« AKB48 「制服が邪魔をする」 | メイン | サリー・ソウル・シチュー 「宇宙でランデヴー」 »

2007年2月 9日

AKB48 「ファーストコンサート「会いたかった〜柱はないぜ!〜」 in 日本青年館」

Category: CD/DVD


  1. Overture
  2. Partyが始まるよ
  3. Dear My Teacher
  4. 会いたかった
  5. - MC -
  6. クラスメイト
  7. あなたとクリスマスイブ
  8. キスはだめよ
  9. 星の温度
  10. 投げキッスで撃ち落せ!
  11. Blue Rose
  12. Bird
  13. 禁じられた2人
  14. 渚のcherry
  15. ガラスの I Love You
  16. 雨の動物園
  17. 小池
  18. 転がる石になれ
  19. 制服が邪魔をする
  20. 涙売りの少女
  21. Virgin Love
  22. シンデレラは騙されない
  23. - MC -
  24. 青空のそばにいて
  25. スカート、ひらり
  26. 桜の花びらたち
  27. AKB48
  28. 会いたかった

AKB48 が普段のステージを抜け出して日本青年館で行われた2日3公演(だったかな?)のうちの2日目の公演を収録した DVD です。ノーマルバージョンとシャフルバージョンがあります。前者は通常のステージのメンバーによる構成で後者は担当メンバーをがらがらポンした構成です。もう少し説明をすると AKB48 は Team A と Team K の2編成で構成されていて(もうすぐ Team B も出来る)、それぞれが違う公演を秋葉原のドンキホーテ 8F の専用ステージにて公演を行っています。シャフルバージョンでは Team A の歌を Team K のメンバーが、 Team K の歌を Team A のメンバーが歌うということになります。

私は彼女たちの普段の公演を一度も見たことがないので、この DVD で初めて聴くものが多かったのでノーマルバージョンとシャフルバージョンでの違いに嬉しさをあまり感じられなかったのですが、確かに歌い慣れがあるなぁとかこちらの方がいいなぁと感じることが出来ます。そういう意味では企画としては面白いと感じました。メンバーは覚えることが大変だろうけど…

これらの DVD を最近よく見ているのですが、ほとんど映像は見ていませんので正確には「聴いている」が正しいのかもしれません。通しての印象としては結構楽曲がバラエティーに富んでいるなということ、Team A はポップなナンバーが Team K はハードなナンバーが多いなということでした。

基本的に楽しめるのですが、最初の MC (自己紹介)と最後の MC (公演の感想)は長すぎ。36人をまとめて1人ずつ言うというのはどうだろう。だれるというか飽きた。また、観客の参加?はやはり恐るべしですね。あの人達は曲を聴いているのだろうか。単に騒ぎたいだけでないだろうか?と思ってしまう。ああいうのを見るとどうもあの場にはいたくないなぁ…と思ってしまいます(参加された方ごめんなさい…)。

3月にもコンサートを何カ所かで行うらしいのですが、一度生で見てみたいなぁと思いつつも参加をする気はないのできっと行かないのだろうなぁ。

投稿者 kato : 2007年2月 9日 05:20

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://cachu.xrea.jp/MT/mt-tb-1328e30.cgi/942

コメント

コメントしてください




保存しますか?