« 2007年3月 | メイン | 2007年5月 »

2007年4月30日

Vine 4.1 インストール覚え書き #1

Category: Linux

自宅の PC のハードディスクが不調でずっと利用していませんでした。Athlon XP 2400+ なのでここは思い切って Athlon 64 X2 に乗り換えようかなぁと思って、そうするとマザーボードからすべて交換になるので復旧作業を控えていたのですが、ノート PC の調子がどうもおかしく、こちらの方を新調しなければならなそうですのでハードディスクを買ってきて XP 2400+ のまましばらく過ごすことに。

ということで、320GB のハードディスクを購入して Windows XP をインストール後、Vine Linux 4.1 のインストールを開始。私が使用しているほかのマシンはまだすべて Vine 3.2 ですのでこれが初めての 4.1 になるということでいくつか覚え書きを残しておこうと思います。

■ nForce オンボードのネットワークドライバ

Vine の標準で forecedeth モジュールがインストールされているようですので特に nVidia のサイトからドライバを入手する必要なさげ。でもなぜだかうまく認識をしないので一応最新のドライバ(1.21)を入手してみた。しかし、RPM に当然?Vine 用がないためどうしようか困った。でもソースファイルも同梱されていましたのでソースがあるディレクトリに

obj-m := forcedeth.o

とだけ書いた Makefile を作成し

make -C /usr/src/kernels/ SUBDIRS=$PWD modules

としてモジュールを作成しました。ただし、<kernel> はカーネルのバージョンによって異なります。私の場合は 2.6.16-0vl68-i686 でした。そして出来た forcedeth.ko をモジュールのインストール先 /lib/modules/<kernel>/kernel/driver/net にある forcedeth.ko と置き換えてみました(あ、もちろんバックアップはとっています)。う〜ん、でもうまく認識しないなぁ…

このマシン、かつて DHCP サーバにしていたので別の NIC (Buffalo LGY-PCI-GT)が刺さっていまして、そちらは問題なく認識出来ていますのでそちらを利用することで逃げました。問題は起動によって eth0 だったり eth1 だったりしてしまうこと。/etc/modprobe.conf をいじってみたのですがどうもダメ…ということで現在放置中。

■ GeForce2 MX/MX 400 用ドライバインストール

nVidia のサイトより最新のドライバ(NVIDIA-Linux-x86-1.0-9755-pkg1.run)をダウンロードしてインストールしようとしたところ 1.0-96xx じゃないとダメよと怒られました。ということで再度 NVIDIA-Linux-x86-1.0-9631-pkg1.run をダウンロードしてインストール、今度は成功しました。いろいろいじっていたら xorg.conf がおかしくなって X が起動しなくなってしまいました。ということで Xconfigurator を利用してもダメ。ということで、一度 xorg.conf を削除して nvidia-xconfig コマンドにより xorg.conf を作成したら無事に X が起動するようになりました。

■ synergy の設定

キーボード・マウス共有ソフト synergy を設定したのですが、クライアントを起動しても共有できない。で調べてみると synergy が利用しているポート 24800 がファイアーウォールの設定により解放されていないことが問題だったらしい。ということで「デスクトップ」→「システム管理」→「セキュリティーレベルとファイアーウォールの設定」の「その他のポート」に 24800番の TCP を追加して再び synergy サーバを立ち上げたら今度はうまくいきました。ちなみに GUI による設定が嫌だという人は /etc/sysconfig/iptables を直接編集します。

投稿者 kato : 21:07 | コメント (0) | トラックバック

2007年4月13日

リアル xeyes

Category: コンピュータ

リアル xeyes (Engadget Japanese)

UNIX というか X を使ったことがある人である程度古い人ならば誰でも知っているであろうアプリケーションの一つ xeyes のリアル版が出来たそうです。動画も見られますがはっきりいって怖い…

面白そうだけどいらない。

投稿者 kato : 21:07 | コメント (1) | トラックバック

2007年4月 7日

GMT 4.2.0

Category: コンピュータ

GMT がバージョンアップされて 4.2.0 になったらしい。やっぱりサプリメントパッケージにも矢羽根描画ツール関係がない。絶賛放置プレイか…

また、矢羽根パッチを作らねば。大きなソースの変更がなければよいのですが。というか 4.1.4 用のパッチを公開する前に 4.2.0 がリリースされてしまったな。

投稿者 kato : 03:10 | コメント (0) | トラックバック

Google 様恐るべし…

Category: 雑記

いろんなところで書かれているので参照先は省略(というかエントリーを各必要もない?)しますが、書きます。Google マップでルート検索も出来るらしいのですが、そこで
「ニューヨークからダブリン」までの経路を調べると素晴らしい結果を示してくれます。

一見ルートはよさそうなのですが、よくよく見てみると大西洋横断手段が「泳ぎ」だそうです。3,462マイル(約5,570km)を泳げだそうです。あの、Opera の偉い人でも挫折をしたというのに!

