« 2007年1月 | メイン | 2007年3月 »

2007年2月24日

月刊ジャンプ休刊

Category: 雑記

「月刊少年ジャンプ」休刊へ (slashdot.jp)

全盛期と比べれば相当少ないけどまだ約40万部も売れているのだから止めちゃう必要がない気がするけどそうでもないのかなぁ。ま、そういう私も月刊ジャンプはもう読んでいませんけどね。いつまでも読むのはどうかと思うようになって新連載は読まないというスタンスで最近はいます。その結果、月刊ジャンプは「ダブルハード」終了をもって読まなくなりました。このように徐々に読む量を減らしているのですがなかなか連載が終わらないものが多い ^^;

ちなみに休刊とは廃刊とほぼ同じ意味です。では何故「廃刊」にしないのかというと、雑誌を出版する権利を一度失うと再度取得することは相当困難なのだそうです。なので、仮に復活をした時に廃刊をしてしまっていると申請が通らないのだそうです。なので、必ず休刊にするのが慣習なのだそうです。このことは Oh! FM-TOWNS が廃刊になるときに知った。FMV-TOWNS の発表のすぐに廃刊が決まってかなりショックだったことを覚えています。

いずれにせよ、集英社のいう「時代にあった新雑誌」に期待です。読まないけど。

投稿者 kato : 02:43 | コメント (2) | トラックバック

2007年2月20日

ニューカロリーメイト

Category: 雑記

カロリーメイトのポテト味が4月から発売 (アメーバニュース)

ポテト味かぁ。微妙だ。

投稿者 kato : 07:23 | コメント (0) | トラックバック

Perfume 「ファン・サーヴィス [sweet]」

Category: CD/DVD

  1. チョコレイト・ディスコ
  2. Twinkle Snow Powdery Snow

(Amazon に画像がなかった…)

Perfume 2007年第1弾シングルは 2/14 発売ということでバレンタインを意識した楽曲となっています。シングルだというのに曲名がタイトルではないある意味画期的な作品です。CD の他にそれぞれの PV が収められた DVD とプロデューサーである中田ヤスタカさん撮影によるブックレットが同梱と豪華な内容です。ただ値段も 2,100円とシングルとしてはかなり割高になっており、一見さんが気軽に買うにはちょっときついような気がします。そういう意味ではすでにファンになっている人達へのサービスなのか。

M-1 はそのものずばりのタイトルです。歌詞自体はかなりチープなのですが、テクノ特有?の繰り返しにより一度はまるとなかなか抜けられない中毒性の高い楽曲です。事実私も「チョコレイト・ディスコ♪」のフレーズが頭から離れないです。本人達も言っているのですが、今までの楽曲の中で一番テクノ色が強いかもしれません。

M-2 は12月に音楽配信限定としてリリースした作品です。当初限定としていたのですが、mora win のダウンロードランキングで1位を獲得したということを記念して? CD 化を決めたそうです。まぁ、表向きにはこのようになっていますが、最初からこの CD に含める予定だったのでしょう。大人の事情はさておき曲についてですが、タイトルから想像できるように曲の世界は12月から1月あたりで若干季節が過ぎているような気がします。M-1 は比較的シンプルなアレンジなのに対して M-2 はもう少し厚みがあります。イメージは昨夏にリリースされたアルバムに収録されている「Perfect Star Perfect Style」 の延長上にあるようなアレンジです。

M-1 の方も曲作りのアプローチとしては「Perfect Star Perfect Style」 に近い感じを受けました。すごく個人的には「エレクトロ・ワールド」のようなデジポップとギターを絡めたような方向を期待していたので残念といえば残念ですが、これはこれですごく気に入っています。

楽曲自体はすごく満足しているのですが、やはり問題は値段ですね。限定生産らしいこともあって、買えない人もいらっしゃるようです。これが爆発的に売れていると言うよりはむしろ入荷数が少ない、もしくは入荷をしていないという方が正しい気がします。私もアマゾンで予約をしたのですが、発売日を過ぎても発送されず(在庫がなかった…)、待ちきれなくてタワレコまで行って購入しました(ラスト1枚だったっぽい)。在庫を抱えたくないという気持ちも分からなくはないですが、通常盤もやはり出すべきだったと思います。ついでに言えば、バレンタインをターゲットにした楽曲ならばせめて1週間前に出すべきだったと思います。

