« 2006年11月14日 | メイン | 2006年11月16日 »

2006年11月15日

Junior Wells 「Live at Theresa's 1975」

Category: CD/DVD

  1. Little By Little
  2. Snatch It Back And Hold It
  3. Talk
  4. Love Her With A Feeling
  5. Talk
  6. Juke
  7. Talk
  8. Happy Birthday
  9. Talk
  10. Scratch My Back
  11. Help The Poor
  12. Talk
  13. Come On In This House
  14. Talk
  15. What My Mama Told Me
  16. Key To The Highway
  17. Talk
  18. Goin' Down Slow
  19. Talk
  20. Messin' With The Kid

ジュニアーウェルズのクラブでのライブ音源の CD化されたものです。最近になって、こういうライブ音源の CD 化が増えていてとても嬉しい。ブルース(…に限らずたいていの音楽)はやはりライブが一番格好いいと思う。この作品はお客さんも常連さんということもあって本人もとてもリラックスしているような感じですし。

彼の作品自体は初めて買うのですが、オムニバス CD 等で彼の曲は何曲か聴いたことがあったり、別の人のカバーだったりするので何曲かは知っている曲がありました。どの曲もギターがとても格好いい。この時代のシカゴブルースはギター(ブルース)好きにはたまらないですね。 M-16 は超有名曲ですがこのようなアレンジで聴くのは初めてだったかもしれない。それがよかったかどうかは別として。

M-8 はみなさんもよく知っているお誕生日の歌です。ちょうどそのとき誰かの誕生日だったのでしょうか?ただ、この曲に2番(How old are you? ...)があることを初めて知りました。ひょっとすると創作なのかもしれないし3番以降もまだあるのかもしれませんけど。

投稿者 kato : 23:47 | コメント (0) | トラックバック

朝日美穂 「Classics」

Category: CD/DVD

  1. 唇に
  2. バスタブライムス
  3. ムーンライトシンフォニー
  4. Eternal Flower
  5. Black Milk
  6. 日蝕
  7. Silly Game
  8. 西の空へ
  9. しあわせをうたおう
  10. FRIENDS

彼女のデビュー10周年を記念してのセルフカバーアルバム。ベスト盤ではなく、セルフカバーですのですべての曲が新録です。しかもアコースティックな構成で、観客の声があればライブアルバムといってもよいかもしれません。

私が彼女を知ったのは比較的新しいので知っている曲は M-2, M-7 しかありませんのでオリジナルアルバムのように聴くことが出来ました。彼女が持っている声質の良さ、楽曲の良さがよく表れている作品だと思います。ポップというよりもジャズっぽいとてもオシャレな感じの楽曲が多く、カフェとかでバックにかかっていたら心地よいだろうなぁと思います。

唯一残念なのは彼女がやるライブは関東だけだということです(本作品にはまったく関係ありませんね)。

投稿者 kato : 23:24 | コメント (0) | トラックバック

気づかなかった…

Category: 設定

最近スパムコメントやトラックバックがこないなぁと思っていたら単純にパーミッションの問題でそもそもコメントやトラックバックできない状態だった。これからまたたくさん来てしまうのかなぁ。

--
(追記)

ということで戻したら早速いらっしゃっていました…

投稿者 kato : 05:54 | コメント (0) | トラックバック