然知らなかったのですが

マンガで学ぶ♪アリサのネット難解最新用語講座 (デジタルARENA)

なんてものが短期連載されているのですね。マンガで学ぶといいつつもマンガの部分はネタふりだけで実際の解説は文章でした。ちょっと中途半端ですね。

投稿者 kato : 20:54 | コメント (0) | トラックバック

2006年6月10日

Picasa for Linux

Category: Linux

Google Lab よりもうひとネタ。写真や画像を管理、編集、共有するソフト Picasa の Linux 版が公開されたようです(ただし英語版)。 Wine を使っているようですのですでにある Windows 版と基本的な機能は同じだと思います。

RPM が公開されていて Vine 3.2 でも無事に動作しました。まだちょっと試しただけなのでよく分かりませんが、ざっと画像を眺めたりするのに便利そう。また、簡単な写真の調整ならば使えそう。

まだ使い方がよく分かりませんのでもう少し遊んでみたいと思います。

投稿者 kato : 05:10 | コメント (0) | トラックバック

Firefox extensions from Google Labs

Category: コンピュータ

Firefox の環境(クッキー、パスワード、ブックマーク、履歴、タブ)を共有するためのプラグインが Google Lab より公開されました。今までは同じことをするのに rsync を利用していたのですがそれがプラグインで出来るのは非常に便利。

個人的にはプラグインの同期も出来ると非常に嬉しい。

投稿者 kato : 05:01 | コメント (0) | トラックバック

2006年6月 7日

スパムトラックバック

Category: 設定

Movable Type のバージョンを 3.2 に上げる前はトラックバックスパム対策を LQアクセス制限ライブラリを利用して行っていました。バージョンアップ後は LQ ライブラリを組み込むのはやめて標準のもののみを利用しているのですがほぼ完全に弾いてくれていて非常に助かります。今日だけでも100件以上のトラックバックスパムにあっていますがすべてきちんと弾いてくれています。

Movable Type の出来の良さに感謝とともに LQ ライブラリもきちんと機能していたのだなあとちょっと感動。

ただ、正規の?トラックバックがこない上にスパムを喰らいまくるようならばいっそのことトラックバックの受付を禁止しようかなぁとも思いますが、それも屈するようでくやしいので禁止にはしないつもり。あまりひどいようならば .htaccess でアクセス管理をもっと厳しくする予定。

投稿者 kato : 17:21 | コメント (0) | トラックバック

2006年6月 6日

校則だったなぁ

Category: 雑記

公立中学で教諭が丸刈りを強要、学校側が謝罪 熊本 (asahi.com)

校則でもないのに運動部の顧問が丸刈りを強要したというお話。私の中学(公立)は校則で坊主だったなぁ。今もそうなのだろうか。先日実家に帰ったときにジャージが変わっていないようだったのでちょっと感動しました。でも、見かけたのは女の子だったから今も坊主が校則なのかどうかは分かりませんでした。

投稿者 kato : 23:35 | コメント (0) | トラックバック

2006年6月 4日

おまけ

Category: 雑記

無駄に熱く?反応をしてしまったので、最後まで面倒を見ると言うことで。蛇足のような質問も飛び出した

ビルゲイツとイチローすごいのはどっち? (人力検索はてな)

ビルゲイツの方がすごいらしい

投稿者 kato : 09:45 | コメント (0) | トラックバック

両者の意見をまとめて

Category: 雑記

パソコンに詳しい側、そうでない側の意見を(個人批判のようなものは除いて)まとめると

[回答者側]
■ 出来る限り相手のスキルを判断してそれに応じて使う専門用語の量や説明の量などを判断する
■ 将来的にお互いのためにならないので代わりにやってあげて説明しないということを避ける
■ 可能な限り簡潔に説明する

[質問者側]
■ 聞く前に自分が質問をしたい内容を自分で把握をする
■ 自分の能力に応じた範囲で調べる
■ 相手を拘束しているという意識を持つ
■ 分かる人すべてが教えることがうまいわけではないことを覚えておく