通常の倍の値段にもかかわらず、オリコン1週目の売り上げ枚数は彼女達の自己最高位を記録しそうです。そういう意味では勢いが出てきていると思いますので限定、限定で売るのではなくてもう少し幅広く売っていただきたいものです。

来月はライブの模様を収めた DVD 「ファン・サービス [bitter]」 が発売になります。今度はホワイトデーということですね。とても楽しみです。 MC がたくさん入っているといいなぁ。

投稿者 kato : 06:04 | コメント (0) | トラックバック

電気ケトル

Category: 雑記

家はオール電化のおかげ?でコンロが1つです。これがかなり不便でお湯を沸かす作業を平行して行えないので電気ケトルの購入を検討していました。比較的安価なものはプラスティック製のため、ステンレス製を探していた私はなかなか購入にいたりませんでした。

いつだったかは忘れたのですが、ここで紹介している電気ケトル EDK-L15S が5000円を切っていましたので、通販にて購入しました。消費電力が 1250W というだけあって、すぐにお湯が沸きます。マグカップ1杯分ならば1分程度じゃないでしょうか。1リットルでも数分で沸きます。短時間ではあるもののかなり電力を消費するのでブレーカーが落ちることに注意しなくてはいけませんが、かなり便利で必需品となっています。

この商品はすでにカタログ落ちしているものですので手に入れることは難しいと思っていたのですが、アマゾンに在庫があることを知ったので(しかも安い!)思わず紹介をしました。

投稿者 kato : 02:56 | コメント (0) | トラックバック

負けたらしい

Category: pya!

【冠】だいこんおろし記念レース

ツボに入ってしまったらしい。後で叱られたのかなぁ。

投稿者 kato : 02:52 | コメント (0) | トラックバック

キャンディー

Category: 紅茶

先週の金曜日のことですが、東京出張のついでに久しぶりに青山のティーファクトリーに行ってきました。時間的に中途半端だったので煮出しのミルクティーをいただいただけで特に甘い物は頼みませんでした。

ティーファクトリーはセイロンの紅茶を中心に扱っています。ということで?ついでに茶葉も購入してきました。家にヌワラエリアとウバはあるのでキャンディーかルフナの2択だったわけですが、マスターのお薦めに従ってキャンディーの方を購入しました。その際、「ダストだから云々」というお話をされていました。

本日(正確には昨日)、開封をして飲んでみました。ダストと仰っていただけはあって BOP よりもさらに茶葉が細かかったです。一般的なストレーナーではすり抜けてしまうのでは?とちょっと心配をするほどでした。相当細かいので抽出時間も短めにしました。まだ1回目なのでこの紅茶に対する正当な評価は出来ないと思うのですが、私が今まで飲んだキャンディーの中では一番美味しかったです。今までの入れ方が悪かったのか、今回の茶葉が良質なのかは分かりませんが…

これまでキャンディーの紅茶を無難とは思いつつもそれほど美味しいとは思えなかったのでちょっと認識が変わりました。

投稿者 kato : 02:38 | コメント (0) | トラックバック

2007年2月13日

M氏に捧ぐ

Category:

懐かし!「ウゴウゴルーガ」がDVDに 完全予約生産 (iza: イザ!)

私はウゴウゴルーガを全く見ていないので完全スルーです。

投稿者 kato : 03:00 | コメント (0) | トラックバック

2007年2月12日

棒グラフ

Category: 雑記

NHK に限ったことでないと思うのですが、恣意的に作成された棒グラフに関して高木さんが突っ込んでおられます。

NHKの棒グラフ描画システムが機械的に世論を狂わせている可能性
棒グラフの波線省略は問題ありと知られていたか
昨日もまた捏造棒グラフ NHK「日本の、これから」

主張したいことを限られた時間で印象づけるために強調した結果なのでしょう。値自体は間違っていないのでねつ造ではないのですが印象操作と思われても仕方がないかもしれません。ま、受け手側もだまされないで正しく受け止めないといけませんけどね。そのために数学や理科をやるわけですし。

投稿者 kato : 22:01 | コメント (0) | トラックバック

伝説は夢のままに

Category: 雑記

X (わっしーの日記)にトラックバックを送りつつ記事を書きます。リンク先のエントリで X JAPAN は伝説のままで復活しないで欲しいということです。X JAPAN 復活の元ネタはこれかな。

(追記: トラックバック受け付けていなかったので送れなかった…)

