2007年11月30日

ようやく慣れてきたかな

バスケットボールを再びやり始めて結構経ちました。しばらく激しい運動をやっていなかったせいなのか年のせいなのかは分かりませんが肉離れをおこしたり、忙しくて参加できなかったり大変でしたが、ようやくそれなりに動けるようになりつつあります。まぁ、体力はまだ全然回復していませんけどね。

動けるようになってきたら、それまでよりもボールが飛ぶようになってきたのか全然シュートが入らなくなった orz...

シュート練習をせねば。

投稿者 kato : 05:42 | コメント (0) | トラックバック

2007年6月14日

やってしまった…

久しぶりのエントリだ

最近なぜかバスケットボールをやりたくなって 6/2 にやりに行きました(6/4 に出張で30分発表するスライドが1枚も出来ていないというのに ^^;)。おかげで次の日からは激しい筋肉痛に襲われました。まぁそれは予想していたのでよかったのですけどね。

で、今日もやりに行ってきました…が開始から30分もたたないうちに軽い肉離れを起こしてしまいました…。準備運動やストレッチをそこそこにやってしまったのがいけなかったかな。かつて靱帯を痛めたことはありますが肉離れは初めてだなぁ。やっぱり年なのかな。特に腫れているわけでもないのですがやはり動かすと痛い。そもそも音がしたしなぁ。

…ということでしばらく養生です。

投稿者 kato : 23:57 | コメント (0) | トラックバック

2006年9月13日

前代未聞の珍事

ブラジルで世紀の大誤審 ボールボーイの得点認められる (Yahoo! スポーツ)

まったくもって状況が分からないと思ったら YouTube に動画がある模様。

問題の場面の動画

…あり得ない。さすがサッカー王国なんでもありだな。これをみると先日再研修送りにされた家本さんの誤審がかわいく見えるな。

投稿者 kato : 23:43 | コメント (0) | トラックバック

2006年7月12日

プロではありなのか?

ちょっと旬から過ぎた話題なのですが、先日日本ハムのダルビッシュ投手がユニフォームを忘れて八木選手のユニフォームを借りて当番したという話題がありました。当然番号も違うし名前もきっちり「YAGI」と書かれたユニフォームを着て投げていました。おそらく相手チームが了承をして審判も認めれば(そして八木選手が出場をしなければ)大丈夫ということでルールでなっているのでしょう。

私が学生時代、バスケットボールの大会で我々の選手でユニフォームを忘れた人がいました(正確にはその人のせいではありませんが…)。彼はスタメンかつ重要な選手だったためになんとか出られるようにあれやこれや考えました。出した結論は以下の通りです。彼の番号は 5 なので補欠の選手(番号 15)に我慢をしてもらい、彼のユニフォームを着用しました。その際、 1 をユニフォームと同色のビニールテープで隠すという誰が見ても一発でばれる苦肉の対処を施しました。

まぁ、インカレにつながるような重要な大会でもなかったため審判も大目に見てくれて試合がスタートしました。試合が進むにつれてビニールテープが汗ではがれ始めてきました。なんとかごまかしごまかしやっていたのですが、ある時に完全にはがれてしまってその瞬間「テクニカルファール」を受けてしまいました。そして後日このような不正をしないようにと明文化されたような気がします。

# かなり昔の話なので番号に関してはあやふやですが重要なのはテープで番号をごまかしたということです。

ダルビッシュ投手の件を知って、まっさきに浮かんだのがこの出来事で、野球では両チームかつ審判の了承があればよいのかなぁ…と考えてしまいました。

話ががらっと変わるのですが、サッカーのワールドカップの準々決勝のドイツ対アルゼンチン戦の PK 戦においてドイツの GK がソックスに相手の癖が書かれた紙を忍ばせていたそうです。このようなカンニング行為?はルール的には OK なのでしょうか?サッカーの細かいルールには詳しくないので私はよく分かりません。

投稿者 kato : 01:53 | コメント (0) | トラックバック

2006年6月23日

うまくはいかなかった

水戸と札幌が 2 - 1 で勝ったので日本もブラジル相手に 2 - 1 で勝つのでは?と根拠もない予想のもと見ていましたが残念ながら敗退してしまいました。

ま、これが現在の日本とブラジルの差というところでしょうか。もちろん引き分けあるいは 1-0 で勝てばよいということであればそういう戦術になるのでもっといい試合が出来たと思います。しかしながら格上を相手に2点差で勝たなければいけないという状態でしたので積極的に頑張った結果前半でエンジンが切れたという感じでしょうか。やはりロスタイムで点を取られたのが痛かったですね。

