« 2006年6月 | メイン | 2006年8月 »

2006年7月31日

PINKY FRIENDS 「treasure」

Category: CD/DVD

  1. Shizuku
  2. 夢の扉
  3. Message...
  4. First step
  5. JUMP UP
  6. Dream Melody
  7. Color day's
  8. KEEP (PF.CHIAKI)
  9. Anjo 〜天使たちに預けた悲しみ
  10. Dear Friends 〜forever

「Dear Friends 〜forever」を今年の2月に購入した時にはまさかアルバムが出るとは思っていなかったのですが、 7/26 にアルバムが発売になりました。これは Amazon.co.jp で予約をしたのですが、発売日になっても発送されませんでした。で、Amazon のページを見たところ発送時期が最初 8〜10日だったのが、次の日には 4〜6週間に変わっていてひょっとしたら予約したのにも関わらず入手出来ていないのかも?と思いタワーレコードのサイトを覗いてみたら在庫があるようでしたのでそちらで注文したところ次の日に届きました。やっぱり Amazon は入手出来なかったのかなぁと思って見てみたら「在庫1点あり」だそうです(7/31 現在)。ということは発送直前だったのかもしれません ^^; 欲しい人は限定一名ですがチャンスですよ。

さて、ここからが感想です。PINKY FRIENDS は女性2人のユニットですが、前回購入した「Dear Friends 〜forever」の時と現在ではメンバーが一人入れ替わっています。それにも関わらず当時のメンバーの曲 M-3, M-10 が収録されているのでどうなっているのかというのが楽しみでしたがなんとというか当然というか新たに録音し直していました。アレンジも変わっていたのでちょっと嬉しかったです。

通して聴いてみて彼女たちの声質のよさをあらためて感じました。声が綺麗なのでハモりもすごく綺麗で気持ちがいいです。歌い方そのものには素直すぎるというか色気が感じられないところが少し残念です。悪く言えば学校の合唱から抜け出せていないような感じです。アレンジもどこか懐かしい感じのものが多かったです。そういう意味ではどこまで人に勧められるのかはよく分からない可もなく不可もない無難な作品でした。素材はよいと思うのでもう少し頑張って自分達の色が出せれば良いなぁと思います。

やはりシングルとして出している M-5, M-8, M-10 はいい曲だなと思います。それ以外では M-1 が気に入りました。個人的には似たようなテンポのものが多くてもうちょっとアップテンポな曲が多いと飽きがこなくてよいなぁと感じました。すでに書きましたが M-3, M-10 は新しい二人による新録なわけですが、アレンジ自体は前の方が個人的には好きですが、歌自体は慣れているせいかアルバム版の方が上手になっていました。

2枚目のアルバムが出るのかどうかは分かりませんが、出たならば成長が楽しみです。

投稿者 kato : 00:44 | コメント (0) | トラックバック

三枝夕夏 IN db 「Everybody Jump」

Category: CD/DVD

  1. Everybody Jump
  2. Walking in the wind with you
  3. 100もの扉-U-ka Solo Version-
  4. Everybody Jump (Instrumental)

書くのを忘れていましたが、7/12 に発売されました16枚目のシングルです。前作の「Fall in Love」 よりも個人的には好きです。インストアライブなどを見る限りは最近の曲でも結構いいなぁとも思うのですがどうも CD 聴くとイマイチだと感じてしまいます。現在のようなロック路線を貫くのならば一度アコースティックな構成で純粋にメンバーのみの音でやってみるとよいのでは?と思います。

発売日からこれだけ時間が経っていますがまだ数回しか聴いていませんのでこの程度しかかけません…。

投稿者 kato : 00:19 | コメント (0) | トラックバック

2006年7月30日

Regalo RG-5003-BK

Category: 雑記

USB メモリ付き腕時計の電池がなくなったためしばらく時計なしの日々が続いていました。電池交換をとも思ったのですが、肝心のメモリ機能がおそらく断線のため PC で認識しない状態になってしまいましたので、新しいものをと考えていました。次はネタ機能(いや、メモリ機能は結構重宝していました)ではなく、電波時計、自動巻きのようなきちんとしたものをと考えていました。