X の場合はメンバーの方向性や思想がかなり違ってきてしまっている気がしますので、例え復活をしたとしてもファンが望むような結果はないと思います。日本における音楽バンドで BOφWY, X あたりは革命的であったという意味において伝説的なバンドの1つです。伝説となった一つの要因として比較的活動期間が短かったことが挙げられます。

音楽をやりつづけると革新性と普遍性の矛盾にさらされます。最初の成功のあと同じことをやりつづけるとマンネリだと言われる一方、方向性を変えると前の方が良かったと言われてしまいます。従って、活動が長ければ長いほど不利になります(ま、サザンや B'z のように偉大なるマンネリ?になってしまうというのも手ですが)。その点、活動期間が短いとマンネリの心配がないため革新性だけで勝負が出来、インパクトが強く残ります。

復活をする場合、ミュージシャン側の音楽に対する考え方が変わる一方でファン側はかつての印象をひきずっていることが多いように思われます。その結果、やっぱり復活をしなければ…という結果に至ることが多い気もします。例えば伝説のロックバンドの1つである Led Zeppelin はジョンボーナムの死を持って、その活動に終止符を打ちました。その後 Zep 自体の復活はないのですが、ボーカルのロバートプラントとギターのジミーペイジが組んでアルバムを2枚ほど出しました。ベースのジョンジーがいないにしても Zep の復活か!とかなり期待されていたのですが、その期待とは大きく異なる作品でした。この例だけを挙げて語るのもいかがのものかとも思いますが、インパクトが強ければ強いほどファン側は妄想も大きくなりますので成功はしないような気がします。

私の場合の全盛期の時にリアルタイムで見ていたかったミュージシャンは

■ ガロ
■ 頭脳警察
■ 憂歌団
■ レッドゼッペリン
■ ジミヘンドリックス
■ エディーコクラン
■ マディーウォーター
■ チャックベリー

ん〜挙げればきりがないな。本当はロバジョンとかサニーボーイウィリアムソンとかいいたいですが戦前だとさすがに非現実的だから一世代前くらい前に生まれていればというところで挙げるとこんな感じ。

ちなみにバスケットボールで言えば私はマジックジョンソンの全盛期が見たかったかな。リアルタイムで見たのはオールスターでゲスト的に呼ばれたものなので。

伝説かどうかはさておき「あぁ〜誰々が全盛期の時にリアルタイムで見たかった」という思いはいつの時代もあるのだと思います。従って我々の一世代後の人達もきっと同じことを言うのだと思います。一番悔しいのは全盛期が過ぎた頃にその良さが分かった場合ですね。

最後に、わっしーさんを否定するわけではないのですがロックは1950〜60年代が過渡期で70年代に完成したと思っているので、個人的に X は伝説ではないんだよなぁ。確かに格好いいしいい曲多いけど。もちろん80年代以降もプログレ、ヘビメタ、パンク、グランジなど進化を続けてはいるのですが、革新的というよりもむしろ出来上がったものに肉付けをするか変化をつけるかそぎ落とすかでしかないと思っています。懐古主義と言われればそれまでかもしれませんが、50年代の電化された楽器が主流になって3コードのブルースからロックンロールやロカビリーを経てロックに至るまでは相当革新的であったと思います。もちろん、その時代に生きていたとしてロックが好きであったかどうか分かりませんが、好きだったとしたらプレスリーがはまったようにアーサークルーダップ、エディコクラン、チャックベリーの音にワクワクしていたでしょう。

新しい楽器が出来ること、もしくは新しい音を生み出すことが出来ることが最も革新的な音楽が発生しやすいのですが(例: テクノ)、ラップ等も含めてやり尽くした感があるので今後、革命的な音楽が生まれることが想像できないなぁ。まぁ、想像できないからこそ革命的なのでしょうけど。

投稿者 kato : 03:27 | コメント (0) | トラックバック

pya! よりいくつか

Category: pya!

(wan)かい〜の(その2)

何かのきっかけではまったんだろうなぁ…


(nya)お食事中(その5)
ジィィィィィ(nya)

気になるらしい。


さぁ!豪快に頬張って下さい!

