Last modified: Fri Jul 23 06:12:12 JST 2004

mkthum.pl の使い方 #4

[ トップ| 戻る ]
[ 目次 | Part I | Part II | Part III | Part IV | Part V | Part VI | Part VII ]

6. その他

6.1 画像サイズ(幅と高さ)自動取得可能な画像形式

mkthum.pl の古いバージョンでは画像の幅と高さ(以下画像サイズと表現) を convert コマンドの -verbose オプションで表示されるログに頼って いました。その結果、サムネイルを作成するのに2回 convert を実行 する必要がありました。自前で画像サイズを調べることが出来れば convert を1回使うだけでよく動作が早くなります。 現在のところ以下の画像形式の自動取得が可能となっています。

一応手元にある画像できちんと画像サイズが取得できることは確認出来ています が、もし正しく取得できていないようでしたら -D オプションにより identify や convert コマンドから取得するようにしてください(でもって取得できなかった!と 連絡をいただけると対処できるかもしれません)。

画像サイズ取得だけをしたいという人のために mkthum.pl から 画像取得の 部分だけを切り取ったスクリプトと Exif の情報を読むスクリプトを

に用意しました。必要でしたら Perl スクリプト集より配布していますので どうぞ。著作権、再配布に関しては mkthum.pl と同じでお願いします。

6.2 Exif 情報について

現在 Exif 情報出力の対応中です。JPEG に関してはほぼ出来ていますが、 TIFF 形式に関してはまだ対応を開始したばかりでチェックをしていません。 また、情報タグは Exif バージョン 2.21 の資料をもとに作成しています。随時最新の情報に変えたいと思います。 現時点で対応していない情報タグに関しては数字や「UNDEF」の文字が 出てしまいます。情報の日本語化は現在のところ Exif 2.1 の部分までは mkthum.pl ver.1.0.0 の段階で実現されています (これは単純に手元に Exif 2.2 以降の日本語資料がないため)。また、メーカー定義の情報に関しては 手元に資料が入ったら対応したいと思います。

また、PhotoShop CS RAW 現像による独自データも表示可能です。ただし、 この部分はまだ不安定ですので万が一動作がおかしい場合はスクリプトの 下の方の $app1_2nd を 0 にして下さい。

6.3 注意事項

このスクリプトは「1ファイルで全てをこなす」ことをポリシーとして 作成しています.というのも複数ファイルがあるとか設定ファイルが 必要とかだと使いたくても使えない人を作ってしまうからです. 「とにかくサムネイルを作りたい場合,サムネイルを作りたい ディレクトリに移動して mkthum.pl とコマンドを打てばとりあえず 出来る」なら使えない人はいない(はず)ですよね?(使いこなせない人は 出るかも知れませんが…)以上のポリシーからこれ以上機能的には 増えないかも知れません(というか特に要望がない限りは自分が満足 していれば機能は増えません ^^;).

基本的には下位互換を保つことを重視していますが、都合上どうしても 仕様の変更を余儀なくされる場合がありますので、注意してください。 そのような場合は変更履歴に明記する予定ですので、新しいバージョンの ものを利用する場合は必ずチェックしてください。

基本的に結構チェックが甘いスクリプトですので,思わず必要なファイルを 上書きしてしまうかも知れませんがその辺は自己責任でお願いします. 特にすでに index.html があるディレクトリで実行をすると確実に index.html は置き換わってしまいます(たぶん注意するのはそれくらい だと思いますが…).

6.4 TODO

TODO を以下に書きます。 一応優先度が高い順に書いてありますが、必ずしも実現はこの順番とは 限りませんし達成するとも限りません。

6.5 ロードマップ

現在バージョン 1 が出たばかりです。今後はバージョンに向けて 「6.4 TODO」をつぶしていくことになります。 その際、機能やコマンドラインオプションを保ちつつもソースを完全に書き換え たいと思います。理由は作り始めた時には仕様をあまり考えないで作ったために かなりつぎはぎで見通しの悪い、また拡張性の低いプログラムになってしまった ためです。そのため一時的に Ver.1.0.0 時点の機能がすべて実現出来ない状態が おきうる可能性があります。従って一時的に複数のバージョンを平行して リリースすると思います(バージョン名のポリシーはまだ決めていませんが…)。

[ 目次 | Part I | Part II | Part III | Part IV | Part V | Part VI | Part VII ]

by cachu.xrea.jp