実際に泳いだらどれだけの日数かかるのだろうか。

投稿者 kato : 00:12 | コメント (0) | トラックバック

2007年4月 6日

ラテン語辞書

Category: Zaurus

ふと思い立ってラテン語の辞書を導入しようと考えました。すでに

A Latin-English Dictionary Program -WORDS

より DOS/Windows/Linux/FreeBSD/Mac OSX 用のラテン語ー英語辞書ソフトがあるのは知っていました(ごくたまに使っていた)。でもやっぱり Zaurus で使いたいなぁと思い EPWING 形式になった辞書はないか検索したがどうも見当たらない。そういえば dosbox をインストールしていたなと思い上記ソフトの DOS 版を利用しようとしてみたものの以上に遅くてとても使い物にならなそうでした。

仕方がなく別の手段はないものかと探していたら

VOCES VOCALIS

に PDIC 形式が公開されていました。これを一端 PDIC for Windows を通して PDIC テキスト形式に変換をして EB Studio を利用して EPWING 化をしました。後は EPWING 化したデータを ztenv に登録して無事に Zaurus でもラテン語ー英語辞書が使えるようになりました。

PDIC 形式のデータを公開して下さった方に感謝。

投稿者 kato : 22:48 | コメント (0) | トラックバック

2007年4月 4日

桜@名古屋城

Category: 写真

先週の土曜日名古屋城で満開に近づいた桜を撮ってきましたのでその一部を。今にも雨が降り出しそうな曇りだったこと、かなり夕方でったこともあって暗い写真が多くてちょっと不満。簡単な RAW 現像で救ってみましたが、もうちょいなんとか出来るのかな。縮小時にシャープ化フィルターをかけ忘れたのでちょっとぼけてしまっています。

いずれきちんと RAW 現像するとしよう。

名古屋城と桜

桜のマクロ撮影

…どこだったかの桜

城壁?の桜

投稿者 kato : 01:13 | コメント (0) | トラックバック

Zaurus de mopera U 「公衆無線 LAN コース」

Category: Zaurus

名古屋市の地下鉄のほぼ全駅で M zone の無線 LAN が使えるようになったということで思わず申し込んでみた。FOMA 使いなので mopera U + U 「公衆無線 LAN コース」 で合わせて月1,000円と結構安い方だと思う(おかげでまたメールアドレスを取得してしまった…)。

地下鉄の駅でノート PC を広げるのもどうかと思うのでやはり使い方としては Zaurus をつなぐことになります。ということで Zaurus に BUFFALO 製 WLI2-CF-S11 を差し込み SSID と WEP キーを設定しました。ここまでは自宅で行いました。駅で接続するためには最終的に Web による認証をする必要があるみたいでそれを設定する方法がどうも見あたらない。Zaurus で無線 LAN の設定をしていると Web 認証なるタブはあるものの Mzone には対応していない。どうしたものか…。

家で悩んでいても仕方がないということで今日(昨日?)研究室に向かう時に接続をしてみた。とりあえず通常の接続で SSID/WEP による認証は通過した。Web 認証をしなかったらどうなるのだろうと Opera を立ち上げ、某サイトにアクセスしてみたら認証画面が出てきた。この認証画面にユーザ ID とパスワードを入力したら無事にネットワークにつながった。家で悩んでいたのが嘘のようだ(ま、悩んでいたのは夜中なのですが…)。

試しに…ということで Web 認証を w3m でも出来るのか?と実験してみたら問題なくできました。ようはブラウザでどこかにつなごうとすれば認証画面が出てくるようだ。

これで RSS 等を取得して地下鉄で読めるな。といっても2駅だけだけど…。あとなんとか自動化したいなぁ。

投稿者 kato : 00:18 | コメント (0) | トラックバック

ちょっと欲しい?2品

Category: ネタ

RSSモールス電信機 (engadget japanese)

これを機にアマ無線3級取るかなって最近の3級はモールス信号の試験はないらしいのですが…


GPS搭載のスニーカー発売 もしもの時に衛星で居場所を探知 (マイコミジャーナル)

常に監視されている感覚に襲われそうな…

投稿者 kato : 00:13 | コメント (0) | トラックバック