ナノマック?よく作るなぁ。

投稿者 kato : 03:18 | コメント (0) | トラックバック

16進数から10進数の計算

Category: 教えて goo/人力はてな

16進数から10進数の計算 (教えて!goo)

タイトルを見た時に16進法から10進法への変換のお話かと思ったら16進法での演算のお話でした。

(1) 2AFDE-1BCDF (2) ABCD+5432 (3) 1FEDC-FEDD

を計算せよということですが、確かに一度 10進法に直してから計算して16進法に戻すというので計算が出来るでしょう。でも、四則演算は何進法であっても演算可能です。10進法でやっていることをそのままやればよいです。(1) を例に挙げると筆算では

 2AFDE
ー1BCDF
---------

となります。まず1の位から始めるわけですが、 E から F を引くとマイナスになるので10の位から1借りて 1E - F = F となります。これは10進法で言えば 18 - 9 を計算したようなものです。そうすると

    C
 2AFDE
ー1BCDF
---------
     F

となります。10の位は C - D となり、やはり100の位から 1 を借りて 1C - D = F となります。その結果

   EC
 2AFDE
ー1BCDF
---------
    FF

100の位は E - C = 2 と普通に計算出来ます。

   EC
 2AFDE
ー1BCDF
---------
   2FF

1000の位は10000の位から1を借りて 1A - B = F となるので

 1 EC
 2AFDE
ー1BCDF
---------
  F2FF

となります。10000の位は 1 - 1 = 0 ということで答えは F2FF となります。このように10進法でやっていることと同じ方法で計算をすることが出来ます。最初は E - C とか 1A - D というような計算に混乱するかもしれませんが、これは小学生の時に10進法で同じように覚えてきました。それと同じように何度も繰り返して覚えればよいのです。あるいは、この部分だけ指折り計算してもよいかもしれません。

加減は比較的簡単に計算できますが乗除はちょっと面倒かもしれませんが四則演算そのものの定義は10進法にしばられていないので計算は出来ます。もし世の中が16進法の世界で動いていたら10進法の計算は面倒だとおもったはずで、単なる「慣れ」の問題です。

投稿者 kato : 02:55 | コメント (0) | トラックバック

2007年2月 9日

サリー・ソウル・シチュー 「宇宙でランデヴー」

Category: CD/DVD

  1. サリー・ソウル・シチューのテーマ
  2. ハートにOK! Feat. 平山みき
  3. 魔法のタンバリン feat. 中島優美(GO!GO!7188)
  4. The End Of The World feat. 小島麻由美
  5. ジャズる心 feat. HITOMI (les 5-4-3-2-1)
  6. 宇宙でランデヴー feat. 真城めぐみ (Hicksville)
  7. 男の子女の子 feat. 土岐麻子
  8. チェンジ・オブ・ミー feat. 松野アリミ (les 5-4-3-2-1)
  9. ダンス専科 feat. くみんこ÷グレープ (ぶどう÷グレープ)
  10. トンネル天国 feat. GO-GO 3
  11. HEYHEYHEYHEY feat. JUICY (THE PILLOW TALK 4)
  12. ミラクル・マネージュ feat. はやしいと

ベーシストサリー久保田さんのニュープロジェクト「サリー・ソウル・シチュー」によるアルバム。私は les 5-4-3-2-1 が好きでした(特に HITOMI さん時代)。収録曲のうち6曲が les 5-4-3-2-1 のカバーでしたので半分は知っている曲でした。ただし、アレンジはまったく変わっていました。

M-5 は HITOMI さんをボーカリストに招いているのでセルフカバーということになるのですが、このアルバム及び収録曲を知った時、アレンジを変えることはあってもボーカルの入れ直しをするとは全く思っていませんでした。なので HITOMI さんの最近の声を聴けたということがかなりの収穫でした。またスポット参戦でもいいのでサリー久保田さんと組んで欲しいなぁ。そういえば blau の方はどうなったのだろうか。

les 5-4-3-2-1 の時のアレンジは打ち込みが多用されデジタルポップという印象が強かったのですが、今回のアルバムはいろんな楽器が使われていました。それにも関わらずサリー久保田さんがもつオシャレな感覚が残っていてどの曲も格好良く進化したなという印象を受けました。ライブがあったらジャズっぽくてすごく格好いいと思うのですがやらないかなぁ。HITOMI さんが歌った M-5 は本当にジャズっぽいアレンジで個人的にはベースもウッドベースにしたらもっと格好良くなるのになぁとは思いつつもすごく気に入りました。昔のバージョンも好きですけどね。

