« 2006年11月 | メイン | 2007年1月 »

2006年12月30日

食べる科学

Category: 科学

チョコとココアで学ぶ火山活動 (slashdot.jp)

理科教本「世界一おいしい火山の本−チョコやココアで噴火実験−」という本があるらしい。1,575円と気軽に買うにはちょっと高そうな気がしますが面白そうなので買ってみるかな。チョコレートの溶岩が固まる速度と実際の火山活動の溶岩はいい関係なのだろうか。

投稿者 kato : 21:35 | コメント (0) | トラックバック

札幌にいたらちょっと確かめたかったかも

Category: pya!

とあるチラシにて (pya!)

潰れそうなクリーニング屋って…。南郷18丁目のあたりは何度かしか言ったことないからなぁ。

投稿者 kato : 21:26 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月27日

ネッキントッシュ

Category: ネタ

Lasy Necintosh User's Manual

まだちゃんと読んではいない

投稿者 kato : 20:57 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月24日

高田渡 「高田渡 BOX」

Category: CD/DVD

(曲は多いので省略)

伝説のフォークシンガーの一人高田渡さんの1971年発表「ごあいさつ」、1972年発表「系図」、1973年発表「石」が納められたボックスセットです。中には簡単なライナーノーツもあります。なぜか「石」だけは歌詞カードがありません。

そもそも私が生まれる前の作品ですし、それゆえ世代が1つないし2つ異なるため彼の作品は今まで聴いたことはなかったのですが、一度聴きたいと思っていました。特に(私的に)有名な「アイスクリーム」、「値上げ」あたりはオリジナルで聴いてみたいとずっと思っていました。いろいろ聴きたい音楽がありますので、どうしても後回しになりがちだったのですが思い切って今回購入しました。挙げた作品を聴きたいのであればボックスセットではなく「ごあいさつ」単体を買えばよかったのですが、3枚でも4000円ほどでしたのでこれにしました。

聴いてみるとやはり「値上げ」は名曲だとしみじみと感じました。その他にもすごくいい曲が多いです。フォークといってもかき鳴らすタイプではなく心地よいギターをベースに語りかけるような歌い方で意味のある内容からまったく無意味なことまで歌っています。「ミミズのうた」とかとても意味があるとは思えない。いや、実は深い裏の意味があるのかもしれませんが。フォークとひとくくりにしていますがブルースやロックっぽいのも数多くあります。「ごあいさつ」の M-2 「失業手当」なんか完全にブルースだし。

まぁさすがに時代を感じますので人に勧めるのは難しいのですが、機会があれば一度聴いてみて欲しいなぁと思います。昨年56の若さで亡くなってしまったため、ライブ等で拝見する機会を絶たれてしまったことが非常に残念です。その当時一度も作品を聴いたことがなかったのにもかかわらず非常にショックを受けたことを覚えています。

投稿者 kato : 03:11 | コメント (0) | トラックバック

秋山奈々「オレンジ色」

Category: CD/DVD

  1. オレンジ色
  2. tiptoe
  3. オレンジ色 (instrumental)
  4. tiptoe (instrumental)

すっかり書くのが遅くなってしまいました。ほぼ1ヶ月前のことなのですが、たまたまインストアイベントに出くわしました。ちょうどそのお店のポイントがたまっていたこともあってこのシングルを購入をして参加してみました。

このシングルは2枚目でインストアイベントではデビューシングルを含む彼女のすべての持ち歌4曲(カップリグまで!)を歌うというある意味太っ腹な構成でした。まぁ本業は女優(+グラビア?)業で、片手間で?音楽をやっているという感じですので特に期待もしていなかったのですが、その予想が裏切られることもない歌を聴きました。そういう意味では彼女のファンでないととても買わないだろうなぁ。

ちなみにシングルは初回盤と通常盤があります。両方とも曲の他に CD-Extra で映像が収録されています。両者の違いはこの映像の違いのようです。片方が PV でもう片方がデビューシングルのインストアイベントの様子が収録されています。私が購入したのは後者でした。で、これが初回盤のようです。