そういう思いがあるのにも関わらず最近回転計算尺付きの腕時計が存在することを知ってしまいました。ということでまたネタ機能付き腕時計に走ってしまいました。電波時計機能も付いているのは高いのであきらめ、回転計算尺、自動巻機能がついた時計を Yahoo! オークションで購入しました(オークションとはいっても店が出しているものなので新品)。まぁ、電波機能付きの時計は後日改めて買うかな。

さて、計算尺を利用すればかけ算と割り算が出来ます。写真(携帯で撮ったのでちょっと見づらくてごめんなさい)では 60x35 を計算してみた例です。外側の目盛り(これが回転します)を内側の 10 に合わせます。次に内側の目盛りが 35 の部分の外側の目盛りを読むと 21 となってその結果 2100 という答えを得られます。でも見る限りは 2120 になってしまうのですが ^^; あまり精度は良くないようです。まぁ、ネタというかおもちゃ機能ですね。それでも概算だけでも計算できるのは理系な人にとっては十分楽しめるおもちゃです。かけ算と割り算が出来ると言うことで説明には

■ かけ算
■ 割り算
■ 比例
■ 所要時間
■ 時速
■ 走行距離
■ 燃料消費率
■ 燃料消費量
■ 飛行可能時間
■ 距離換算
■ 燃料換算
■ 貨幣換算

が出来ると紹介されています。実際にどの程度使われていたのかは知りませんがパイロット用機能ということで例がそのようなものになっています。ちなみに原理は非常に単純で

log AB = log A + log B
log A/B = log A - log B

という高校の数学で習う対数の関係式を使うだけです。つまり外側の目盛りと内側の目盛りが対数軸になっているということです。その結果かけ算は足し算に割り算は引き算にすることが出来るということを利用します。数学の時間に対数を習って「何の役に立つのだろう?」と思った人には感動するかもしれないですね。ま、「電卓でいいやん」と言われそうですけどね。

でもやっぱり精度がイマイチなのが気になるなぁ。やはりこういうアナログなものを買う場合は精度を確認するという意味でも実際に時計屋で確認をして買った方がよいということを学びました。いずれもうちょっとまともなものを買おう。それまではこのおもちゃで遊ぶとします。

投稿者 kato : 23:46 | コメント (0) | トラックバック

2006年7月25日

紙 VS 電子媒体

Category: 教育

下のエントリーを書いていて思ったのことを。

効率がよいので電子辞書が紙の辞書にとって替わられたのはその通りなのですが、では紙の媒体はなくなってしまうかといえばそうではないと思います。調べるものがはっきりとしているときには圧倒的に電子辞書の方が早いし便利だと思います。しかしながら暇なときにパラパラと見てみるとか調べた際に目に止まった前後のものをついでに調べてしまうといったいわゆる「無駄なこと」をするには紙の媒体が適しています。

今の家庭にどれくらい何十冊とある百科事典がおいてあるのでしょうか。百科事典に載っているようなことであれば現在はほとんどインターネットで調べられるし電子辞書でも調べられるかもしれない。それでも置いてあることによって暇なときについ広げて見てしまいます。この効果はさすがに紙の媒体の強みだと思います。この「無駄なこと」が特に子供の頃には知的好奇心や雑学を広げる上では重要なことなのではないかなぁと思います。

無理に1対1に対応をさせるわけではないのですが、ここで書いた紙の媒体と学校(特に中高)での勉強は似たような意味合いがあるのではないでしょうか。中高の勉強というものは百科事典を読みあさるのと同じで一見意味がないと感じるかもしれないが、成長に大きく役に立っていいる類のものだと思います。