今回はサリー久保田さんの過去の作品をカバーするという形でしたので今後はオリジナルが発表されるのか、やはりカバーが続くのかも含めて非常に楽しみです。

投稿者 kato : 05:51 | コメント (0) | トラックバック

AKB48 「ファーストコンサート「会いたかった〜柱はないぜ!〜」 in 日本青年館」

Category: CD/DVD


  1. Overture
  2. Partyが始まるよ
  3. Dear My Teacher
  4. 会いたかった
  5. - MC -
  6. クラスメイト
  7. あなたとクリスマスイブ
  8. キスはだめよ
  9. 星の温度
  10. 投げキッスで撃ち落せ!
  11. Blue Rose
  12. Bird
  13. 禁じられた2人
  14. 渚のcherry
  15. ガラスの I Love You
  16. 雨の動物園
  17. 小池
  18. 転がる石になれ
  19. 制服が邪魔をする
  20. 涙売りの少女
  21. Virgin Love
  22. シンデレラは騙されない
  23. - MC -
  24. 青空のそばにいて
  25. スカート、ひらり
  26. 桜の花びらたち
  27. AKB48
  28. 会いたかった

AKB48 が普段のステージを抜け出して日本青年館で行われた2日3公演(だったかな?)のうちの2日目の公演を収録した DVD です。ノーマルバージョンとシャフルバージョンがあります。前者は通常のステージのメンバーによる構成で後者は担当メンバーをがらがらポンした構成です。もう少し説明をすると AKB48 は Team A と Team K の2編成で構成されていて(もうすぐ Team B も出来る)、それぞれが違う公演を秋葉原のドンキホーテ 8F の専用ステージにて公演を行っています。シャフルバージョンでは Team A の歌を Team K のメンバーが、 Team K の歌を Team A のメンバーが歌うということになります。

私は彼女たちの普段の公演を一度も見たことがないので、この DVD で初めて聴くものが多かったのでノーマルバージョンとシャフルバージョンでの違いに嬉しさをあまり感じられなかったのですが、確かに歌い慣れがあるなぁとかこちらの方がいいなぁと感じることが出来ます。そういう意味では企画としては面白いと感じました。メンバーは覚えることが大変だろうけど…

これらの DVD を最近よく見ているのですが、ほとんど映像は見ていませんので正確には「聴いている」が正しいのかもしれません。通しての印象としては結構楽曲がバラエティーに富んでいるなということ、Team A はポップなナンバーが Team K はハードなナンバーが多いなということでした。

基本的に楽しめるのですが、最初の MC (自己紹介)と最後の MC (公演の感想)は長すぎ。36人をまとめて1人ずつ言うというのはどうだろう。だれるというか飽きた。また、観客の参加?はやはり恐るべしですね。あの人達は曲を聴いているのだろうか。単に騒ぎたいだけでないだろうか?と思ってしまう。ああいうのを見るとどうもあの場にはいたくないなぁ…と思ってしまいます(参加された方ごめんなさい…)。

3月にもコンサートを何カ所かで行うらしいのですが、一度生で見てみたいなぁと思いつつも参加をする気はないのできっと行かないのだろうなぁ。

投稿者 kato : 05:20 | コメント (0) | トラックバック

AKB48 「制服が邪魔をする」

Category: CD/DVD

  1. 制服が邪魔をする
  2. Virgin love
  3. 制服が邪魔をする(Instrumental)
  4. Virgin love(Instrumental)

すぐ下のロックウッドとはえらい違いですが AKB48 のメジャーで数えてセカンドシングルです。ライバルが少ない週であったこともあって前作「会いたかった」とほぼ同じ売り上げにもかかわらずオリコンで7位を獲得したようです。

前作のような明るいナンバーから一転して重たい?内容になっています。狙っています感に溢れていて個人的にはあまり好きではありません。年齢構成から考えて学園ものを歌うことは否定しません。ある意味特権だと思うし。でもこの詩の世界はどうだろうとあくまで個人的にですが思います。彼女たちの心情を歌ったというよりもむしろ、この世代のことが好きな大人が「こう思っていてくれたら」という願望を歌ったような気がしてしまいます。