とても売れているとは思えないのですが無事に来年 2/14 に3枚目のシングルが出るようです。この調子だとアルバム1枚は出せそうです。シングルはパスするだろうけどアルバムはどうしようか…

投稿者 kato : 02:54 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月23日

Perfume 「Twinkle Snow Powdery Snow」

Category: 音楽

Perfume からのクリスマスプレゼント?ということで 12/20 に音楽配信限定の新曲が発表されました。PC 用と携帯用両方出ています。普段 Windows は使わないのですがこれだけのために初めて音楽配信を利用しました。レーベルゲートだと別途ソフトをインストールする必要があるので、WMA 形式で配信してくれる mora win で購入(210円)。

早速聴いた感想を。かなりダンサブルな感じに仕上がっています。これは歌い方こそ無機質ですが、テクノ色はあまり感じられませんでした。そういう意味では物足りないと思う人もいるような気もしますが、とにかくノリが良い曲ですので個人的にはかなり気に入りました。 mora では12/23 現在配信ランキング上位です(mora 9位、mora win なんと 1位!)。なかなか良い調子ですね。気になる方は是非。着うたの方は私はパスしました。マナーモード以外になることはないので…

早速昨日のライブでも披露されたそうです。でも、曲的にはクリスマスソングっぽいので次に歌うのはいつなのだろう ^^; また、2/14 の CD リリースに続き 3/14 に DVD リリースも決まった模様。DVD はライブなのでかなり楽しみ。是非 MC をカットしないで入れて欲しい。

参考 URL:
Perfume オフィシャル

mora からダウンロード
mora win からダウンロード
Yahoo! Music からダウンロード
HMV よりダウンロード

投稿者 kato : 02:55 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月22日

本当にこのように出てきたらすごい

Category: pya!

ググれ (pya!)

まぁ何度かやられると違った意味で腹が立ちますけど。ls を間違えて sl と打った時の脱力感に近いかも…

投稿者 kato : 17:12 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月19日

ナップスターに関する記事

Category: 音楽

定額配信サービス上陸! ナップスターが変える音楽の“価値” (デジタルARENA) の第3回目の記事 定額配信サービス上陸! ナップスターが変える音楽の“価値”がなかなか興味深かった。

ナップスターによる音楽配信サービスが始まって体験版により参加をしていて、期限を数時間過ぎてしまったために1ヶ月間 napster to go 契約として1980円払う必要が出てしまった ^^; 対応するプレーヤーもないのに…まぁ割り切って1ヶ月間は利用したいと思います。私の場合問題は普段 Linux 使いなので利用しづらい点です。デスクトップには VMware がインストールされていてゲスト OS として Windows が入れてありますので無理矢理それで聴くということになっています。 Linux に対応してくれれば継続的に契約をしたいなぁと思うけどそれは現在の DRM では無理だからなぁ…

有線の時も感じましたが、ナプスターのように定額で聴き放題になると常に試聴状態になってしまい、今まで聴かなかった人の CD を買いたいと思ったりします。実際有線では3組、ナプスターでは1組買ってしまいました。そう考えるとタワレコがナプスターと協力して音楽配信というのは正解なのでしょうね。ライトユーザーが CD を買わなくなるかもしれませんが、ヘビーユーザーがますます CD を買うようになるという意味で。実際タワレコの売り上げは若干上がっているようですし。まだ始まって間もないので統計的に怪しいですが…

個人的なお話はさておき、記事でちょっと笑ってしまったのは8ページ目の記事で札幌のタワーレコードに関するお話。引用しちゃうと長くなるので簡単にまとめるとかつて五番街にタワーレコードが存在していた。でもそれはタワレコファンが勝手に「タワーレコード五番街」と名付けたヤミタワーだったそうです。で、看板を下ろして下さいと苦情を言いに行ったらそのオーナーがタワレコの大ファンということで(というよりもオーナーの人柄のよさで?)買い取りということになって札幌に真の?タワレコ1号店が出来たそうです。こんなこともあるのですね。