将来の目的が確実に決まっていて、それに突き進むのであれば電子辞書的に無駄なもの(不必要だと分かっている教科)を切り捨てるというのもいいでしょう。そうでないのならば「将来使わないよなぁ〜無駄だぁ」というものも直接的であれ間接的であれ良い方に影響すると思います。もちろん本当に必要がないまま終わるものもあるでしょう…というかその方が多いかもしれませんけどね。

完全なこじつけな気がしますがふと思ったので。

投稿者 kato : 00:37 | コメント (0) | トラックバック

2006年7月24日

EPWING をサポートすればよいだけかと

Category: 雑記

電子辞書時代 「紙」の憂鬱 (YOMIURI ONLINE)

今は中学生(小学生も?)も紙の辞書ではなく電子辞書を使う方が一般的になってきています。検索は早いしかさばらないということで非常に便利ですが、その一方で従来の紙の辞書の衰退しています。リンク先の記事はこれらに伴う影響について書かれています。

電子化に伴い「定番辞書」だけを採用するメーカーがほとんどなので淘汰されてしまっているらしい。そんな勝ち組辞書も使用料数百円程度らしいので今後改訂等が出来るかどうか心配なのだそうだ。ま、これが時代の流れと言えばそれまでなのですが、今後はインターネットによる検索や WikiPedia のようなサービス?や携帯などに電子辞書も取って代わられてしまうかもしれないので、辞書を作っている会社も大変だなと感じます。

記事の中にある日本出版学会の植村八潮理事の言葉で

「辞書の多様性を損なわないためにも、メーカーによってばらばらな辞書データの方式を標準化し、多くの出版社が電子辞書に参入しやすくしてはどうか」と提案する。

提案もなにもこれはすでに EPWING という規格が現在の電子辞書が普及する以前にすでにあったはずですが。まぁその当時出た電子辞書プレーヤーは高かったし大きかったのでお世辞にも普及したとはいえませんが。基本的にこの規格でそれほど不満があるとは思えないのですがメーカー側の意見としては

「今の便利さは各社が専用設計で競ってきたから。標準化すれば機能は落ち、お客さまのためにならない」(カシオ広報部)と慎重だ。

これはどうだろう。辞書は初戦データベースなので規格としてはっきりさせておいて、電子辞書メーカーはデータベースから取り出した情報をいかに料理するかを競えばよいだけだと思います。まぁ1から開発をしなければいけないので一時的に機能が落ちることは否めませんが。

現在ある EPWING という規格が現在の電子辞書に完全に対応しきれるのかどうかは分かりませんが、統一した規格で辞書は用意するべきだと思う。そうすれば電子辞書以外にも PC や PDA などでも活用できるわけですし。またそうすれば電子辞書に SD カードなどに追加可能な機種とかがあった場合、辞書の規格が統一されていればユーザーは「どの機種用の」などを考えることなく純粋に辞書を買えばよく混乱がなく買えると思います。

(以下蛇足)
近い将来電子辞書にもネットワーク機能が追加されて電子辞書サーバーにアクセスをして最新のデータに置き換えられるようになったりしたら現在の「改訂」という概念がなくなるのでしょうね。実際のところ辞書に関してはそのような形になっていくような気がします。もちろん辞書という権威?を保つためにもある程度の猶予を持って更新をすることには変わりがないでしょうけど。ただ、そうなると現在の EPWING だと無理でしょうから新しい辞書データベース規格を考えなくてはいけないかもしれませんね。

投稿者 kato : 23:55 | コメント (0) | トラックバック

あなたの町は何位?

Category: 雑記

『日経パソコン』 e都市ランキング 2006

情報・サービス(40点)、アクセシビリティ(10点)、庁内情報化(15点)、情報化対策(20点)、セキュリティ(15点)で評価をしたランキングが公開されています。あなたの町はいったい何位でしょう?この手の調査にどのくらい説得力があるのかどうかは分かりませんが話のネタにはなるでしょう。

でも札幌市が載っていないのは何故?