ま、でも「スカート、ひらり」よりはましか。

投稿者 kato : 05:08 | コメント (0) | トラックバック

Robert Jr. Lockwood 「Steady Rollin' Man」

Category: CD/DVD

  1. Take a Walk With Me
  2. Steady Rollin' Man
  3. Western Horizon
  4. Steady Groove [Instrumental]
  5. Mean Red Spider
  6. Lockwood's Boogie [Instrumental]
  7. Ramblin' on My Mind
  8. Blues and Trouble
  9. Worst Old Feeling
  10. Kindhearted Woman Blues
  11. Can't Stand the Pain
  12. Tanya [Instrumental]
  13. Worst Old Feeling [Alternate Take]
  14. Lockwood's Boogie [Alternate Take]

昨年末雑誌 blues & soul records をタワーレコードで購入するついでに購入しました。昨年11月に残念ながらお亡くなりなったロックウッドの追悼も込めて購入致しました。ジャケット写真(のリンク先)は輸入盤になっていますが、P-Vine より国内版が出ています。私は国内版を購入しました。国内版と輸入盤ではなぜか最初の3曲の曲順が異なっています。

オリジナルは 1970年発表ですので彼が50代のときの作品か。年齢で考えれば十分ベテランなのですが、私が持っているロックウッドの作品は2004年に発売されたライブ版です。これは80代後半なのでそれと比べれば十分若いです ^^; ライブ版の方も十分格好よかったのですが、この作品はさらに勢いがあるという印象を受けました。特にインストのブギナンバーはかなりハードです。

彼は2003年のブルースムービープロジェクトに出演していなかったのが疑問でした。1年後のライントニング・イン・ア・ボトルでのライブ映画でも記念写真には収まっているので招待されているようなのですが、演奏している姿は見られなかった。集合写真だけのために呼んだとはとても思えないので、映像でも CD でも構わないので何かの形で作品かを是非してもらいたいものです。

投稿者 kato : 04:50 | コメント (0) | トラックバック

JR発足20周年・青春18きっぷ

Category: 雑記

JR発足20周年ということで春の青春18切符が通常よりも3,500円安い 8,000円で売り出されるそうです。いいなぁ…でも利用する暇がないなぁ…。それにしても、JR になって20年かぁ。国鉄終了時に地元の駅でイベントをやっていたのに行ったのも20年前ということか。

また20周年を記念して http://www.jr-20th.com/にて 4/1 〜 5/31 まで PC 及び携帯用の壁紙がダウンロードできるそうです。

参考 URL:
JR東海、「JR発足20周年・青春18きっぷ」を特別価格で発売 (日経プレスリリース)

投稿者 kato : 00:36 | コメント (0) | トラックバック

2007年2月 8日

氷上でプロレス

Category: pya!

Pile driver The MOVIE

男性がやせるべきなのか女性が筋力をつけるべきなのかは分かりませんが、何度もこのようなことにならないように対策をして下さい。でも、練習とかではこういうアクシデントは結構つきものなのかなぁ…

投稿者 kato : 08:00 | コメント (0) | トラックバック

メガ*

Category: 雑記

メガマックが人気らしいのですが、試験的に別のメニューもメガ化しているようです。

メガテリヤキ・メガフィレオフィッシュ・メガチキンフィレオ

都内数店舗で試験的に販売されていて、継続販売するかどうかも未定の商品だそうです。近くで見つけた方で興味のある方はどうぞ(休日に是非探し当てて試して欲しい>M氏)。毎日新聞の記事にそれぞれの写真があります。おいしそうかどうかは別としてメガテリヤキは793キロカロリーだそうで相当高カロリーです。

参考 URL:
大好評メガマックの「兄弟」発見 (MSN 毎日インタラクティブ)

投稿者 kato : 04:43 | コメント (0) | トラックバック

2007年2月 7日

まさにうちです

Category: 雑記

理系の人々(36) しかしこれはあたりまえなのだ

うちも AV 機器まわりの配線はかなり複雑だなぁ。さすがにこれが当たり前とは思っていませんが…。配線が複雑な大きな要因はモニターへの入力系統が1つしかないことです。だから AV セパレーターを使って管理しなければならない。まぁ、高機能なモニター(テレビ)を買ったところでオーディオも連携させたいと考えている時点でどうがんばっても複雑になるのは避けられない気がしますけどね。セパレーターがいらなくなる程度か。

投稿者 kato : 21:15 | コメント (0) | トラックバック

コーヒーで現像

Category: デイリーポータルZ

コーヒーでフィルム現像をしよう

コーヒーを現像液としてモノクロフィルムを現像しようという企画。一応現像されたようだ。どこまで改良の余地があるのか分かりませんが面白そうだ。とはいえ現像自体やりませんが。最後に現像を行ったのはいったい何年前のことだろうか…