話を音楽配信に戻します。記事を読んでいて感じたことを感じたままに書きます。お金の分配に関して、細かい内容は別として再生回数を基準に分配されるらしい。再生回数はポータブルプレーヤーでの再生も含まれるらしい。おそらく PC と同期するときに再生回数の情報が送られるのでしょう。そういうことを考えると DRM も仕方がないのかなという感じもしたし、再生回数で分配されるというのは非常にフェアなので理想型に近いような気がする。

CD のようなパッケージ販売の場合店舗のスペースなどを考慮するとどうしても売れそうなものだけを置くことになり、新たに発掘する機会を減らしています(特に小さい店舗の場合)。それを埋めるのが Amazon のような通信販売形態なのかもしれませんが、基本的には目的を持ったものを買うだけで「ジャケ買い」のようないわゆる衝動買いをすることはあまりありません。そういう意味ではパッケージ販売は限界点に達してしまっているのかもしれません。もちろんパッケージ販売がなくなることはないと思います。形として残すことそのものに意義があると思うし、購入特典のイベントとか開催しやすいしね(これは関係ないか)。そして何より現在の通信速度のままならば不可逆圧縮音源を配信することになるのできちんとした音源を持ちたいという私のような人がいるでしょうから。

音楽配信は今後ますます普及すると思うのですが現段階でやはり問題に感じるのは DRM とフォーマットです。各社デファクトスタンダードになるべくばらばらに立ち上げてしまったので(まぁ iPod のおかげかせいかで力関係は明白ですが…)まとまりがない。この状態で仮に A, B, C がナプスターのような定額配信を行ったとします。A ではプレーヤー a に対応しているが B/C では駄目ということが起こってしまい、広範囲に音楽を聴こうとすればするほどお金がか買ってしまいます。また安く押さえようと A/B/C いずれかを選んだ場合、登録時に自分が好きな音楽が数多くあるサービスを選択するでしょう。現在は音楽配信サービスに曲を提供するかどうかはアーチストの意向と言うよりも音楽会社の意向です。そうなると選んだ音楽配信サービスはその限られた音楽会社のものにかたよってしまうことになります。

少し DRM/フォーマットから話がそれてしまいました。指摘したい問題点は現在は配信する規格に統一がないため機器等を選ぶということ、また利用するソフトやその環境も選んでしまうということです。冒頭にも書きましたが私は Linux を普段利用していまして Windows をメインではほとんど利用しません。その場合音楽配信サービスは全滅といってよい状況にあります。だから音楽配信サービスを利用していなかったわけですけどね。個人的には DRM/フォーマットに関しては OS に依存しない統一規格にするべきだと思っています。理由はすでに述べたような機器を選んでしまうという問題です。今後問題が表面化しそうなのは技術革新等によって OS が次世代に移ったとき、もしくは OS のシェア構造ががらりと入れ替わってしまった時、DRM/フォーマットが OS に依存していると配信する側も受け取る側も問題を持つことになります。なのでどこかで統一をしてくれないかなぁと思います。

まとめることなく書き出しましし推敲する気力もないので乱文になってしまった。最後に、現在のナプスターのソフトはもうちょっと改善してもらいたい。いちいち各カテゴリのトップにいかれるとチェックが面倒だ。あとやっぱりもうちょっと日本人アーチストを入れて欲しいですね。特にオリコンで50位にも名前が挙がらないような人たちはたとえ名曲であっても CD 店にすら置かれずにひっそりと埋もれてしまうでしょうからこういうところに力を入れて広めるべきかなぁと思います。自分の楽曲に自信があるならばなおさら。ま、この辺は音楽配信サービスとの契約がレコード会社単位ではなくアーチスト単位で出来るようにならないと駄目なのかもしれませんが、これは大人の事情でクリアされるのは難しいでしょう。