# 2004, 2005年にはちゃんと載っているのに…。単純に記載漏れかな

投稿者 kato : 19:03 | コメント (0) | トラックバック

2006年7月22日

Sony 「α100」

Category: カメラ

コニカミノルタから引き継がれたデジタル一眼レフ「α100」がとうとう発売になりました。買う気はないのですが、気になるのは写真のデータ、特にメーカーノート情報です。サンプルの段階ではまだ変わりそうだったので実際に市場に出回るまで待っていました。購入された方が挙げて下さった作例をダウンロードしてチェックをしてみました。

カメラ名は DSLR-A100 と出るようです。感じのメーカーノート情報ですが見てびっくりしました。前半に従来のソニーフォーマットのメーカーノート情報が後半にかつてのコニカミノルタフォーマットのメーカーノート情報がつながっていました。きちんとは確認していませんが本当に単純にくっつけただけっぽい。古い旅館の建て増しもびっくりの行き当たりばったりな仕様だ。

まぁ製品を出すという期限があってそれにソフトウェアの方が間に合わなかったのではないか?と邪推をします。このようなハイブリッドな仕様は今後も続くのかなぁ。いずれ新しい仕様を決めて移行するような気がします。もし移行するのであれば最初からそうして欲しいなぁというのが感想。

# というか単純にコニカミノルタ仕様のままにしておけばよかったのでは?と思いますが…

投稿者 kato : 01:27 | コメント (0) | トラックバック

2006年7月18日

北原愛子「もしも生まれ変わったら もう一度 愛してくれますか?」

Category: CD/DVD

  1. もしも生まれ変わったら もう一度 愛してくれますか?
  2. Dream☆ing
  3. アネモネ
  4. もしも生まれ変わったら もう一度 愛してくれますか? -instrumental-
  5. Dream☆ing -instrumental-

12枚目のシングルです。彼女のシングルを買うのはこれが初めてです。アルバムだけ買えばいいと思っていたのですが、来月発売されるアルバムとの連動企画に負けました。連動企画のポスターが当たったところで貼る気はないのですけどね。この辺がマニアックな性格が災いしているか。

曲の感想云々の前にタイトル長すぎです。ここで何度も書いていますが MP3 ID3V1 タグで収まる量にして欲しいものです。曲ですが可もなく不可もなしといった感じで特に印象はありません。強いて言えば M-2 が一番好きです。曲調は彼女(会社の?)ポリシーであるラテン調です。かといって特別にアップテンポというわけではなく耳なじみの良いテンポです。個人的にはもう少し何かしらスパイスがあればよいなぁと思います。

アルバムには毎回私にとってよいと感じる曲が何曲か入っていますので来月のアルバムが楽しみです。

投稿者 kato : 19:02 | コメント (0) | トラックバック

谷村有美「Feel Mie Special 1996〜1997 LIVE LIVE LIVE 〜しあわせのかたち〜」

Category: CD/DVD

  1. はじめの一歩
  2. 優しいのにも程がある
  3. 走れ!パンプス
  4. 恋に落ちた
  5. 一緒に暮そう
  6. 生まれ変わる気持ち
  7. HALF MOON
  8. Inst.Ver2.17
  9. 好きこそものの上手なれ
  10. しあわせのかたち
  11. 愛する勇気
  12. 午前0時のオアシス(Live Documentary)
  13. せめてものI LOVE YOU

(ジャケ写がないため Amazon へのリンク無し)

5/24発売で、そのあたりに購入をしたのですがずっと見ていませんでしたがようやく見ましたので感想を。かつて LD で出ていた彼女のライブDVDシリーズの最後です。このツアーから彼女のライブに行くようになりました(記憶が確かならばこれを含めて3回行けたのかな。)。

かつての弾けた感じの曲から重たい内容の曲が増え始めた頃でいろんな意味で彼女も苦しみ始めた頃なんだと思います。それでもステージは元気いっぱいで映像も良かったです。彼女はラジオもやっていたので MC は(つまらないギャグも多いですが ^^;)かなり面白かったです。特に印象的だったのが、ステージで使用したピアノの紹介で会社名、型番からそのピアノの歴史まで語ってくれました。当然全く覚えていませんが…。普段はギターが多いような音を聴いているので、ステージにピアノ、キーボード、オルガンと揃っているのはすごく新鮮であったことを覚えています。