後半はいろんな意味で切れてしまった感じがします。ボールを取りに行っても回されて時間だけが過ぎて、その結果運動量だけが増えてへろへろになったところを攻められて次々と点を取られてしまったという印象でした。

W杯を通して言えば初戦のオーストラリア戦を落としたことがすべてだったのでしょう。その結果後手後手になってしまったと。プレーヤーの経験はないので技術的なことや戦術的なことをここで書く気はありませんし、誰が戦犯だといういうつもりもございません。サッカー日本代表は J リーグ発足以降成績が右肩上がりによくなっていたので、ここがスランプ時期というか挫折の時期で強豪国となるための試練なのだと思います。特にブラジル戦を戦った選手達はそのことを痛感したと思いますのでこれを各クラブに持ち帰ってさらなるレベルアップをしてもらいたいものです。

W杯自体はこれからが本番で、いい試合が続くでしょうから楽しみです。

話をまとめるとコンサ明日勝って4連勝を目指せ!ということです。

投稿者 kato : 20:02 | コメント (0) | トラックバック

2006年6月21日

見つけた人えらい!

こんなことに気づく人がいるなんてえらいなぁ。まぁ、水戸サポなら分かるのかな。

6/2 水戸 1 - 0 横浜FC ←→ 6/4 日本 1 - 0 マルタ
6/11 水戸 1 - 3 神戸 ←→ 6/12 日本 1 - 3 オーストラリア
6/17 水戸 0 - 0 ←→ 6/18 日本 0 - 0 クロアチア
6/21 水戸 VS 草津

6/10 横浜FC 1 - 0 草津 ←→ 6/13 ブラジル 1 - 0 クロアチア
6/17 横浜FC 2 - 0 湘南 ←→ 6/18 ブラジル 2 - 0 オーストラリア
6/21 横浜FC VS 札幌

すごい!完璧だ。ということは今日水戸と札幌が 3-0 で勝てばいいんだな。頑張れコンサ!

今日ってどれくらいお客さん入るのかなぁ。コアサポ以外は J2 開催していることすら知らないような。

--
(6/22 追記)
J2 の結果は

水戸 2 - 1 草津
横浜 FC 1 - 2 札幌

でした。ということは 日本 2 - 1 ブラジルということか。

投稿者 kato : 05:13 | コメント (0) | トラックバック

2004年11月 4日

矢野マイケル音楽活動に専念

元Jリーガーの矢野マイケル、格闘家の道を断念 (BOUT REVIEW)

いやぁ、矢野マイケルが格闘家を目指していたなんて全然知らなかったし、断念して音楽活動に専念するというのを知って2重の驚きだ。プロ野球選手よりも実働時間が少ない Jリーグの選手は第2の人生をきちんと考えないといけないですね。野球よりも給料も圧倒的に少ないので実働時間で生涯分稼げる人はほとんどいないでしょうし。

特に彼のような J2 (だった)選手だと、チームによってはバイトをしないと生活が出来ないほど。そうなってくるとサッカー選手は相当情熱と覚悟がいると思う。

ところで、彼はどんな音楽をやるんだろう…というか売れるのか ^^;

投稿者 kato : 18:45 | コメント (0) | トラックバック

田臥君 NBA デビュー!

田臥開幕戦でNBAデビュー、堂々7得点 (日刊スポーツ)
田臥、NBA鮮烈デビュー!サンズの開幕戦で7得点 (SANSPO)

「楽天かライブドアか」の決定が下されたのとほぼ時を同じにして田臥君の NBA 開幕ベンチ入りが決まった。個人的にはほぼ結果が見えていた前者よりも、ある程度予想はされたものの歴史的に価値の大きい後者の方に興味を持っていた。

で、開幕戦で出場を果たしてそれなりの結果を出した。過大な期待は禁物ですが NBA に定着できる程度の活躍はして欲しいし彼なら出来ると信じています。

日刊スポーツの Web サイトではかなりのフィーバーぶりをみせているのですが、世間一般的にどうなんでしょ?野茂がメジャーリーグ入りをしたときよりも快挙度は全然違うと思うのですが。やっぱり大きく扱ってくれているのかなぁ(テレビを見ていないので分からない)。とりあえず今日の深夜 BS でサンズの試合やるけど…見られないなぁ。

田臥君を通してバスケットボールに興味を持った方は是非日本のスーパーリーグに足を運んであげてください(現在開催中)。ま、NBA のようなショー的ではないですが面白いですよ。

参考 URL:
http://www.jbl.or.jp/ (男子リーグ)
http://www.wjbl.org/ (女子リーグ)

投稿者 kato : 16:06 | コメント (0) | トラックバック

 1  |  2  | All pages