投稿者 kato : 21:11 | コメント (0) | トラックバック

ガチャピン2題

Category: 雑記

ガチャピンはウォークマンにもなる (CNET Japan)

ちょっと欲しい。

ガチャピンドリンク「ガ茶」が好評につきリピート開始! (MYCOM ジャーナル)

こちらはあまりひかれないけど研究室の人達で共同で買うのもありかも…

投稿者 kato : 03:28 | コメント (0) | トラックバック

2007年2月 3日

藤田スケールの拡張

Category: 気象

NOAA は竜巻の強さの指標である藤田スケールの改良版 (Enhanced Fujita scale) を現業で利用するようになったようです。まだよく見ていないのですが、 F0 〜 F5 を利用するのは変わらないのですが対応する風速(3-second gust speed)が

F0 45 〜 78 mph → EF0 65 〜 85 mph
F1 79 〜 117 mph → EF1 86 〜 109 mph
F2 118 〜 161 mph → EF2 110 〜 137 mph
F3 162 〜 209 mph → EF3 138 〜 167 mph
F4 210 〜 261 mph → EF4 168 〜 199 mph
F5 262 〜 317 mph → EF5 200 〜 234 mph

になるようです(mph → m/s は 4/9 して下さい)。小さいスケールでは過小評価、大きいスケールでは過大評価だったということか。

参考 URL:
NOAA NATIONAL WEATHER SERVICE’S IMPROVED TORNADO RATING SYSTEM NOW OPERATIONAL (NOAA)
The Enhanced Fujita Scale (EF Scale)

投稿者 kato : 14:22 | コメント (0) | トラックバック

2007年2月 2日

どのくらい正しい情報かな

Category: pya!

こいつでモフモフゲットだぜ! (pya!)

今度注意してみてみよう。これとは別のページ しっぽで見よう猫の気持ち (猫浪漫) と整合性がとれているような気がするので情報自体は正しそうだ。

投稿者 kato : 01:23 | コメント (0) | トラックバック

2007年2月 1日

六角形の雪

Category: 気象

ラテン語のメーリングリストでケプラーの論文?「新年の贈り物または六角形の雪について」を訳していらっしゃる方がいます。原文を見ようとぐぐって見たところ

JOANNIS KEPLERI: STRENA SEU DE NIVE SEXANGULA

が見つかりました。興味深いので訳が進むのを楽しみにしています。私も久しぶりにラテン語をもう一度勉強したくなってきた。暇があればですが。

投稿者 kato : 18:33 | コメント (0) | トラックバック

@FreeD 後継サービスが出るかも

Category: 携帯電話

NTTドコモ、「@FreeD」廃止後の後継サービスを今秋開始

今年で DoCoMo の PHS はそのサービスが終了するわけですが、つなぎ放題サービス @FreeD に対応するサービスがなくなってしまうことが問題でしたが、FOMA で同等のサービスが秋に発表されるらしい。引き継ぎということか。@FreeD 時代と同じ 64kbps らしい。とりあえずの救済策らしいですがこの後の進展はあるのだろうか。

投稿者 kato : 04:48 | コメント (0) | トラックバック

ADSL

Category: コンピュータ

家でのネットワーク環境としてケーブルテレビの契約をしていたのですが様々な理由により OCN の ADSL に乗り換えました。OCN に乗り換えた最大の理由は 12Mシンプルのサービスが安かったことです。1月一杯…と思っていたら4月末までサービス期間?が延長されたようです。ADSL なので基地局からの距離が遠いと減衰のため速度が遅くなるのでそれが少し心配でしたが 1km 未満でしたので問題ない速度を出しそうです。

無線 LAN ルーター (Aterm WR6650S) をかまして普段利用していますので PC 側の設定は特に変えることなく、ADSL モデムをブリッジモードに変更して、無線 LAN ルーターの方を PPPoE モードに変更をするだけで設定が完了しました。PC の方の設定をいちいち変える必要がないので助かりました。

OCN の ADSL もケーブルテレビの時と同様にグローバル IP を動的に1ついただけるという形ですので、DDNS サービスを利用して外から SSH が利用できる環境もそのまま引き継げます。ま、今は肝心の SSH サーバーが稼働している PC はハードディスクが壊れたため稼働していないのですけどね。

投稿者 kato : 01:45 | コメント (0) | トラックバック