アルバム「圧倒的に片想い」の M-1 である「Instrumental Part I」ですがリバイスを重ねてここでは Ver.2.17 となっています。曲にバージョンがついているのを見たのは今のところこの曲だけです。でもこのインストはすごく好きです。そういえばこのアルバムのタイトル曲「圧倒的に片想い」は私のキーボード練習曲でしたが忙しくて途中で止めたままになっているなぁ。また復活させようかしら。

この DVD をもって谷村有美作品のリソースは出きったと思われます(CD をリマスタリングすれば別ですがやらないでしょう)。ただ本 DVD 内の彼女のメッセージには「近いうちにまた」みたいなことが書かれています(今手元にないので正確ではありませんがこんな感じです)。確かに、現在も彼女は細々と活動は続けているようです。たとえインディーズであったとしても CD や DVD を出すことはあるのかなぁ。あったとしても新しい支持者を得ることはかなり難しい気がします。どうするんでしょう。ある意味楽しみです。

投稿者 kato : 18:36 | コメント (0) | トラックバック

2006年7月13日

vin-PRAD

Category: 音楽

そのうち買おうという覚え書き

ホームページ:
健康音楽!vinPRAD

投稿者 kato : 01:58 | コメント (0) | トラックバック

2006年7月12日

赤外通信で取得した画像のJPEG化

Category: 携帯電話

SA702i で撮影した写真を PC 等で利用する方法はいくつかあります。一番単純な方法はメールに添付して送ってしまうということです。しかしながらサイズが大きいと大変だし DoCoMo の場合は Exif 情報を自動的に削除してしまうようなのであまり嬉しくない。次に楽な方法は mini SD カード及びリーダーを用意して PC に取り込む方法です。おそらくこれが一番確実(…と書きましたがどうやらそうでもない様子、今日あたり mini SD カード買ってきて試してみるか)。しかしながら mini SD カードをまだ所有していないということと試してみたいと言うこともあって3番目の方法、赤外通信を利用する、を試してみました。

赤外受信には Zaurus SL-C750 を利用しました。使用したソフトは vNote/画像ファイル変換アプリ「QT写ビーム」です。使い方等は携帯の取説及びソフトの使い方を見ればすぐに分かるので割愛します。 QT写ビームを使って無事に赤外線通信により画像が Zaurus の方に送られました。その際生データ?の vnt という拡張子のついたファイルと、QT写ビームにより作成(変換)された JPEG 画像が保存されます。この JPEG 画像を確認してみたところ Exif 情報が消えてしまっていました。

う〜ん、どうしたものかと vnt ファイルを見てみるとどうやらヘッダがあってその後は MIME でエンコードされているだけのようです。これならば簡単に変換スクリプトが作れるぞということで作ってみた。MIME::Base64 モジュールを利用しているのでこれを入れないと Zaurus でこのスクリプトを使うことはかなり大変だと思うので役に立つ人は少ないかも。でも備忘録として載せておきます。

以下、ソースコードを紹介します。このスクリプトを利用したい方はここからダウンロードして下さい(678 byte)ただし拡張子が _pl になっていますので .pl にリネームして下さい。ソースは5分程で書いたものですのでかなり適当というか vnt の書式を決めつけてしまっていますのであまり汎用性はないのかも…