[共通]
■ 自分の知識・興味が普通であるという意識を捨てる


ようは相手のことを思いやった行動をしましょうということです。それぞれについてコメントを書くとまた長くなるのであえて書きません。

投稿者 kato : 09:13 | コメント (0) | トラックバック

対抗も出た

Category: 雑記

前回紹介した人力検索はてなの質問「パソコンに詳しい人の嫌なところなどはどこ?」で、一方的にパソコンに詳しい人への不満?が溢れたため対抗するような質問

あなたの身近に居る、パソコンに詳しくないからと何でも質問を投げかけてくる人の嫌な所、止めて欲しいこと、改善して欲しいこと、ダメな所を聞かせて下さい (人力検索はてな)

が出たようです。こちらの方で意見が多いのは

■ 利用をするだけで自分は覚える気がない (同じことを何度も聞く)
■ 質問内容が不明瞭

あたりでしょうか。前者はパソコンに詳しい人を生き字引としているということですね。確かに人間の記憶にも容量があるので自分に興味のないことは意識的か無意識かは別として覚えようとはしません。でも、実社会において必要となる場面が出てくる。その時に何を学習するかというとその知識を素早く実行できるためのポインターを見つけることです。一番よいのは書籍や検索結果(あるいは必要なことが書かれている URL)などで、それを必要な時に見ると言うことです。ただ、それよりも楽なのは人に聞いてしまうことです。

もともと興味がないのだから、知らなくても当然ということで聞くことにも抵抗感がないでしょうし、聞いたことにより自分で調べるよりも早く確実に目的が達成できるならばそれが最適解だと考えるのも無理がないかもしれません。その結果、よく知っている(それも親切な)人に聞くと言うことがポインターとして構築され、申し訳がないという思いがあるかどうかは別として利用してしまうのだと思います。

そう考えればある程度は仕方がないかなぁとも思わないでもないですが、応対をしている間確実にその人の時間を拘束しているわけです。即答できる場合ならばよいのかもしれませんが、そうでない場合の方が多いと思います。頼りにしてくれているからと引き受けてはみたものの、あちこち検索やら書籍をひっくり返すことになって相当時間を費やしてしまうことも中にはあります。このような場合は引き受けないことが得策なのでしょうが、最初は「あぁ、これならすぐ出来そうだ」と思っていたもののそうではなくて引き返せなくなったということもあるのでなかなかその見極めが難しいです。ところで、時間がかかってしまうような場合はおそらく自分が調べたりすることが大変で質問者との会話がなくなると思うのですが、その時質問者はどうしているのがベストなのでしょうね。話しかけられても邪魔だし、かといってずっとそばにいられてもなんだかこちらが申し訳ない気になってくるし。

まとめます。質問者は興味がない(あるいは楽をしたい)ため詳しい人をポインターとして分からないことがあれば特に調べることもなく質問をして解決をする、そして回答者はその態度に不満を持っているということだと思います。

後者の「質問内容が不明瞭」に関して。経過を説明しないで結果だけで質問をされても答えようがないというか何を聞いているのかすら分からないということがよくあります。そこで始まるのが経過を導き出すための(誘導?)尋問です。その答えも要領を得なかったりと試行錯誤してようやく本当の質問内容を聞き出し対処します。この時間が長かった割に答えとなる対処が一瞬の出来事だったりすると、質問者は「なぁんだ、こんな簡単なことならさっさとやってくれればいいのに」と思い回答者は「最初からそう言ってくれれば即答できたのに」と思うようなお互いに不満を持つ不幸せなことになり得ます。

あと大変なのは無意識に情報を隠している場合です。「何もしてないのにおかしくなった」という言葉は要注意ですね。こちらが考えられる可能性を質問すると「あぁ、それやったよ」みたいな形で経過を伝えてくれる。これが一発で分かればまだよいのですが、そうではない場合回答者はほんの些細な手がかりでも得ようと必死に可能性を聞くのに対して質問者は「だから何もしてないっていうのに何であれこれ聞くんだよ、早くなんとかしろよ」と両者が不幸せな状況に陥る可能性があります。そしてようやく原因が分かって回答者の手に負えなかった場合最悪な結果になるでしょうね。回答者「あぁ、やっと原因がわかったよ。でもこれ僕には無理だからサポートに聞いて」 質問者「なら最初からそう言えよ。時間の無駄じゃねぇか」みたいな感じで。