投稿者 kato : 08:39 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月11日

残念

Category: 雑記

今日は御嶽山がきれいに見えるのですがデジカメの充電池切れで撮れず。また、朝とても巻雲がきれいだったのですがやはりデジカメの充電池切れで撮れず。あぁ残念。

投稿者 kato : 13:24 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月 9日

工人舎「SA1F00A」

Category: コンピュータ

今月の初めにA5サイズのノートPC「SA1F00A/B」が工人舎より発売されました。サイズは218W/163D/25.4H (mm) とかなりコンパクトなサイズです。重さは960g とサイズに対しては少し重いかなという感じです。大きさでも十分アピールできる製品なのですが、それ以上に魅力的なのは価格で9万円を切っています。

一般的にノートPCの値段はサイズに反比例して高くなります(それに対してスペックは比例して悪くなる)。ではどうしてこんなにも安いのか。それはスペックを相当落としたからです。CPU には AMD Geode LX800 (500MHz)という普段聞いたことがないようなものを使っています。これは組み込み向けのCPUで低消費電力などが売りの製品だそうです。また、液晶もカーナビに利用されているものの流用だそうでその辺もコストダウンできた要因かもしれません。液晶サイズ相応といえばそれまでですが、解像度は 800x480 と低いです。

いろいろ制約があるのでセカンドマシン、サードマシンと割り切って使わないと不満が出る製品でもあると思いますが、逆に言えばそれだけ理解していれば低価格で手に入る非常に魅力的な製品だと思います。私の場合、プレゼンに便利だなと感じて物欲に駆られていました。何度か工人舎の Web サイトからポチろうと思ったのですが耐えていました。ところが?ヤフオクで定価より1万円以上安い値段で出品されていたので入札してみたとこら落札できてしまいました ^^; ということで昨日やってきました。

詳しい紹介はまたゆっくりと書きたいと思いますがファーストインプレッションを。液晶は思った以上に綺麗でした。やはり 800x480 はせまいですが、我慢すればFn+Esc で 1024x600 で表示できますのでうまく併用すればよいかな。

一番問題と思われる実行速度ですが、普段利用する程度ならばそれほど不満がないような気がします。現在セカンドマシンとして利用している LOOX T9/80M よりも体感的に早い気がします。 CPU の能力的には LOOX の Crusoe 800MHz の方が上だと思いますが、メモリのせいなのか Crusoe が特殊だからかわかりませんが LOOX よりきびきびした印象を受けました。ちなみにスーパーπによるベンチマーク結果は 6分10秒でした(LOOX は4分程度)。これから判断すると PentiumIII 400MHz くらいと考えればよいかな。

小さいマシンで問題となるのはキーボードです。可能な限り大きく作られているようで問題なくタッチタイプできます。しかしながら問題なのはかなり圧力をかけないとキーが反応しないところです。押したと思ってもなかなか反応してくれません。この記事を SA1F00A で書いているのですが結構てこずっています。ただ、それなりに慣れてくれば解決しそうな気がします。これは個体差だと思うのですが、タッチパッドの右クリックボタンの反応が異常に悪いです。これだけはなんとかならないかなぁ

ポインティングデバイスに関してはタッチパッドのほかにも液晶の両隣にポインターとマウスボタンがあります。こちらの方は感度良好でこれがあれば外付けのマウスは必要ないかと思われます。

まだ回転液晶とか書くべきことはありますが、今回はこの辺で。いずれ大きさ比較のための写真も載せればと思います。

投稿者 kato : 07:02 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月 1日

中国将棋

Category: 雑記

なぜか周りで中国将棋が流行っている。ヘボ通しなので定石も分からないし、見落としもかなりある。今日は勝てると思ったのに致命的な見落としを2回もしてしまい負けてしまった…弱いなぁ。

投稿者 kato : 05:01 | コメント (0) | トラックバック