#!/usr/bin/perl use MIME::Base64; my $carg = @ARGV; if( $carg != 2 ){ print "\n usage: $0 \n\n"; exit; } $vnt_file = shift @ARGV; $jpg_file = shift @ARGV; unless( -T $vnt_file ){ print "$vnt_file is not a text file or not found\n"; exit; } open( VNT, $vnt_file ) || die; open( JPG, "> $jpg_file" ) || die; my $header = 1; my $mime_encoded = ''; while( ){ chomp; if( $header == 1 ){ next unless ( /X-DOCOMO-BODY\;ENCODING\=BASE64\:(.+)$/i ); $header = 0; $mime_encoded = $1 . "\n"; next; } last unless ( /\S/ ); $mime_encoded .= $_ . "\n"; } print JPG &decode_base64( $mime_encoded );

使い方は簡単で

$ ./vnt2jpeg.pl

です。というか QT 写ビームも JPEG に変換する時は単純に MIME デコードにすればいいのに…

投稿者 kato : 06:29 | コメント (0) | トラックバック

初携帯

Category: 携帯電話

@FreeD の年契約が満了しました。今年の10〜12月に DoCoMo の PHS は停波になることは決定済みなので更新をする気にならずそのまま契約を停止しようかと思いましたが FOMA の契約をすることにしました。理由は

■ もう1回線契約している PHS は停波まで使う予定
■ 上記 PHS が停波時に FOMA に移行すると電話番号の以降の知らせをスムーズに出来ない
■ ファミリー割引で PHS + FOMA でも FOMA 単体と基本料金はほとんど変わらない

ということです。GPS 付きのものが欲しかったところ、ちょうどタイミング良く SA702i が発売されましたのでこれで契約をしました。PHS -> FOMA 以降優遇措置として2万円分のクーポンがありましたので本体代はただですみました。GPS も無事測位出来ているし、簡易コンパスも素晴らしい。詳しい使い方はゆっくりとしるとしよう。

番号とメールアドレスを知りたい方は連絡を下さい。現実世界で私と知り合いだと言うことを確認出来た場合にだけお教え致します。

投稿者 kato : 02:10 | コメント (1) | トラックバック

プロではありなのか?

Category: スポーツ

ちょっと旬から過ぎた話題なのですが、先日日本ハムのダルビッシュ投手がユニフォームを忘れて八木選手のユニフォームを借りて当番したという話題がありました。当然番号も違うし名前もきっちり「YAGI」と書かれたユニフォームを着て投げていました。おそらく相手チームが了承をして審判も認めれば(そして八木選手が出場をしなければ)大丈夫ということでルールでなっているのでしょう。

私が学生時代、バスケットボールの大会で我々の選手でユニフォームを忘れた人がいました(正確にはその人のせいではありませんが…)。彼はスタメンかつ重要な選手だったためになんとか出られるようにあれやこれや考えました。出した結論は以下の通りです。彼の番号は 5 なので補欠の選手(番号 15)に我慢をしてもらい、彼のユニフォームを着用しました。その際、 1 をユニフォームと同色のビニールテープで隠すという誰が見ても一発でばれる苦肉の対処を施しました。

まぁ、インカレにつながるような重要な大会でもなかったため審判も大目に見てくれて試合がスタートしました。試合が進むにつれてビニールテープが汗ではがれ始めてきました。なんとかごまかしごまかしやっていたのですが、ある時に完全にはがれてしまってその瞬間「テクニカルファール」を受けてしまいました。そして後日このような不正をしないようにと明文化されたような気がします。

# かなり昔の話なので番号に関してはあやふやですが重要なのはテープで番号をごまかしたということです。

ダルビッシュ投手の件を知って、まっさきに浮かんだのがこの出来事で、野球では両チームかつ審判の了承があればよいのかなぁ…と考えてしまいました。

話ががらっと変わるのですが、サッカーのワールドカップの準々決勝のドイツ対アルゼンチン戦の PK 戦においてドイツの GK がソックスに相手の癖が書かれた紙を忍ばせていたそうです。このようなカンニング行為?はルール的には OK なのでしょうか?サッカーの細かいルールには詳しくないので私はよく分かりません。

投稿者 kato : 01:53 | コメント (0) | トラックバック

ミホミホマコト 「ミホミホマコト」

Category: CD/DVD

  1. I want to be loved
  2. Gone The Rainbow
  3. Three Topazs
  4. Sunset Blue
  5. ラバトでキャメル
  6. I want to be loved (japanese version)

