メイン

2006年9月27日

一通りチェック終了

メーカーノート情報もチェック完了。単純な IFD 構造なメーカーノートの場合、同じようなコードばかり書くことになるので、共通のサブルーチンを利用するように変更。これで大分ファイルを減らせた。前回書いたようにサブルーチン版/モジュール版両方を出すことにしよう。両者の違いは

サブルーチン版 前半部分に実行スクリプトも含まれるので単体でも利用可能
モジュール版 単体では利用不可

です。まとまり次第公開します。

joyfulexif に対応するにはいくつかファイルを書き換える必要がありますのでどうしよう… Ver.2.3j で終了の予定だったのに Ver.2.3k を出すことになりそうだ…まぁ、joyful.cgi を変更するわけではないのでアップデートは面倒ではなさそうですけどね。

2006年9月22日

両方用意した方がいいかなぁ

ExifInfo.pm のメーカーノート情報部分が -w/use strict に耐えられるように修正を始めた。とりあえず CANON だけ終了。チェックスクリプトを書いて確認をしているのですが、今までの使い勝手をそのまま引き継ぎつつモジュール化するのは少し無理があることが判明。やはりモジュール版とサブルーチン版の2つを出した方が良さそうだ。

まぁ最初の方を消すか消さないかだけですので、手元の開発ソースに少し手を加えてリリース前に両方を用意するというだけですむのでそれほど手間はかからないですけどね。

2006年9月11日

本体部分のチェックほぼ終了

-w/use strict をつけても動作をするように変数をチェック。メーカーノートプラグインを入れなければ一通り動作するようになりました。また、これを機会に文字コード変換部分のコメントアウトされた部分を解除しました。Jcode.pm/jcode.pl があれば自動でどちらかを利用して文字コード変換出来るようになりました。でも UTF-8 にすると表示がずれるな…

次はメーカーノートプラグインの方です。