まとめると、質問者が聞きたい内容やそこに至るまでの経過を明瞭にしないと回答者は回答可能かどうかも含めて答えようがなく困るということです。

投稿者 kato : 08:13 | コメント (0) | トラックバック

2006年6月 3日

6/2 検索キーワード

Category: 検索語

■ アマゾン アヴリルラビーン
■ ブランキージェットシティ youtube
素直に Amazon にいってアヴリルラビーンを検索すればいいし、YouTube にいってブランキージェットシティを検索すればよいだけだと思うのですが。

■ perl 1から99
何をしたいのだろう。

投稿者 kato : 06:09 | コメント (0) | トラックバック

2006年6月 2日

矢羽根パッチ GMT-4.1.3

Category: コンピュータ

新機能というよりもバグフィックスの意味合いが強いと思われる GMT-4.1.3 が 6/1 に公開されました。このバージョンより私がお願いした DMSP SSM/I で利用されている楕円体パラメータを取り込んでもらいました(今まではパッチで対応していたのでありがたいです)。

ほとんど 4.1.2 と同じなのでほとんど修正することなく矢羽根パッチが 4.1.3 も作成できた。 4.1.2 の時にほんのわずかの期間ソースパッケージをここで公開し、後日公開すると書いたので遅くなりましたが 4.1.3 用のに差し替えて公開します。

GMT4-4.1.3_barb-1.nosrc.rpm (28.9kB)

MIME タイプの関係で右クリックでしかダウンロードが出来ない場合がありますので気をつけて下さい。インストール手順に関しては以前の記事を参考にして下さい。

なお、使い方等の説明はパッチの一次配布先をご覧下さい(あえてここからはリンクしません。ぐぐって見つけて下さい)。

投稿者 kato : 03:04 | コメント (2) | トラックバック

2006年6月 1日

「やたら専門用語を並べる」とは

Category: 雑記

例えばどのような表現なのだろう…。

投稿者 kato : 02:17 | コメント (0) | トラックバック

下の内容を要約すると

Category: 雑記

簡潔かつ明瞭に説明できるよう努力するからそちらもそれなりに努力してね。

投稿者 kato : 02:15 | コメント (0) | トラックバック

そんなひとばかりなのかなぁ…

Category: 雑記

あなたの身近にいるパソコンにとても詳しい人について、その人のイヤなところ、やめて欲しいこと、改善して欲しいこと、ダメな点などをお聞かせください。(人力検索はてな)

そもそも質問をする人の身近にいるパソコンが詳しい人はイヤな人だからこのような質問が出たのでしょうけど、その答えもかなりきつい結果が出ています。ざっと集計してみました。一番多いのは

■ 専門用語を使いすぎる
■ しゃべり方の問題(早口、長いなど)

といった、必要に迫られて質問をした際の受け答えに関する不満が多いようです。一応私もパソコンが詳しい人の部類でしょうからその人達を擁護してみたいと思います。といいつつ早口に関してはなんとも言いようがありませんけど。専門用語をついつい使ってしまうのは

■ (我々にとっては)専門用語の方が分かりやすいから
■ (我々にとって)普通に使っているため専門用語という意識がない
■ 専門用語をどれだけ使ってよい相手なのかを把握できていないから
■ 虫除け

という理由あたりか(他にもあると思うけど)。最後は丁寧に説明するのが面倒だから難しそうな事を言ってごまかす手段なのでおいておきます(自己弁護すると私はこれはやらない)。3番目を会話を通じて見極めればおそらく両者が幸せになるのだと思います。指摘されないと麻痺してどれが専門用語なのか分からなくなるし、分かっている人同士では専門用語を使った方が圧倒的に分かりやすい。そして、ついその感覚で受け答えをするとこの結果のようなことになるのでしょう。

専門用語を使わないように…出来るだけ簡単に説明を出来ればよいのですが、これが意外と難しい。人に分かりやすく教えるということは本当に難しい、特にあまり意欲的に知ろうとしていない人を相手にする場合。これを頑張って試みようとすると冗長になって話が長いとか、何度も言い直したりするうちに馬鹿にしていると勘違いされたりもしてしまいます。私もいろいろ人に教える機会があったのですが、一応相手に応じてどこまで話して良いかを考え、またどう話せばよいかを組み立てるのですが、それが果たして相手にとって理解しやすかったのかはその本人ではないのでよく分かりません。で、うまく説明をすることが出来ないと判断する、もしくは説明する時間が面倒だと感じた場合自分でさっさとやってあげてしまうのだと思います。教えないで無言で解決をしてしまうのは、コミュニケーションが苦手という人もいますが、過去に説明を頑張ってしたが理解してもらえずに何度も説明をすることになったなどを経験して余計な摩擦を起こすよりはさっさと解決をしてしまおうというものもあると思います。

