« 2006年5月26日 | メイン | 2006年6月 2日 »

2006年6月 1日

「やたら専門用語を並べる」とは

Category: 雑記

例えばどのような表現なのだろう…。

投稿者 kato : 02:17 | コメント (0) | トラックバック

下の内容を要約すると

Category: 雑記

簡潔かつ明瞭に説明できるよう努力するからそちらもそれなりに努力してね。

投稿者 kato : 02:15 | コメント (0) | トラックバック

そんなひとばかりなのかなぁ…

Category: 雑記

あなたの身近にいるパソコンにとても詳しい人について、その人のイヤなところ、やめて欲しいこと、改善して欲しいこと、ダメな点などをお聞かせください。(人力検索はてな)

そもそも質問をする人の身近にいるパソコンが詳しい人はイヤな人だからこのような質問が出たのでしょうけど、その答えもかなりきつい結果が出ています。ざっと集計してみました。一番多いのは

■ 専門用語を使いすぎる
■ しゃべり方の問題(早口、長いなど)

といった、必要に迫られて質問をした際の受け答えに関する不満が多いようです。一応私もパソコンが詳しい人の部類でしょうからその人達を擁護してみたいと思います。といいつつ早口に関してはなんとも言いようがありませんけど。専門用語をついつい使ってしまうのは

■ (我々にとっては)専門用語の方が分かりやすいから
■ (我々にとって)普通に使っているため専門用語という意識がない
■ 専門用語をどれだけ使ってよい相手なのかを把握できていないから
■ 虫除け

という理由あたりか(他にもあると思うけど)。最後は丁寧に説明するのが面倒だから難しそうな事を言ってごまかす手段なのでおいておきます(自己弁護すると私はこれはやらない)。3番目を会話を通じて見極めればおそらく両者が幸せになるのだと思います。指摘されないと麻痺してどれが専門用語なのか分からなくなるし、分かっている人同士では専門用語を使った方が圧倒的に分かりやすい。そして、ついその感覚で受け答えをするとこの結果のようなことになるのでしょう。

専門用語を使わないように…出来るだけ簡単に説明を出来ればよいのですが、これが意外と難しい。人に分かりやすく教えるということは本当に難しい、特にあまり意欲的に知ろうとしていない人を相手にする場合。これを頑張って試みようとすると冗長になって話が長いとか、何度も言い直したりするうちに馬鹿にしていると勘違いされたりもしてしまいます。私もいろいろ人に教える機会があったのですが、一応相手に応じてどこまで話して良いかを考え、またどう話せばよいかを組み立てるのですが、それが果たして相手にとって理解しやすかったのかはその本人ではないのでよく分かりません。で、うまく説明をすることが出来ないと判断する、もしくは説明する時間が面倒だと感じた場合自分でさっさとやってあげてしまうのだと思います。教えないで無言で解決をしてしまうのは、コミュニケーションが苦手という人もいますが、過去に説明を頑張ってしたが理解してもらえずに何度も説明をすることになったなどを経験して余計な摩擦を起こすよりはさっさと解決をしてしまおうというものもあると思います。

話し方に関連して

■ 小馬鹿にする
■ 自分はすごいやつだと勘違いをする

ということが挙げられていました。まぁこの辺は個々の性格のような気がしますが、パソコンが詳しい人の中にはそのような人たちがそんなにも多いのでしょうか。専門用語・小馬鹿にするというのは自分が聞く立場だから特にそう感じるのかもしれません。逆を考えてみましょう。服装に無頓着な人が専門用語(何があるんだろう ^^;)を聞いたときに、「えぇ〜そんなことも知らないの!」と言ってしまわないでしょうか。で、それをその言葉を使わないで説明するときに意外と苦労しないでしょうか。まさにその苦しみを味わっているということなのです。

その他には不潔とかロリコンとかファーストフードばかり食べているというような個人攻撃のようなものばかりなのですが、これがパソコンに詳しい人に対するイメージなのかなぁとちょっとへこみながら見ていました。

パソコンに関して聞かれる立場から言わせてもらうと、説明書を読めばすぐに分かることを読まないで聞いてくる、特に調べると言うこともしないで聞くということが本当に多いです。また、聞く方は1回であっても聞かれる方は5人から聞かれれば5回答えることになります。それが頻繁におこれば「俺は便利屋じゃないぞ」という気にだんだんなってきて、軽い撃退スイッチが入ってくるようになると思われます。勝手に解決してしまうと言われても、内容が意外に高度だったりした場合、説明を専門用語抜きでやる、もしくは専門用語の解説を加えながらやると相当時間をかけてしまうことが予想されることが結構あります(素人目に簡単に出来そうな時が一番やっかいか)。それを丁寧に対応すると今度は説明が長いと文句を言われどうすればいいの! ということになります。

だらだらとまとまりなく書きましたが、「知らない人に簡単に説明することは難しい」ということを分かって欲しいと思っています。

# だから私は分かりやすく教えられる人を尊敬します。
# 国語をきちんとやっておけばと今更ながら後悔しています。

最後に引用。これだけは意味が分からない。

コンピュータができるのはそんなに大したことではない。100Mを10秒で走れる方がはるかにすごい。ビルゲイツよりもイチローの方がすごい。だって、これから先、何年も努力すればビルゲイツにはなれるかもしれないが、イチローには絶対になれない。

--
(6/4 追記)

回答受付は終了したようですね。また、相当のトラックバックがありやはり相当物議を醸し出した様子。まぁ、相手の土俵で煽ったといえば当然といえば当然ですが。このエントリーを書いた後に書かれた回答に

人の都合も聞かずにわからないから教えろと言われ、専門用語が理解できないから説明しろと文句を言われ、 挙げ句の果てには専門的なことを尋ねているのに、専門的なことばっか言ってると理不尽なことまで言われ、 こっちも忙しいからちょっと早口でしゃべると、それが気に入らないと文句を言われ、 忙しいから代わりにやってやろうとすると、学習する機会を奪われてしまう、と変な因縁を付けられ、 部屋が汚い、服のセンスが悪い、食事が貧乏くさい、髪の毛が長いと私生活のことまで陰口を叩かれ、 社交的でないとか、不可抗力な禿のことまでパソコンと関係のあることであるかのように言われ、 プログラムを集中して書くのが仕事なのにサポートの電話に出ろと無理難題を言っておきながら、 当然結果に関しては責任は取らない。 それでもニコニコと専門用語の解説をしながら説明をし、「そんな単語ぐらいわかる。馬鹿にするな!」 と逆ギレをされても平然と説明を続ける、そんな聖人君子に私は・・・


なれるか、ボケッ!!


と皮肉を書いていらっしゃった方がいました。私はこんなにうまくかけません。

# 単純なこれまでの回答へのカウンターなので上の引用すべてにうなづけるわけではありませんが上のような
# 聖人君子がいたらまさしく「神」ですね。

投稿者 kato : 01:59 | コメント (0) | トラックバック