朝日美穂、もりばやしみほ、川本真琴のユニット「ミホミホマコト」の最初で最後?のミニアルバムを発売日からは少し遅くなりましたが購入しました。巷では川本真琴が久しぶりに CD を出したと言うことで話題になりましたが、私は朝日美穂も好きで聴いていますのでこのユニットは大歓迎です。限定版には M-1, M-2 が納められた DVD もついています(まだ見ていません)。

で、一通り聴いてみた感想を以下に。ミニアルバムということもあるのでしょうがやけにあっさりと終わってしまったなぁという印象があります。曲はどれも心地よいのですが、悪く言えば癖がなくて印象があまり残りませんでした。もりばやしさんはよく分かりませんが、朝日さんも川本さんもあくが強い曲を歌っているのでそういう類をそうぞうしていたので少し残念でした。ちなみに川本さんらしさを求める人は M-5 がお勧めです。

苦言を書きましたが、単純に私が想像していたものと違っていただけのことです。先入観を外して聴けば結構はまりそうな曲ばかりです。しばらくはヘビーローテーションをすると思います。

MP3 化するとき M-5 を「ラバトでキャラメル」と書いてしまったことは内緒です。

投稿者 kato : 01:40 | コメント (0) | トラックバック

2006年7月 5日

中森明菜 「不思議」

Category: CD/DVD

  1. Back door night
  2. ニュー・ジェネレーション
  3. Labirinth
  4. マリオネット
  5. 幻惑されて
  6. ガラスの心
  7. Teen-age blue
  8. 燠火
  9. Wait for me
  10. Mushroom dance

中森明菜の過去の作品が紙ジャケ、24bit リマスタリングで再発されました。このアルバムはかつてレンタルレコードでカセットテープに録音をして聴いていました。もうそのカセットテープはない(…と思う)のですが、アルバム自体は好きなので機会があれば CD として購入をしたいと思っていました。

このアルバムを一番最初に聴いた時、歌詞が聴き取りにくく「録音失敗したかな?」という感想を持ちました。当時レコードをカセットテープに録音するときは、カセットデッキで録音レベルを調整し、その後イコライザーで自分が最適だと思う音に調整をしていました。その調整を失敗したのかなぁと自分を責めていました。ところが実は本当に聴きづらい?らしく当時はかなりの問題作だったらしいです。

レコードではなく CD を聴いてみてもやはり声を聴き取るのは難しい。もちろんかつて何度も聴いた曲だし歌詞もほとんど覚えているので聴き取れるのですが知らない人に聴かせたらかなり困難だと思う。改めてよくこんな作品を出したなぁとちょっと感動をした。しかしながらその聴きづらさが逆に心地よくなってしまっているから不思議なものです。ギターの音などはさすがに昔の感じだなぁという感じがしますがアレンジ自体は今でも十分通用するような気がします。とても格好いい。

まだまだかつてレンタルをしたもので CD として買いたいものがあるのだけどなかなか買わないなぁ。もうちょっと安く再発してくれると嬉しい。

投稿者 kato : 01:18 | コメント (0) | トラックバック

CorelDRAW X3

Category: コンピュータ

コーレル、プロ向けデザイン作成統合ツールを発売 (ITpro)

もう日本版が出ないのではないかと心配された CorelDRAW X3 の日本語版が 8/4 に出るそうです。

参考 URL:
コーレル、プロ向けデザイン作成統合ツールを発売 (ITpro)
コーレル、統合グラフィックスソフト『CorelDRAW Graphics Suite X3』を8月4日に発売 (Ascii24)
コーレル、総合グラフィックソフト「CorelDRAW Graphic Suite X3」を発表 (MYCOM ジャーナル)
プレスリリース (Corel)
製品紹介 (Corel)

投稿者 kato : 00:31 | コメント (0) | トラックバック