話し方に関連して

■ 小馬鹿にする
■ 自分はすごいやつだと勘違いをする

ということが挙げられていました。まぁこの辺は個々の性格のような気がしますが、パソコンが詳しい人の中にはそのような人たちがそんなにも多いのでしょうか。専門用語・小馬鹿にするというのは自分が聞く立場だから特にそう感じるのかもしれません。逆を考えてみましょう。服装に無頓着な人が専門用語(何があるんだろう ^^;)を聞いたときに、「えぇ〜そんなことも知らないの!」と言ってしまわないでしょうか。で、それをその言葉を使わないで説明するときに意外と苦労しないでしょうか。まさにその苦しみを味わっているということなのです。

その他には不潔とかロリコンとかファーストフードばかり食べているというような個人攻撃のようなものばかりなのですが、これがパソコンに詳しい人に対するイメージなのかなぁとちょっとへこみながら見ていました。

パソコンに関して聞かれる立場から言わせてもらうと、説明書を読めばすぐに分かることを読まないで聞いてくる、特に調べると言うこともしないで聞くということが本当に多いです。また、聞く方は1回であっても聞かれる方は5人から聞かれれば5回答えることになります。それが頻繁におこれば「俺は便利屋じゃないぞ」という気にだんだんなってきて、軽い撃退スイッチが入ってくるようになると思われます。勝手に解決してしまうと言われても、内容が意外に高度だったりした場合、説明を専門用語抜きでやる、もしくは専門用語の解説を加えながらやると相当時間をかけてしまうことが予想されることが結構あります(素人目に簡単に出来そうな時が一番やっかいか)。それを丁寧に対応すると今度は説明が長いと文句を言われどうすればいいの! ということになります。

だらだらとまとまりなく書きましたが、「知らない人に簡単に説明することは難しい」ということを分かって欲しいと思っています。

# だから私は分かりやすく教えられる人を尊敬します。
# 国語をきちんとやっておけばと今更ながら後悔しています。

最後に引用。これだけは意味が分からない。

コンピュータができるのはそんなに大したことではない。100Mを10秒で走れる方がはるかにすごい。ビルゲイツよりもイチローの方がすごい。だって、これから先、何年も努力すればビルゲイツにはなれるかもしれないが、イチローには絶対になれない。

--
(6/4 追記)

回答受付は終了したようですね。また、相当のトラックバックがありやはり相当物議を醸し出した様子。まぁ、相手の土俵で煽ったといえば当然といえば当然ですが。このエントリーを書いた後に書かれた回答に

人の都合も聞かずにわからないから教えろと言われ、専門用語が理解できないから説明しろと文句を言われ、 挙げ句の果てには専門的なことを尋ねているのに、専門的なことばっか言ってると理不尽なことまで言われ、 こっちも忙しいからちょっと早口でしゃべると、それが気に入らないと文句を言われ、 忙しいから代わりにやってやろうとすると、学習する機会を奪われてしまう、と変な因縁を付けられ、 部屋が汚い、服のセンスが悪い、食事が貧乏くさい、髪の毛が長いと私生活のことまで陰口を叩かれ、 社交的でないとか、不可抗力な禿のことまでパソコンと関係のあることであるかのように言われ、 プログラムを集中して書くのが仕事なのにサポートの電話に出ろと無理難題を言っておきながら、 当然結果に関しては責任は取らない。 それでもニコニコと専門用語の解説をしながら説明をし、「そんな単語ぐらいわかる。馬鹿にするな!」 と逆ギレをされても平然と説明を続ける、そんな聖人君子に私は・・・


なれるか、ボケッ!!


と皮肉を書いていらっしゃった方がいました。私はこんなにうまくかけません。

# 単純なこれまでの回答へのカウンターなので上の引用すべてにうなづけるわけではありませんが上のような
# 聖人君子がいたらまさしく「神」ですね。

投稿者 kato : 01:59 | コメント (0) | トラックバック